2018年10月14日

週刊◎馬小屋◎日曜版夕刊:秋華賞(G1)〜お見事三冠


*週刊馬小屋は選びぬかれた馬と方法は秘密展開読みによるネット競馬新聞です*

秋華賞(G1)
〜お見事三冠


−−−−−−−−−−−










PC環境がまだ整わずで長いこと休んどります





こんな感じで紙に書いて馬券買っとりますが

POG馬がジェンティルドンナに続いて2回目の三冠達成ですから

馬券を創りたく候。

.
posted by 山 at 17:20| Comment(0) | 週刊馬小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

週刊◎馬小屋◎月曜版朝刊は休刊です。

週刊◎馬小屋◎月曜版朝刊はスプリンターズステークスをファインチョイスだけ的中でこぴどくやられたため

わけでもあるですがわけでもなく
事情でお休みです。
とにかく忙しゅうて、いろいろ駆け回ってるので
今週の音楽記事も滞るです。
どうもついに変化時期を迎えた模様・・・

.
posted by 山 at 06:56| Comment(0) | 週刊馬小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

トルコ帽もないのに / スティーリー・ダン 1976/9/25 The Fez - Steely Dan


↑米盤

トルコ帽もないのに
スティーリー・ダン
1976/9/25


♪あ♪

「あ、ってなんだよ。」



「にゃああああああ」

「にゃああああああって何叫んでるんだ?」



「きゅうううううううん」

「きゅうううううううんて言われても・・・」



「みゅん」

「みょんつーて・・・」

「わんわん」

「だから何が言いたい。
おい、坊主はおらんのか。こやつら、また騒いどるぞ。」

「にゃ」

「にゃなんだ。」

「きゅ」

「きゅかね。」

「わんわん」

「わんわんとな。
おらんか坊主。ワシにはお手上げ。」

「参ったって言う?」

「おお、おった。言う言う。参った参った。なんなんだこいつら。」

「聞いてなかった。今までいなかったから。」

「だよな。おい、もう一回言ってみろ。」

「にゃ」

「嫌だって。」

「きゅ」

「教えないだって。」

「わんわん」

「ふふふ
だって。」

「あゝ、完全にバカにされちょる。歳はとりたくないのう。えんえん。」

「にゃあああ」

「泣いてるって喜んでるよ。」

「泣いてなんかないやい。
もーいい
始めるから。



長いことお待たせいたしました。
毎度おなじみ無力のレコ屋でござーい。
今日持ってまいりましたお手上げのお宝はあああああ

トルコ帽もないのに
The Fez
スティーリー・ダン
Steely Dan


ザ・フェズ!」



「フェズと言えばこのお兄さん?」

「違うだよ。」



「ご説明いたしましょう。」

「フェズはウィルマー・バルデラマくん。
1980年1月20日生まれ、
後にアウェイク、マイノリティ・リポート、NCISに出演して出世したんだ。」

「さあフェイゲン=ベッカーの二人っきりになって
全米中の名うてのスタジオ・ミュージシャンを使いまくり
名人をしごいてしごいて楽しくって仕方がない
スティーリー・ダン
1976年5月31日発売5作目アルバム



幻想の摩天楼
The Royal Scam


米15位。
英11位。

メンツは

Steely Dan

Donald Fagen – keyboards, vocals, background vocals
Walter Becker – bass, guitar

Additional musicians
Chuck Rainey – bass
Rick Marotta – drums ("Don't Take Me Alive", "Everything You Did")
Bernard "Pretty" Purdie – drums (all other tracks)
Paul Griffin – keyboards
Don Grolnick – keyboards
Denny Dias – guitar
Larry Carlton – guitar
Dean Parks – guitar
Elliott Randall – guitar
Mark Davis - bass
Jim Horn – saxophone
Plas Johnson – saxophone
John Klemmer – saxophone
Chuck Findley – trumpet
Bob Findley – horn
Dick "Slyde" Hyde – horn, trombone
Gary Coleman – percussion
Victor Feldman – percussion, keyboards
Timothy B. Schmit – background vocals
Venetta Fields – background vocals
Clydie King – background vocals
Sherlie Matthews – background vocals
Michael McDonald – background vocals

Gary Katz – producer
Roger Nichols – engineer

より
皆さん口あんぐりの超絶第一回シングル・カット

滅びゆく英雄〜キッド・シャルメイン
Kid Charlemagne


https://youtu.be/jJ9Xk-VoGqo


あまりに厳しいんで
米最高位82位

続く2回目カット1976年9月発売が

トルコ帽もないのに
The Fez


作はフェイゲン=ベッカー両師匠に
珍しや人様と共作、NYのブラック・セッション・ピアニスト、
ポール・グリフィン師。
今度は呆気ないほどさらりの
ユーミンさん香りたっぷりのラテン臭ナンバーで

