2018年02月22日

フレッシュメン / バーブ・パイプ 1997/1/27 The Freshmen - The Verve Pipe



フレッシュメン
バーブ・パイプ
1997/1/27


ポスト・グランジの彗星登場。
結成は1992年、
リード歌手、ギターで曲作る
ブライアン・ヴァンダー・アークくん生年月日不詳
退役後、His Boy Elroyにギターで加入、
脱退後Johnny with an Eyeつバンド結成、
解散後バーブ・パイプ結成、
発生地はミシガン州イーストランシング。
1992年EPから発展して11月19日発売
自主制作アルバム



I've Suffered a Head Injury

でデビュー。
エネルギッシュなライブ・パフォーマンスで地元を中心に熱狂的ファン獲得、
1993年2作目アルバム



Pop Smear

リリース。
さらにファンを獲得し1995年RCAと契約、
3作目アルバム



フレッシュメン
Villains




1996年3月26日発売。
陣容は

Brian Vander Ark – Lead vocals, rhythm guitar
Brad Vander Ark – Bass guitar, backing vocals
Donny Brown – Drums, backing vocals
A.J. Dunning – Lead guitar, backing vocals
Doug Corella – Keyboards, percussion

プロデュースはかのトーキング・ヘッズのジェリー・ハリソン師。
米24位。

そこから1回目カット、
デビュー・シングルの



フォトグラフ
Photograph


The Verve Pipe - Photograph
https://youtu.be/NQUl-Pxj7Bs



米オルタナ・チャート6位、
モダンロック17位
とし
2回目カット、



カップ・オブ・ティー
Cup of Tea


From the album "Villains - Live & Acoustic."
https://youtu.be/w33OSzkhLPM


モダンロック35位

小成功したのち
突如爆発
3回目カット
1997年1月27日発売



フレッシュメン
The Freshmen




作はバンド名義、
最初にこの曲、登場したは1作目アルバムI've Suffered a Head Injuryにて

https://youtu.be/QpFbFhgbREo


アルバム版はジェリー師で



https://youtu.be/8GxlC5_VHfk




さらに
シングル版はJack Joseph Puig師匠の元、再録音して
どっっかーん




1997年2月22日80位初登場、
以後
69-65-63-58-58-53-53-(4/19)39-33-31-14-12-12-8-(6/7)5-
6-9-10-10-14-15-14-17-21-20-19-18-22-26-24-27-29-32-33-35-(11/1)39-
43-45-45-45-(12/6)50位。
最高位5位。42週。
ほぼ1年ヒット
年間21位。ゴールド60万枚超。

米アダルト7位。
米メインロック9位。
米オルタナ1位。
米メインストリーム7位。



https://youtu.be/rYtR0zrTeLI




When I was young I knew everything
 若い頃は俺は何だって知っていた

She, a punk who rarely ever took advice
 アイツは、ほとんど人の言うことなんか聞かないパンク

Now I'm guilt-stricken, sobbin' with my head on the floor
 さて俺と言えば罪悪感まみれで、床に頭押し付けてすすり泣きの野郎

Stopped a baby's breath and
 恋人の息の根を止めちまった

a shoe full of rice, no
 靴にはぱんぱんの米が入っていたのに
 そうさ


Can't be held responsible
 責任なんか背負うこと出来ないよ

But she was touching her face
 だがアイツは顔を手で覆った

I won't be held responsible
 俺は責任など負わない

She fell in love in the first place
 そもそもアイツが恋に落ちたんだ


For the life of me,
 どうしても

I cannot remember
 思い出せない

What made us think that we were wise and we'd never compromise
 何が自分らを賢いと思わせたのが
 何が俺らはけして妥協などしないと思わせたのか

For the life of me,
 どうしても

I cannot believe
 俺には信じられない

We'd ever die for these sins
 俺たちはこの罪のために死んじまうだろう

We were merely freshmen
 俺たちゃタダの新米だったんだよ


My best friend took a week's vacation to forget her
 俺のマブダチは女を忘れるために1週間の休暇をとった

His girl took a week's worth of valium and slept
 ヤツの恋人は1週間分のジアゼパムを飲んで眠っちまった

And now he's guilt-stricken, sobbin' with his head on the floor
 さてヤツとは罪悪感まみれで、床に頭押し付けてすすり泣き

