2017年03月11日

春なので自前で焼いた食パンで家ピクニックなサンドイッチを夜食にしました

170311.jpg

こんばんは まほです

今夜は春なので自前で焼いた食パンで家ピクニックなサンドイッチを夜食にしました

ハムとレタスとチーズサンドとタマゴサラダサンドです

これを持って今年の青葉賞を見に行きます

とても美味しかったです

.
posted by 山 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | まほのRock'nクッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夢の青い鳥 / ランディー・エデルマン 1975/3/1 EVERYBODY WANTS TO FIND A BLUEBIRD - Randy Edelman



夢の青い鳥
ランディー・エデルマン
1975/3/1


本名Randy S. Edelmanさん、
1947年6月10日ニュージャージー州パターソン生まれ、社交的・神経質な双子座。
「ダラスの熱い日〜Executive Action(1973)」を皮切りに
「ツインズ」、「ゴーストバスターズ2」、「マスク」、「アナコンダ」、
「隣のヒットマン」、「燃えよ!ピンポン」、「冒険野郎マクガイバー 」
などなど映画、TVの音楽をものするお方です。
小学校の先生と会計士の息子としてニュージャージー州ティーネックで育ち
シンシナティ音楽学校で学び、ニュー・ヨークに上京、
ブロードウェイの伴奏楽団で演奏し、作曲家・映画TV音楽家として業界に進出、
様々なミュージシャンに曲を提供、
自らも1972年にソロ・デビューして3年、
ついにちょろっと生涯1曲だけの米TOP100入りヒットをものにしました

1974年4作目アルバム



プライム・カッツ
Prime Cuts


よりカット、




↑スペイン盤

夢の青い鳥
EVERYBODY WANTS TO FIND A BLUEBIRD


作とアレンジは自身、
アレンジ助っ人は売れっ子マイケル・オマーティアン、マイケル・スチュワート両師匠、
プロデューサーはマイケル・スチュワート師。




↑オランダ盤

スチュワート師はフォーク・ロック・バンド「We Five」のギタリストで
「デイドリーム・ビリーバー」を書いたジョン・スチュワート師の6つ下の弟さん、
プロデューサーとして兄貴のやビリー・ジョエル師の「ピアノ・マン」、ケニー・ランキン師、
セシリオ&カポノ、そしてエデルマン師と担当したところでここに至った方。

弦のアレンジは名匠ニック・デカロ師匠。

ポップで孤高のシンガー・ソング・ライターが掬われて世に出る隙間が有った年ならではの



米国チャート
1975年3月1日圏外109位初登場、
1975年3月8日98位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/447669391.html
以後
94-94-(3/29)92位。
最高位92位。4週。

アダルト・コンテンポラリー・チャート18位。



https://youtu.be/RFoB8mVSsGE




In our hearts
 僕らのハートは

We all have our dreams
 みんな自分の夢がある

And in our minds
 僕らの心は

We all have our schemes
 みんな自分の未来がある

But no matter who you are
 けど貴方が誰であろうとも

We all got our scars to live with
 僕らは皆、抱えて生きていかねばならない傷があるんだ


Look around
 見渡してごらん

and what do you find
 何を見つける?

Different faces,
 色んな顔

different minds
 色んな心

But no matter where you go
 けど君がどこに行こうとも

We're on the same plateau
 僕らは同じ高原にいる


We all wanna know
 みんな知りたいんだ


Where am I ever gonna find a bluebird
 どこで僕は青い鳥を見つけるんだろう

Where we ever gonna find some love
 どこで僕らは愛というものを見つけるのかな

 おおおおお

Cause everybody wants to find a bluebird
 だって誰だって青い鳥を見つけたいだろう

So go on and look up above
 だからずっと見上げるんだ


Friday's gone,
 金曜日は終わってしまった

nowhere to go
 どこにも行かずに

The weekend's coming
 週末がやって来た

But you don't wanna know
 けど貴方は知りたくない


Come on, get something on
 さあ、それでも求め続けるんだ

All hope's not gone
 希望が何もかも無くなったわけじゃない

Cause you might find it
 君はそれをきっと見つけられるんだから

(You might find it)
   見つけられるんだから

You know you might find it
 そう君はきっと見つけられる


You know you might find a bluebird
 そう君はきっと青い鳥を見つけられる

You know you might find some love
 そう君はきっと愛というものを見つけられる

 おおおおお

Cause everybody wants to find a bluebird
 だって誰だって青い鳥を見つけたいだろう

So go on and look up above
 だからずっと見上げるんだ

 おおおおお

 ららあ、らら、
 らら、ららら
 らららあ、らら
 らら
 らららあ、ららら
 らら
 らららあ、らら

(Where am I ever gonna find a bluebird)
   どこで僕は青い鳥を見つけるんだろう

(Where we ever gonna find some love)
   どこで僕らは愛というものを見つけるのかな

Everybody wants to find a bluebird
 誰だって青い鳥を見つけたいんだ

Everybody wants to find some love
 誰だって愛というものを見つけたいんだよ

 おおおおお

Everybody wants to find a bluebird
 誰だって青い鳥を見つけたいんだ

So go on and look up above
 だからずっと見上げるんだ

 おおおおお

Everybody wants to find a bluebird
 誰だって青い鳥を見つけたいんだ

Everybody wants to find some love
 誰だって愛というものを見つけたいんだよ

 おおおおお

Everybody wants to find a bluebird
 誰だって青い鳥を見つけたいんだ

So go on and look up above
 だからずっと見上げるんだ

 おおおおお

Everybody wants to find a bluebird
 誰だって青い鳥を見つけたいんだ・・・



穏やかでたおやか、
誰だってほろっとする名曲です。

ヒットせんかったのはバリー・ホワイト師匠に夢中の20th Centuryがろくにプロモートせんかったこともあるでしょうが
極悪クリミナル・マインド曲が軒並みウケちゃう中でこの歌詞ってこともあり。

