2017年02月04日

レシピ:和風ドロワット、エチオピアライスです





こんばんは まほです

今夜は和風ドロワット、エチオピアライスです

材料 分量は2人分で

豚コマ肉200g199円

ゆでたまご2個26円

たまねぎみじん切り1個25円

にんにくすりおろし1かけ

しょうがすりおろし小さじ1

レモン汁小さじ1/2

オリーブ油適量

パプリカ粉大さじ1

クミンパウダー小さじ1/4

レッドペッパーパウダー小さじ1/2(お好みで加減してください)

ターメリックパウダー小さじ1/2

塩少々 コショウ少々

醤油小さじ2 白ワイン小さじ2

水500ml 水溶き片栗粉適量(お好みで)

合計で250円くらいでした


レシピ

1、豚コマ肉に塩とレモンを振りかけてもみこんで冷蔵庫で30分ほど寝かしておきます

2、フライパンにオリーブ油をしき、たまねぎ、にんにく、しょうがを色づくまで炒めます

3、2に塩、コショウで味付けします

4、パプリカ粉、クミン、ターメリック、レッドペッパーを3に加えてよく混ぜながら炒めます

5、4に豚肉を加え色が変わってきたら水を入れて煮立て豚肉が柔らかくなり
  汁にトロミが出るまでふたをして弱火で30分くらい煮込みます
  水が少なくなったら少しずつたします

6、5にゆでたまごを入れて醤油と白ワインを加え10分ほど煮込みます

7、6のトロミが足りない時は水溶き片栗粉少々を加えて混ぜ味見をして最後に塩か醤油少々で味を整えます

8、温かいご飯に7を盛り付けて完成です

エチオピアライスです

今回は豚肉で作りました

肉が柔らかくて食べやすくゆでたまごにも味がしみています

醤油を加えるところが和風ですね

簡単にできてとても美味しかったです


posted by 山 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | まほのRock'nクッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンクス・フォー・ザ・スマイルズ / チャーリー・ロス 1975/1/18 THANKS FOR THE SMILES - Charlie Ross



サンクス・フォー・ザ・スマイルズ
チャーリー・ロス
1975/1/18


こう寒さが続きますと心も寒くなり物哀しい気持ちにもなりがちでもありますし
ここんとこ少しキツい唄が続いたことでもありますし
今日は暖かくなるようですし
ほっこりするのはどうかなと思いまして

THANKS FOR THE SMILES
笑顔をありがとう
Charlie Ross
チャーリー・ロスさん。

誰や?

Charles Ross III世さんです。
チャーリー・コーセイIII世さんじゃなく
生年月日は不明、ミシシッピ州グリーンヴィル出身のポップ・シンガーさん。
ディスク・ジョッキーとして音楽稼業入り、
1965年にデルタ・カレッジの同窓生の作ったThe Phantomsてバンドにベーシストとして加入、
のちにこのバンドはサンシャイン・ポップ界、ソフト・ロック界で知る人ぞ知る知らない人は知らない
エタニティーズ・チルドレンに発展してLAにてA&Mと契約、
クビになってキャピトル傘下のタワーと契約、
ジ・アソシエイション、ミレニアムのソフト・ロック王、
カート・ベッチャー師、
のちにファンタスティック・フリートウッド・マックのプロデューサーとして名を上げるキース・オルセン師
のプロデュースで1968年



Eternity's Children

でアルバム・デビュー、
そこから一世一代の一発ヒット出ました5月発売。



ミセス・ブルーバード
Mrs. Bluebird



↑フランス盤

ザ・バンドのウエイトがチャートインした頃、
1968年6月29日圏外111位初登場、
以後
110位
7月13日94位初登場、
以後
80-73-(8/3)69-69-69-(8/24)76位。
最高位69位。7週。

ディズニーの「ジッパ・ディー・ドゥー・ダー」

Disney Zip a Dee Doo Dah
https://youtu.be/6bWyhj7siEY


歌詞は

Zip-a-dee-doo-dah, zip-a-dee-ay
My, oh, my, what a wonderful day
Plenty of sunshine headin' my way
Zip-a-dee-doo-dah, zip-a-dee-ay!