Thinks about her now and how he never really wept, he said
 女のことを今思う
 そしてなんでアイツは心底泣かなかったのか
 ヤツは言った


Can't be held responsible
 責任なんか背負うこと出来ないよ

But she was touching her face
 だがアイツは顔を手で覆った

I won't be held responsible
 俺は責任など負わない

She fell in love in the first place
 そもそもアイツが恋に落ちたんだ


For the life of me,
 どうしても

I cannot remember
 思い出せない

What made us think that we were wise and we'd never compromise
 何が自分らを賢いと思わせたのが
 何が俺らはけして妥協などしないと思わせたのか

For the life of me,
 どうしても

I cannot believe
 俺には信じられない

We'd ever die for these sins
 俺たちはこの罪のために死んじまうだろう

We were merely freshmen
 俺たちゃタダの新米だったんだよ


Hey, yeah, yeah, yeah, yeah
 へーい、いえいいえいいえいいえーい

Hey, yeah
 へいいやー

Hey, yeah, yeah, yeah, yeah
 へーい、いえーいいえいいえいいえーい


We tried to wash our hands of all of this
 俺たちはこんなことすべて、手を切ろうとした

We'd never talk of our lacking relationships
 俺たちはけして俺らの関係で欠けてることについては話し合おうとはしない

And how we're guilt-stricken sobbin' with our heads on the floor
 なのにどうして俺らは罪悪感まみれで、床に頭押し付けてすすり泣き

We fell through the ice when we tried not to slip, we'd say
 俺たちは滑らないようにしてたら氷を突き破って落ちちまったんだ
 俺たちは言う


Can't be held responsible
 責任なんか背負うこと出来ない

'Cause she was touching her face
 だってアイツが顔を手で覆ったから

And I won't be held responsible
 それでも俺は責任など負わない

She fell in love in the first place
 そもそもアイツが恋に落ちたんだ


For the life of me,
 どうしても

I cannot remember
 思い出せない

What made us think that we were wise and we'd never compromise
 何が自分らを賢いと思わせたのが
 何が俺らはけして妥協などしないと思わせたのか

For the life of me,
 どうしても

I cannot believe
 俺には信じられない

We'd ever die for these sins
 俺たちはこの罪のために死んじまうだろう

We were merely freshmen
 俺たちゃタダの新米だったんだよ


For the life of me,
 どうしても

I cannot remember
 思い出せない

What made us think that we were wise and we'd never compromise
 何が自分らを賢いと思わせたのが
 何が俺らはけして妥協などしないと思わせたのか

For the life of me,
 どうしても

I cannot believe
 俺には信じられない

We'd ever die for these sins
 俺たちはこの罪のために死んじまうだろう

We were merely freshmen
 俺たちゃタダの新米だったんだよ


We were merely freshmen
 俺たちゃタダの新米だったんだ

We were only freshmen
 俺たちゃマジで新米の若造だったんだ





ブライアンくん1991年に作。
元ガールフレンドが自殺してしまった事件に罪悪感を感じて書いたとゆう。

Stopped a baby's breath and

a shoe full of rice, no

ライスシャワーたる結婚を約束したにそれをぶち壊したゆえ
とゆう描写。

ジャクソン・ブラウン衝動・・・

ミュージシャンは何だって歌のネタにしやがる。
それしかできない糞野郎で
ヒットしたらしたで
毎度ラジオでその歌を聞く羽目になり
ライブで唄う羽目になり
そのたんび辛さを何度も味わう羽目になる上塗り大馬鹿野郎。

音楽の神様への生け贄に選ばれた。

(山)2018.2.23
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg





00000-2.jpg

ろっくす特製でかい画像ページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

英語資料

−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.