桜田淳子の青い鳥の二番煎じかよってことも無し。

B面は同アルバムから

ピストル・パッキン・メロディ
Pistol Packin' Melody



↑オランダ盤

https://youtu.be/AcGqWoRRqSE


歌詞は

古ぼけた喫茶店で思わず好きな音楽に出くわし
生きる理由を見つけ
家に飛んで帰り
触発されて自分の音楽を生み出す

て内容。
こちらもジェントル極まるいい曲で

何より歌声が郷ひろみさんに似とります。

レオ・デイヴィス師とはまた違う感じで。
今からでも遅くない
一刀両断
なんてやってないで
濃くなく
サラッとさせて
カバーしてくれたらさぞかし素敵じゃないか。

ちなみに
今では呼称は

ランディ・エデルマンさん。

1976年6月3日に6歳年上の最初期の女性SSW、
ジャッキー・デシャノンさんの2番目の旦那さんとなり
息子がお一人、Noah D. Edelmanさんおるよ。

(山)2017.3.10

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg



00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

資料

資料(英版)

−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.muzie.ne.jp/artist/a001909/

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.

週刊◎馬小屋◎土曜版朝刊:金鯱賞(GII)〜放蕩息子のご帰還


*週刊馬小屋は選びぬかれた馬と方法は秘密展開読みによるネット競馬新聞です*

金鯱賞(GII)
〜放蕩息子のご帰還




−−−−−−−−−−−

印刷して買い目を記入するのに便利な今日の全レース時刻表は、
こちらで
−−−−−−−−−−−

おはようございます。
競馬負けてたまるか、馬小屋です。

今日の目玉は

中京競馬場

芝2000mオープン

金鯱賞(GII)。

気の毒な便利屋ステップレースと化したきんこさん

似たようなメンツで

毎度おなじみ庭としてる馬が来て本番でコケる員数揃えと化すか

それともプロディガルサンがもっと強うてひっくり返すか

ロードヴァンドールあたりがぶっ飛ばしてペースがとんでもなく上がればおもろいのだが。

太宰くん、お願いします。


※現在までの収支※

投入金額1814460円、
獲得賞金2213730円。
回収率122.0%↓

ロックな獲得馬券累計5964枚。
経験値7178280。LV717。




第900回
今日の資金回収レース予定

−−−−−
※平場※

別紙予定の中から・・・


−−−−−
※特別※

別紙予定の中から・・・

−−−−−
※メインレース※

中京競馬場
15:25発走
11R:芝2000mオープン

金鯱賞(GII)

10-12+

◎2プロディガルサンDP1349/37.9+32.0=69.9/0.0.0.0./1.0.0.0./2.2.1.2.。田辺J。

○6ヤマカツエースKK1597/38.6+33.1=71.7/1.0.1.0./3.0.1.4./2.0.0.9.。池添J。

▲10サトノノブレスDP1599/38.5+33.8=72.3/1.1.2.0./3.2.3.2./5.4.4.12.。秋山J。

☆14ヒストリカルDP1461/37.2+35.9=73.1/0.0.0.1./2.0.0.5./4.3.3.12.。高倉J。



阪神競馬場
15:35発走
11R:ダ2000mオープン

仁川S

37.4s

◎6コスモカナディアンRIM1537/37.9+39.0=76.9/0.0.0.0./0.0.0.0./0.1.0.2.。大知J。

☆1カラクプアKK1499/37.1+37.5=74.6/1.0.0.0./0.0.0.0./1.0.0.4.。小牧J。



中山競馬場
15:45発走
11R:芝1600m外3歳オープン牝

アネモネS

◎9パフォームMG1352/35.8+36.0=71.8/1.0.0.1./1.2.0.4./1.1.0.1.。丹内J。

○12スズカゼDB1343/35.4+35.0=70.4/1.0.0.0./1.0.0.4./1.0.0.1.。大野J。


−−−−−

※最終レース※

中京は7?

阪神は?

中山は?

−−−−−



未定も他込みで資金獲得用勝負レース候補は
この中から

揺れるハート競馬の歌(馬の歌)揺れるハート

レディ・ラック/ロッド・スチュワート

プリティエスト・アイズ / ビューティフル・サウス


ラッキー・ユー/ライトニング・シーズ

ブル・イン・ザ・ヘザー/ソニック・ユース

いつもはこんな僕じゃない/ペット・ショップ・ボーイズ

どうってことないよ / スティヴン・スティルス/マナサス

買い目 / ジェリー・ガルシア

ライフ・オヴ・サプライジズ / プリファブ・スプラウト

ロング・ハード・クライム / ロン・デイヴィス

アゲインスト・ザ・ウインド / ボブ・シーガー

うつろな愛 / カーリー・サイモン

ロング・ショット(大穴)/スペシャルズ

ランニング・ライク・ザ・ウインド/マーシャル・タッカー・バンド

キャント・テイク・イット・ウィズ・ユー/オールマン・ブラザース・バンド

アリバイ/シン・リジィ

究極/イエス

ドゥ・イット・オア・ダイ/アトランタ・リズム・セクション

スイート・シーズンズ/キャロル・キングさん

見捨てられたサラブレッド/岡林信康氏

風の中の栗毛/松任谷由実氏

ワイルド・ホーセズ/ローリング・ストーンズ

ランニン・アウェイ/スライ&ザ・ファミリー・ストーン

ストレイト・オン/ハート


−−−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

http://www.muzie.ne.jp/artist/a001909/

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.覚書
posted by 山 at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊馬小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