2017年03月21日

レシピ:玉子ツナマカロニサラダです

170321.jpg

こんばんは まほです

今夜は玉子ツナマカロニサラダです

材料 分量は2人分で

マカロニ150g75円 ツナ缶1個70円 サラダ菜適量

玉子(M)2個26円 タマネギすりおろし(小)3分の1個くらい

酢大さじ1 ねりからし小さじ4分の1くらい

マヨネーズ大さじ4〜5くらい 塩少々 コショウ少々

ねりからしは酢で溶いて加えるとなじみやすいです

合計で171円くらいです

レシピ

1、玉子は固ゆでにしてフォークでつぶします

2、マカロニは柔らかめにゆでて水気を切ります

3、ボウルに1の玉子と2のマカロニを入れて混ぜます

4、3に油を軽く切ったツナ缶を加え酢とねりからしを入れます

5、4にタマネギのすりおろしとマヨネーズを入れます

6、5に塩コショウして混ぜ合わせて出来上がり

7、サラダ菜の上に盛り付けて完成です

定番の玉子ツナマカロニサラダです

ご飯のおかずにピッタリです

残ったサラダは冷蔵庫で保存し明日の朝食べます

とても美味しかったです




posted by 山 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | まほのRock'nクッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

洋楽70's全曲探検 1975/3/22号 悦楽の日々&10cc&グッド・ラヴィン登場 Weekly 70's chart adventure



洋楽70's全曲探検
1975/3/22号
悦楽の日々&10cc&グッド・ラヴィン登場


皆様こんにちわ、
洋楽70's全曲探検、
42年前の今週最新米英日のヒットチャートから初登場曲をピックアップし
全曲聴いてしまおうという企画です。
司会は、私はエンパス、山口眞と申します。

歌を微に入り細に入り感じていたらなっちゃった。

ではまずはさっそく
米ビルボード・アルバム・チャート200
のニュー・エントリーをば。

40. Al Green/Greatest Hits - Al Green /最高位17位。21週。

60. Yesterdays - Yes /最高位17位。12週。

61. Crash Landing - Jimi Hendrix /最高位5位。20週。

115. Visions Of The Emerald Beyond - The Mahavishnu Orchestra /最高位68位。11週。

133. Dave Mason At His Best - Dave Mason /最高位133位。3週。

141. Young Americans - David Bowie /最高位9位。51週。

181. Caught In The Act - Commodores /最高位26位。33週。

183. Nils Lofgren - Nils Lofgren /最高位141位。9週。

184. Between The Lines - Janis Ian /最高位1位。64週。

185. Young Frankenstein - Soundtrack /最高位128位。8週。

186. Songbird - Jesse Colin Young /最高位26位。14週。

187. The Harder They Come - Jimmy Cliff /最高位140位。8週。

188. Song For America - Kansas /最高位57位。15週。

189. The Dramatic Jackpot - Ron Banks And The Dramatics /最高位31位。18週。

192. Inspiration Information/Wings Of Love - Shuggie Otis /最高位181位。3週。

参考になれば
今週の

米アダルト・コンテンポラリー・チャート

米R&Bチャート

なお
全チャートの眺めは、一番下(追記部分)にありますのでご参照ください。

−−−−−−

今週のチャート初登場全曲試聴再生リスト
http://www.youtube.com/playlist?list=PLEBB66F68BA99D8A1


Rock of Ages from 1969(fromMarch) vol.1
http://www.youtube.com/playlist?list=PLA9848671995DB3A7

Rock of Ages from 1969(fromMarch) vol.2
http://www.youtube.com/playlist?list=PLEBB66F68BA99D8A1

ヒットチャートロックの歴史
http://www.youtube.com/playlist?list=PLF17180564A99EA22

Best of Charted 70's Pops
http://www.youtube.com/playlist?list=PL26E2DB24FF57D4C2

Best of Charted 70's Soul & Funk
http://www.youtube.com/playlist?list=PL095D0B8355FBF0A6

All the Charted 70's Reggae in Usa & UK
http://www.youtube.com/playlist?list=PL9FF6696215D26B9F

All the Charted Glam Pop
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTxVxw4O6oIWvDSFfBq1ExRl

ベスト・オブ・日本洋楽史70's
http://www.youtube.com/playlist?list=PL8FE5FC9CFF908F9E

B-ROCK IN 70'S
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTzPigQphdlDDmdO9I4BIPg2

歴史オブ西海岸ロック
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTyIW3wwEtUZtasuU2GHyHsB

All Progressive Rock Single in 70's Chart
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTwc2Z7ZNAGCmryr4NpDQDTp