2018年02月21日

ホールド・アウト / ジャクソン・ブラウン 1981/1/24 Hold Out - Jackson Browne



ホールド・アウト
ジャクソン・ブラウン
1981/1/24


世にも稀なる我慢組曲シングルです
鼻歌したくなる洋楽SSWことJB兄貴、
80'sを迎え撃つ
1980年6月24日発売6作目アルバム



ホールド・アウト
Hold Out


デビュー8年
米アルバム・チャート、初の、なおかつ唯一の1位獲得盤

より3回目最終カット1981年1月、
アルバム最終曲大作

Hold On, Hold Out

https://youtu.be/lVI_UpTcl5A

を表にして12インチでかシングルでリリースで

米チャート
あまりに赤裸々なもんでか
1981年1月24日圏外103位初登場、次週103位。2週。


B面



ホールド・アウト
Hold Out


アルバム・タイトル曲。
兄貴単独作。
Hold On, Hold Outがテイク・イット・イージー、ランニン・オン・エンプティの流れをくむアッパー・ビートの傑作であるに対し
もひとつの十八番、レイト・フォー・ザ・スカイの流れをくむJBバラードの極め最終到達点。

ベタでもって佳曲は容易いが
名曲を為すとなると至難の業のコード進行
守ってあげたい
カノン進行
C|G|Am|Em|F|C|F|G

のちょい変形

C|Em7|Am|G|F|G|C

冒頭のメロのくいっとくるところ
兄貴のコブシたんまりのところ
メロメロになっちまう
知る人も知らん人もハマりの危険物です。

Hold Out Jackson Browne
https://youtu.be/r3SDPHH47rU




Baby, I guess you know my story
 ベビ、君はたぶん僕の話を知ってるよね

Baby, I guess you've heard my side
 ベビ、君はたぶん僕の勝手を聞いてくれたと思う

Seems I've traded love for glory
 どうやら僕は栄光のために愛を差し出してしまったようなんだ

But I'm still not satisfied
 だがそれでも満足しちゃいない


Livin' all the years
 生涯すべてを費やして

All the cries and cheers
 叫びと喝采の全部は

Don't amount to much more than pride
 プライド以上の価値にはならなかった

Take my love for you,
 君への愛をうけとめてくれないか

take tomorrow too
 明日もまた頼むよ

There's not much left inside
 あまりもう残っちゃいないんだけど


How we laughed when we first knew love
 初めて恋しあってるとわかった時どんだけ僕らは笑っちゃったか

Singing dum de lum de lie
 ダン・ディ・ラム・ディ・ライって唄っちゃってさ

I taught you how to see light through love
 僕はどうやって愛を通じて光を見るかを君に教えた

Then I taught you how to cry
 そして君にどうやって泣くかを教えたんだ


And though I must have known
 僕はわかってなきゃいけなかったんだけど

How easily love is thrown
 何ともたやすく愛は投げ捨てられてしまった

I took some chances,
 危ない橋を渡ってしまったんだよ

I don't know why
 どうしてだかわからないんだが


There's not much you can do
 君にできることは多くは無いさ

You wish that I'd been true
 僕が誠実だったはずって思うことくらい

Darlin' so do I
 ダーリン、僕だってそうなんだよ


Now you better hold out
 ねえ、何とか最後まで我慢出来ないかな

Go on and hold out
 続けて耐えてくれないか

Go ahead and hold out
 前を向いて歯を食いしばって

For what you know love can be
 君の知ってる愛の未来のために


Move on and hold out
 前に進んで耐えてくれないかな

Don't let your love be sold out
 自分の愛を売っ払わないでくれ

If there's anyone who knows about it
 そのことを知ってる者がいるとすれば

Baby that's me
 ベイビー、それは僕なんだから


ラップスティールくぇ〜〜


Ahh you're right
 あゝ、君は正しい

You can't forget the way I lied
 君は僕の嘘のつき方を忘れられないんだ

Time has seen you grow,
 時が君の成長を見守っているとか御託言ってたって

To lead your life alone
 ひとりで生きるために

Though you tried and tried
 君は何度も何度も挑んで

Cried and cried
 何度も何度も泣き叫んだんだから


Baby I guess you know my story
 ベビ、君はたぶん僕の言う話はわかってるはず

Maybe there's not much left to say
 たぶん言うことはもう大して残っちゃいない

You know the more we talk the more we
 だよね、僕らは話せば話すほど僕らの