Mister Bluebird's on my shoulder
It's the truth, it's "actch'll"
Everything is "satisfactch'll"

Zip-a-dee-doo-dah, zip-a-dee-ay
Wonderful feeling, wonderful day!
Yes, sir

Zip-a-dee-doo-dah, zip-a-dee-ay
My, oh, my, what a wonderful day
Plenty of sunshine headin' my way
Zip-a-dee-doo-dah, zip-a-dee-ay!

Mister Bluebird's on my shoulder
It's the truth, it's "actch'll"
Everything is "satisfactch'll"

Zip-a-dee-doo-dah, zip-a-dee-ay
Wonderful feeling, feeling this way!

Mister Bluebird's on my shoulder
It is the truth, it's "actch'll", hm?

Where is that bluebird?

Everything is "satisfactch'll"
Zip-a-dee-doo-dah, zip-a-dee-ay
Wonderful feeling, wonderful day!

平易なので訳しませんがとてーもとてーもハッピーな青い鳥の唄
から歌詞を引用した

ソフト・ロックたら

ばばばばー

ならぬ

ふぁふぁふぁふぁー

の名品です。

Eternity's Children Mrs. Bluebird



https://youtu.be/ocWDIKN6xvc




ぴよぴよぴよぴよ

ぴよぴよぴよぴよ

Ba ba ba ba...
 ふぁーー
 ふぁふぁふぁふぁー
 ふぁふぁふぁ
 ふぁっふぁふぁー
 ふぁふぁーふぁーーー

 ふぁーーーふぁーーー

Mrs. Bluebird on my shoulder
 僕の肩のミセス・ブルーバードさん

How's your life since you've gotten older
 歳をとってから調子はいかがですか

How's Mr. Bluebird, is he well
 ミスター・ブルーバードはいかがおくらしでしょう
 お元気ですか

Keep him warm through the cold spell
 寒いときには彼を暖かくしてあげてくださいね


Ba ba ba ba...
 ふぁーー
 ふぁふぁふぁふぁー
 ふぁふぁふぁ
 ふぁっふぁふぁー
 ふぁふぁーふぁーーー

 ふぁーーーふぁーーー

Mr. Bluebird, I have told her
 ミスター・ブルーバード、僕は彼女に言っておきましたよ

That you're old but nonetheless bolder
 貴方は歳をとってもそれでもとっても元気だってね

You've had your life, oh, so well
 貴方は貴方の人生をすごしました
 ああ、それはもうとてもステキに 

Thoughts of death we musn't dwell
 死ぬことなんて僕らは思ってもいけないんです


Ba ba ba ba...
 ふぁーー
 ふぁふぁふぁふぁー
 ふぁふぁふぁ
 ふぁっふぁふぁー
 ふぁふぁーふぁーーー

 ふぁーーーふぁーーー


ギタア

ふぁーーーふぁーー
ふぁーーーふぁーー

ふぁーーーふぁーー
ふぁーーーふぁーー

Ba ba ba ba...
 ふぁーー
 ふぁふぁふぁふぁー
 ふぁふぁふぁ
 ふぁっふぁふぁー
 ふぁふぁーふぁーーー

 ふぁーーーふぁーーー

Mrs. Bluebird on my shoulder
 僕の肩のミセス・ブルーバードさん

How's your life since you've gotten older
 歳をとってから調子はいかがですか

How's Mr. Bluebird, is he well
 ミスター・ブルーバードはいかがおくらしでしょう
 お元気ですか

Keep him warm through the cold spell
 寒いときには彼を暖かくしてあげてくださいね


Ba ba ba ba...
 ふぁーー
 ふぁふぁふぁふぁー
 ふぁふぁふぁ
 ふぁっふぁふぁー
 ふぁふぁーふぁーーー

 ふぁーーーふぁーーー

Ba ba ba ba...
 ふぁーー
 ふぁふぁふぁふぁー
 ふぁふぁふぁ
 ふぁっふぁふぁー
 ふぁふぁーふぁーーー

 ふぁーーーふぁーーー


Ba ba ba ba...
 ふぁーー
 ふぁふぁふぁふぁー
 ふぁふぁふぁ・・・



何かちょっと物哀しい気分になってきたような気もしますが
それはそよ風のせいにして
エタニティーズは後に郷ひろみ声の一発ヒットで高名なるスターバックになりますが
もとい

サンクス・フォーザ・スマイルズ
チャーリー・ロスさん

バンド在籍中の1973年に中道ポップの梁山泊ビッグ・トゥリーからソロ・デビューなさって