Not Glam But Pop Rock in UK 70's chart
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTxy0894KWrY4lDlYd9yod3G

−−−−−−

1975年3月22日米国チャートから、
表記は
順位/曲名/歌手、バンド/の順なり。
☆(最高五つ星)は素敵度判断。
先に他国チャートでランクイン済みの場合は失礼ながらその時のレビューを転用させていただいてます。

1-113
☆☆☆☆☆81. SHAKEY GROUND - The Temptations (Gordy)-1
シェイキー・グラウンド テンプテーションズ





https://youtu.be/W_UxlayuJpk


コモドアーズを助っ人にヘヴィ・ファンクの長に進出したテンプス、
1975年1月16日発売アルバム「A Song for You」よりお次カット2月発売は何と
作はJeffrey Bowen, Alphonso Boyd, Eddie Hazel御一行、
プロデュースはJeffrey Bowen師、
ファンカデリックの仰け反りギタリスト、エディ師共作で演奏のすんごいの。
ハッピーピーポーとならんで二大名品を刻印するスエた臭う100点。

1975年3月22日81位初登場、最高位26位。14週。

♪Lady luck and four leaf clovers


2-114
☆☆☆☆82. THANK GOD I'M A COUNTRY BOY - John Denver (RCA)-1
すばらしきカントリー・ボーイ ジョン・デンバー







https://youtu.be/QRuCPS_-_IA

我が世の春デンバーさん春の新曲は
1974年6月15日発売8作目アルバム「Back Home Again」に収録されてた
John Martin Sommers師の能天気カントリー唄を
1975年2月発売1作目ライブアルバム「An Evening with John Denver」より1回目カット3月発売、
思わず馬も踊りだすしょうもないウエスタンもノリノリ兄さんがやりゃあマジック発生で91点。

1975年3月22日82位初登場、最高位1位。19週。
カントリー1位。

♪Well life on the farm is kinda laid back


3-115
☆☆☆☆84. SUN GODDESS - Ramsey Lewis and Earth, Wind and Fire (Columbia)-1
太陽の女神 ラムゼイ・ルイス







https://youtu.be/dS463tbX-HE

世界一の歌謡ジャズ・ピアニスト、ラムゼイ師、
Ramsey Emmanuel Lewis, Jr. 、1935年5月27日シカゴ生まれ、
機敏器用な社交的・神経質双子座牡牛座寄り、
1974年アルバム「Sun Goddess」より2回目カット、
作はJon Lind, Maurice White組、
前作
http://rocksblog.seesaa.net/article/446000425.html
に引き続き成功した弟子に思い切り丸ごと助けてもらってもニコニコしてます気取りのなさが
おっさんごっつぁんです91点。

1975年3月22日84位初登場、最高位44位。7週。

♪Way-oh, way-ay-oh Bop way-oh, way-oh-oh


4-116
☆☆86. REACH OUT, I'LL BE THERE - Gloria Gaynor (MGM)-1
リーチ・アウト・アイル・ビー・ゼア グロリア・ゲイナー







https://youtu.be/dh1RRkq_EgM

英登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/447669391.html



そのグロリア芸能社、初代ディスコ・クイーン、ゲイナーさん最新ヒットはお先に英国から。
1975年1月23日発売1作目アルバム「Never Can Say Goodbye」より2回目カット、
原曲は
作:ホーランド=ドジャー=ホーランド、
その昔、日本ゲイトウェイのサポート電話の待受けで延々聞かされた
フォー・トップス1966年の米英1位大ヒット
https://youtu.be/2EaflX0MWRo
思いきしチャラくディスコ化で女王の権威を誇示する71点。




2回目のヒットで、
1975年3月8日45位初登場、最高位14位2週、4月26日24位まで通算8週。


1975年3月22日86位初登場、最高位60位。5週。

♪Now if you feel that you can't go on


5-117
☆☆☆☆☆88. BAD LUCK (Part 1) - Harold Melvin and the Blue Notes (Phila. Intl.)-1
バッド・ラック ハロルド・メルヴィン&ブルー・ノーツ







https://youtu.be/mykhgDJvp6g


待ちかねタンホイザ、メルヴィンズ見参!
1975年2月発売3作目アルバム「To Be True」より2回目カット2月発売、
作はVictor Carstarphen, Gene McFadden & John Whitehead組、
プロデュースはKenneth Gamble & Leon Huff両師匠。
これぞマクファーデン=ホワイトヘッドならでなフィリー・ダンサーのあの女によさてすばい決定版100点。