Turn each other's hearts away
 心は互いに離れて行ってしまう


Now I'll be leaving in the morning
 そう、朝には出ていこうと思ってる

Leaving half of me behind
 僕の半分だけ残していくよ


To find the pieces life's been torn in
 引き裂かれた人生のかけらを探しに

And take whatever love I find
 そして見つける愛だったらなんでも受け入れるために


But you better hold out
それでも何とか最後まで我慢出来ないかな

Go on and hold out
 続けて耐えてくれないか

Just walk away and hold out
 このまま立ち去って踏ん張ってくれ

For what you know love can be
 君の知ってる愛の未来のために


Move on and hold out
 前に進んで耐えてくれないかな

Don't let your love be sold out
 自分の愛を売っ払わないでくれ

It's starting to be cold out
 お寒くなり始めてるんだ

For people who live like me
 僕のように生きてる連中には


Move on and hold out
 前に進んでも耐えてくれないかな

And somewhere later no doubt
 どこかで後になっても間違いなく

You'll find another hold out
 君はまた耐えなきゃいけない羽目になる

Someone just like you baby,
 君と同じような人ならだれでも、ベビ

wait and see..
 今にわかるさ・・・



歌中の

dum de lum de lie

は例えば

Smokey Robinson & The Miracles - Mickey's Monkey

https://youtu.be/jpLVyZVRw3w


1963年7月26日発売、
作はホーランド=ドジャー=ホーランド師匠連、
米チャート8位、R&Bチャート3位。

うららかに流行歌を楽しめた時代のお気楽ミッキーマウス・ソングのハヤシ声。

もはやシンガー・ソング・ライターでございって時代は遠い昔、
このアルバムでも兄貴は80'sに立ち向かうべく新機軸に挑戦、

Disco Apocalypse

https://youtu.be/NNaINzl6XtU


このシンセのフレーズはかなりイモいでよ

Boulevard

https://youtu.be/kzQM_NfT-Jc


このノバディ、ノーバディのコーラスはもそうしょもなくだっさいだろがー

をやらかして
悪いことにこのあけすけなダサさが80'sヒットのキモだって
そうなると魂売り渡してシーンのトップを走り続け、なんじゃこりゃを耐え忍ぶか
今、己の金太郎飴をやりゃあこれだけ染みるもんが出来るが
これよりこれに気を入れ続けるは至難の技だよ
売れなくなるは必定だよの局面を踏ん張るか・・・

Hold On


じっと待つ。

Hold Out

圧に耐えて歯を食いしばって我慢。

最後のフレーズが聞くものに突き刺さります


Move on and hold out
 前に進んでも耐えてくれないかな

And somewhere later no doubt
 どこかで後になっても間違いなく

You'll find another hold out
 君はまた耐えなきゃいけない羽目になる

Someone just like you baby,
 君と同じような人ならだれでも、ベビ

wait and see..
 今にわかるさ・・・


(山)2018.2.18
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg



00000-2.jpg

ろっくす特製でかい画像ページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすジャクソン・ブラウン兄いページ

資料

英語資料

−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.

2018年02月18日

週刊◎馬小屋◎日曜版夕刊:フェブラリーS(GI)〜二着でも三着でもOK


*週刊馬小屋は選びぬかれた馬と方法は秘密展開読みによるネット競馬新聞です*

フェブラリーS(GI)
〜二着でも三着でもOK




−−−−−−−−−−−

本日のレース予想表は、
こちらで

−−−−−−−−−−−

お疲れ様です。

フェブラリーS(GI)

終了です。

エキサイティンなガチセメントのレース万歳。

なおかつ負けてミスを認めるムーア師匠は偉大だ。

なおかつ狙いのインカンテーションはやっぱ強かった乾杯。


何とか初段に留まる
俺の今日の俺プロ手口


カラオケ第1007回結果カラオケ

−−−−−
※平場※

◎◎別紙予定の中から・・・◎◎



















↑耐えに耐えて

100+300+300+300+300+400+100+100+200+100+100+200+100=2600円投入、
150+140+130+150+110+180+320+730+190=2100円回収。


−−−−−
※特別※

◎◎別紙予定の中から・・・◎◎









↑じっと踏ん張る

200+100+100+300=700円投入、
130+120+300+120=670円回収。


−−−−−
※メインレース※

XX小倉競馬場
15:20発走
11R:ハンデ 芝1800mオープン

小倉大賞典(GIII)