2枚めのシングル1974年11月発売のこの曲で一世一代の一発ヒットします。

作は
同じチャーリーの
ぼよよーんとしたカントリー歌手おじさん
チャーリー・リッチ師にマジックを与えて時の人にした

Behind Closed Doors

を書いたKenny O'Dell師、
プロデュースは謎の集団、Amigo Productions。

リッチ師のと同じく、カントリー範疇とされとるのにカントリーに収まらぬ風情で

米国チャート
1975年1月18日97位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/446000425.html
86-76-66-(2/15)61位。
最高位61位。5週。

https://youtu.be/t8PyBOweArE




If you ever come back this way again
 君がまたこんな風に戻ってくれるなら

I want you to know that
 知っていてほしいんだ

You got a friend
 君には友だちがいることを

in me
 僕ってゆう


Thanks for the smiles
 たくさんの笑顔をありがとう


If you ever think back
 思い直してくれるとゆうのなら

And you come to me
 君は僕のところに来てくれる

Maybe there was something
 たぶん何かが有ったのかもしれないね

Kinda special between
 何か特別なものが

you and me
 君と僕のあいだに


Thanks for the smiles
 たくさんの笑顔をありがとう

Thanks for the smiles
 たくさんの笑顔をありがとう

You're a sunshine lady
 君は暖かく陽気な女性


We had a lotta fun
 僕らはたくさん楽しい時をすごした

But time went fast
 でも時はあまりにも速くすぎゆくもの

You and I didn't want
 君と僕は望まなかった

A thing to last
 長く続くことを

too long
 あまりに長くは
 

Thanks for the smiles
 たくさんの笑顔をありがとう


But you're leaving here now
 でも今、君は立とうとしている

I'll never trade
 どうこうしようなんてけして思ってないよ

I'm thinking right now of
 今思っているのは

The love we made
 僕らが交わした愛

last night
 昨日の夜の


Thanks for the smiles
 たくさんの笑顔をありがとう

Thanks for the smiles
 たくさんの笑顔をありがとう

You're a sunshine lady
 君は暖かく陽気な女性


And the door is always open
 扉はいつだって開かれている

You're free to come and go
 君は好きなだけ行ったり来たりすればいいんだ

As you please
 気持ちの赴くまま


And there ain't no way of telling
 言うことなんか何もないさ

Just how much you really mean to me
 ただ君にとって僕がどれくらい大切かどうかだけ

Guess I won't know that till you're gone
 君が行ってしまうまでそんなことは僕は知らないと思ってくれよ


But if you ever come back this way again
 でも君がまたこんな風に戻ってくれるなら

I want you to know you got
 知っていてほしいんだ君には

A real close friend in me
 僕とゆう本当の親友がいることを


Thanks for the smiles
 たくさんの笑顔をありがとう

Thanks for the smiles
 たくさんの笑顔をありがとう

You're a sunshine lady
 君は暖かく陽気な女性


Such a sunshine lady
 ほんとうに暖かく陽気な女性





忘れられたらひとたまりもない
実際CD化などされてないから聞くとなったらチューブで有ればの儚き21世紀の

何ぞ物哀しい気分になったような残り心も
日差しが暖かい日にふと思い出すこともありんすきっとままよ。

(山)2017.2.4

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg



00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

資料(英版)

−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.muzie.ne.jp/artist/a001909/

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.