米国チャート
1976年9月25日89位初登場、
以後
79-69-(10/16)59-(10/23)59位。
最高位59位2週。5週。」



「せっかく売れてきたのに急いで回収したかのような様子に花束贈ります。」

https://youtu.be/KCdKBHdPz30






No I'm never gonna do it without the fez on
 そうだ、俺は絶対にトルコ帽をかぶらずにそいつをする気はねえ

Oh no
 あゝ、そうだよ


No I'm never gonna do it without the fez on
 そうだ、俺は絶対にトルコ帽をかぶらずにそいつをする気はねえ

Oh no
 あゝ、そうだ



That's what I am
 それが俺ってもんだ

Please understand
 どうかわかってくれ

I wanna be your holy man
 俺はお前の聖人君子になりてんだよ




No I'm never gonna do it without the fez on
 そうだ、俺は絶対にトルコ帽をかぶらずにそいつをする気はねえ

Oh no
 あゝ、そうだよ


No I'm never gonna do it without the fez on
 そうだ、俺は絶対にトルコ帽をかぶらずにそいつをする気はねえ

Oh no
 あゝ、そうだ



That's what I am
 それが俺ってもんだ

Please understand
 どうかわかってくれ

I wanna be your holy man
 俺はお前の聖人君子になりてんだよ



ギタア!



No I'm never gonna do it without the fez on
 そうだ、俺は絶対にトルコ帽をかぶらずにそいつをする気はねえ

Oh no
 あゝ、そうだよ


Don't make me do it without the fez on
 トルコ帽無しで俺にそいつをさせねえでくれ

Oh no
 あゝ、あかんて




That's what I am
 それが俺ってもんだ



Please understand
 どうかわかってくれ



I wanna be your holy man
 俺はお前の聖人君子になりてんだよ



ギタア!





「おお、イントロが後にFMで使いまわしするダン・スペシアルだね。」

Steely Dan- FM (No Static At All)
https://youtu.be/HV3zWSawJiw


「で、続くセレブなバブル・ビートがユーミンさん。」

「さてユーミンさんのどの曲でしょう?」



「さてトルコ帽とはどーゆー意味なのでしょう。」

「コンドームのことだそうです。」

「ギター・ソロは誰でしょう?」

「そりゃこの感じはウォルター・ベッカー師匠だよ。」

「たまりませんバーナード・パーディ師のグルーヴィン・ドラム!」

「たまらん。」

「気がついたら癖になるね、この唄。」

「癖になるんだよ。」

「B面は地味幻想のアルバムA4曲

狂った町
Sign In Stranger


です。」


↑米盤

https://youtu.be/CPXSAEHEvqw






Have you heard about the boom on Mizar 5?
 アンタは北斗七星の5番星ミザールの唸りを聞いたことがあるかな



People got to shout to stay alive
 人々は生き続けるために叫ばねばならない

They don't even have policeman one
 そばにゃ警官の一人だっておらんのだ

Doesn't matter where you been or what you've done
 アンタがどこにおったか、何をやらかしてきたかなど関係あらん

Do you have a dark spot on your past
 アンタは過去にシミを持っておるか?

Leave it to my man he'll fix it fast
 そんなこたぁ売人に任せておきゃあええ
 ヤツならとっととカタをつけてくれらあ

Pepe has a scar from ear to ear
 ぺぺにはでっかい傷跡があるんだ

He will make your mug shots disappear
 ヤツならアンタの指名手配写真を消してくれるだろうよ



You zombie
 お前さんはゾンビ

Be born again my friend
 生き返るんだよ、ダチ公

Won't you sign in stranger
 赤の他人になって名乗るとするかの




Do you like to take a yo-yo for a ride
 アンタは間抜け野郎を引っ掛けるのが好きかい

Zombie I can see you're qualified
 ゾンビさんよ、お前にはその素質があるとみてる

Walk around collecting Turkish union dues
 トルコ人の組合のショバ代を集めて歩き回るんだ

They will call you sir and shine your shoes
 奴らはアンタを旦那さんと呼んで靴を磨くだろうよ

Or maybe you would like to see the show
 それとももしかしてアンタはショーを見るのが好きなのかもな

You'll enjoy the cafe d'escargot
 カフェでエスカルゴを堪能するんだ

Folks are in a line around the block
 パンピーはブロック塀沿いに列をなしている

Just to see her do the can-can-jacques
 あの女がカンカン踊りをするのを見るためだけに



You zombie
 お前さんはゾンビ

Be born again my friend
 生き返るんだよ、ダチ公

Won't you sign in stranger
 赤の他人になって名乗るとするかの


Love or leave her, yellow fever
 女など惚れるか捨てちまえ、アジア人趣味の白人さんよ

Sure, it's all in the game
 そりゃあ確かに、そんなもんは全部ゲーム

And who are you
 で、アンタは何様?

Just another scurvy brother
 どっかの薄汚え兄さんかい


ピアノぴろろろろろー



You zombie
 お前さんはゾンビ

Be born again my friend
 生き返るんだよ、ダチ公

Won't you sign in stranger
 赤の他人になって名乗るとするかの



ギタア!





「大フューチャー、ピアノ・ソロは先のポール・グリフィン師です。」

「大フューチャー、ギター・ソロはミスター・リーリン・イン・ザ・イヤーズ
天才エリオット・ランドール師匠!」

「突然爆発するバーナード・パーディ師のドラム、かっこいー。」

「かっこいいんだよ。」

「癖になるねこの唄。」

「そりゃもう癖になるんだよ。」

(山)2018.9.30
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg



00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすスティーリー・ダンページ

資料

資料(英版)

−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.

▲ページの先頭へ