36.2SM

◎2ダノンメジャー1461/36.5+35.1=71.6/2.0.0.1./5.1.1.6./5.2.1.10.。友一J。

○5サトノアリシアHG1464/36.1+33.5=69.6/0.0.0.0./3.1.1.1./3.1.0.2.。川須J。

▲3サトノスティングFK1475/37.6+34.2=71.8/0.0.1.0./4.2.3.7./4.5.4.14.。松若J。

☆7ヒットザターゲットKK1464/37.7+34.3=72/3.0.0.2./1.1.0.4./5.1.3.28.。小牧さん。

☆6ダッシングブレイズKJ1459/36.5+34.2=70.7/0.0.0.0./1.0.0.0./6.2.0.7.。浜中J。
XX

↑思いっきりハズレや

計800円投入、0円回収。



◎◎京都競馬場
15:30発走
11R:ハンデ ダ1200mオープン

大和S

見です
◎◎





↑取り戻すべく特別参加

計200円投入、380+260=640円回収。



◎◎東京競馬場
15:40発走
11R:ダ1600mオープン

フェブラリーS(GI)

35.3M

12-16+

◎14ゴールドドリームGA1351/35.3+35.6=70.9/3.1.0.0./3.1.0.0./2.1.0.1.。ムーア人

○6インカンテーションSyM1355/35.4+35.4=70.8/1.1.0.2./1.2.0.2./4.2.3.7.。三浦J。

▲16サンライズノヴァGA1359/35.5+35.4=70.9/3.1.0.1./2.0.0.1./3.0.0.3.。戸崎J。

▲10テイエムジンソクK1410/35.5+36.0=71.5/0.0.0.0./0.0.0.0./4.2.2.2.。古川J。

☆15ベストウォーリアMj1351/35.1+35.7=70.8/3.3.2.3./5.4.3.5./5.2.1.2.。ルメールJ。

☆13レッツゴードンキKK0.0.0.0./0.1.0.0./0.2.4.5.。幸J。

☆11ロンドンタウンKhk1409/35.9+35.6=71.5/1.0.0.3./0.0.0.2./4.2.0.4.。岩田J。

☆3ノボバカラADa1348/34.8+36.1=70.9/2.3.2.7./2.4.1.5./3.0.1.7.。石橋J。
◎◎







↑祝宴です

計1100円投入、720+130+350=1200円回収。


−−−−−

※最終レース※

◎◎小倉は17?

京都は16?

東京は?◎◎



↑小牧さんの片目が開くのは・・・

100+100=200円投入、310円回収。


−−−−−



とゆう訳で

今日のお賽銭は、5600円。
ご利益は4920円と興奮。
-680円。


※現在までの収支※

投入金額2193100円、
獲得賞金2596660円。
回収率118.6%↓

ロックな獲得馬券累計7290枚。
経験値7327360。LV732。




揺れるハート競馬の歌(馬の歌)揺れるハート

(僕の)わんぱくポニー/ジェニュウィン

レディ・ラック/ロッド・スチュワート

プリティエスト・アイズ / ビューティフル・サウス

ラッキー・ユー/ライトニング・シーズ

ブル・イン・ザ・ヘザー/ソニック・ユース

いつもはこんな僕じゃない/ペット・ショップ・ボーイズ

どうってことないよ / スティヴン・スティルス/マナサス

買い目 / ジェリー・ガルシア

ライフ・オヴ・サプライジズ / プリファブ・スプラウト

ロング・ハード・クライム / ロン・デイヴィス

アゲインスト・ザ・ウインド / ボブ・シーガー

うつろな愛 / カーリー・サイモン

ロング・ショット(大穴)/スペシャルズ

ランニング・ライク・ザ・ウインド/マーシャル・タッカー・バンド

キャント・テイク・イット・ウィズ・ユー/オールマン・ブラザース・バンド

アリバイ/シン・リジィ

スイート・シーズンズ/キャロル・キングさん

究極/イエス

ドゥ・イット・オア・ダイ/アトランタ・リズム・セクション

見捨てられたサラブレッド/岡林信康氏

風の中の栗毛/松任谷由実氏

ワイルド・ホーセズ/ローリング・ストーンズ

ランニン・アウェイ/スライ&ザ・ファミリー・ストーン

ストレイト・オン/ハート

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.
覚書
posted by 山 at 18:54| Comment(0) | 週刊馬小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