週刊◎馬小屋◎土曜版朝刊:エルフィンS〜冬の桜花賞


*週刊馬小屋は選びぬかれた馬と方法は秘密展開読みによるネット競馬新聞です*

エルフィンS
〜冬の桜花賞




−−−−−−−−−−−

印刷して買い目を記入するのに便利な今日の全レース時刻表は、
こちらで

−−−−−−−−−−−

おはようございます。
競馬負けてたまるか、馬小屋です。

今日の目玉は

京都競馬場

芝1600m外3歳オープン牝

エルフィンS。

POG贔屓馬三頭登場。

ミリッサはシンハライトの妹、

アルミレーナはこれで走れば間違いないノーザン・クロス、

サロニアは母系のタイガーヒルがグッと来るこれまた走れば間違いないで

勝つのが一頭だけなのが何とも惜しいレースです。


※現在までの収支※

投入金額1783660円、
獲得賞金2182070円。
回収率122.3%↓

ロックな獲得馬券累計5899枚。
経験値7162420。LV716。




第891回
今日の資金回収レース予定

−−−−−
※平場※

別紙予定の中から・・・

東京競馬場
13:00発走
6R:芝1800m新馬

◎2エンターティナーVP。石橋J。

○16スイーズドリームズDP。畑端J。

▲14レッドヴィクターDP。宏J。


−−−−−
※特別※

別紙予定の中から・・・

京都競馬場
15:00発走
10R:芝1600m外3歳オープン牝

エルフィンS

◎2アルミレーナDP。蛯名J。

○5ミリッサDM。ルメールJ。

▲9サロニカDP。福永J。


−−−−−
※メインレース※

京都競馬場
15:35発走
11R:ハンデ ダ1200mオープン

大和S

34.7M

○8ワディPY1109/34.9+36.0=70.9/。デムーロJ。

☆5アットウィルADM。友一J。



東京競馬場
15:45発走
11R:芝1800m1600万牝

初音S

見です。


−−−−−

※最終レース※


京都は?

東京は14-10-5?

−−−−−


未定も他込みで資金獲得用勝負レース候補は
この中から


揺れるハート競馬の歌(馬の歌)揺れるハート

レディ・ラック/ロッド・スチュワート

プリティエスト・アイズ / ビューティフル・サウス


ラッキー・ユー/ライトニング・シーズ

ブル・イン・ザ・ヘザー/ソニック・ユース

いつもはこんな僕じゃない/ペット・ショップ・ボーイズ

どうってことないよ / スティヴン・スティルス/マナサス

買い目 / ジェリー・ガルシア

ライフ・オヴ・サプライジズ / プリファブ・スプラウト

ロング・ハード・クライム / ロン・デイヴィス

アゲインスト・ザ・ウインド / ボブ・シーガー

うつろな愛 / カーリー・サイモン

ロング・ショット(大穴)/スペシャルズ

ランニング・ライク・ザ・ウインド/マーシャル・タッカー・バンド

キャント・テイク・イット・ウィズ・ユー/オールマン・ブラザース・バンド

アリバイ/シン・リジィ

究極/イエス

ドゥ・イット・オア・ダイ/アトランタ・リズム・セクション

スイート・シーズンズ/キャロル・キングさん

見捨てられたサラブレッド/岡林信康氏

風の中の栗毛/松任谷由実氏

ワイルド・ホーセズ/ローリング・ストーンズ

ランニン・アウェイ/スライ&ザ・ファミリー・ストーン

ストレイト・オン/ハート


−−−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

http://www.muzie.ne.jp/artist/a001909/

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.
覚書
posted by 山 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊馬小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