1975年3月22日88位初登場、最高位15位。17週。
R&Bチャート1位。

♪ Uh Woo Well, well You're downhearted and confused


6-118
☆☆☆98. IT DO FEEL GOOD - Donna Fargo (ABC/Dot)-1
イット・ドゥ・フィール・グッド ドナ・ファーゴ



https://youtu.be/19otdTlLi6s

全米で一番ハッピーな娘っ子ドナちゃんの最新ポップ・ヒットは
1974年4作目アルバム「Miss Donna Fargo」より3回目最後カット2月発売。
作はナメるなよ自身。持ち前のガラガラ声で唄うコロンボの画質のカントリー81点。

1975年3月22日98位初登場、最高位98位。2週。
カントリー7位。

♪I'm kickin' my heel together free again


7-119
☆☆☆☆99. YOU AND YOUR BABY BLUES - Solomon Burke (Chess)-1
ユー・アンド・ユア・ベイビー・ブルース ソロモン・バーグ



https://youtu.be/VTmhabT22JE

ダニーくんに「アイ・ハヴ・ア・ドリーム」を思わぬカバーされました
http://rocksblog.seesaa.net/article/446982272.html
フィラデルフィア出身、ミック・ジャガー氏師匠たる大ソウラーたるバークにまかせろ先生です
1975年アルバム「Music To Make Love By」よりカット、
作・プロデュースはJerry Styner, Solomon Burkeコンビ、
弦アレンジはジーン・ペイジ師匠を迎えて容貌似てるならアッシのほうがかっこええでとバリー・ホワイト先生調
の多分ど助平なんですわ90点。

1975年3月22日99位初登場、最高位96位。2週。
R&Bチャート19位。

♪With every heartbeat I beat. I beat two times for you


8-120
☆☆☆☆100. WHERE HAVE THEY GONE - Jimmy Beaumont and the Skyliners (Capitol)-1
ホエア・ハブ・ゼイ・ゴーン ジミー・ボーモントとスカイライナーズ



https://youtu.be/MRJWjnS2N78

「シンス・アイ・ドント・ハヴ・ユー〜Since I Don't Have You」で高名なる
1958年ピッツバーグ発生の大ベテラン・ドゥー・ワップ・グループが10年ぶりにチャートヒット達成。
作はDoc Pomus師匠とKen Hirsch師匠、
プロデュースはジョー・ロックさん。
邦題つけらば

みんな、どに行っちゃったの?

思わずブッと吹き出すくらい哀しいドリフなコントなベタなバラードですバカウケのジャンプ賞92点。

1975年3月22日100位初登場、最高位100位。1週。

♪Where have they gone All the summers we knew

------
from
BUBBLING UNDER THE HOT 100

残念、特にございません。

***************

ちなみに
この週の全米TOP3は

1.☆←2 MY EYES ADORED YOU - Frankie Valli (Private Stock)-18 (1 week at #1)
2.☆←3 LADY MARMALADE (Voulez-Vous Coucher Avec Moi) - LaBelle (Epic)-12
3.☆←5 LOVIN' YOU - Minnie Riperton (Epic)-10

1位になると次週は見事にベスト3から退きます。。

−−−−−−

1975年3月22日付TOP20米アルバム・チャートの
ニュー・エントリー盤は

1-26
☆☆☆☆☆17.☆←24 Autobahn - Kraftwerk
アウトバーン クラフトワーク



All lyrics written by Ralf Hütter and Florian Schneider except "Autobahn", lyrics by Hütter, Schneider and Emil Schult; all music composed by Hütter and Schneider.

Side A
1. アウトバーン - Autobahn("Motorway") Ralf Hütter Florian Schneider Emil Schult 22:43

Side B
1. 大彗星(鼓動) - Kometenmelodie 1("Comet Melody 1") 6:26
2. 大彗星(軌道) - Kometenmelodie 2("Comet Melody 2") 5:48
https://youtu.be/hlHFlrXZmKQ
3. 深夜そして姿なき足跡 - Mitternacht("Midnight") 3:43
4. 朝の散歩 - Morgenspaziergang」("Morning Walk") 4:04

Personnel
Ralf Hütter – vocals, electronics.
Florian Schneider – vocals, electronics.
Klaus Röder – violin, guitar.
Wolfgang Flür – percussion.
Konrad "Conny" Plank – sound engineer.
Emil Schult – cover painting.
Barbara Niemöller – Back cover photo.

Producer Ralf Hütter, Conny Plank, Florian Schneider

1974年11月1日発売4作目。

表題曲バカウケで突如ブレークの元祖テクノさん職人ら。
引っ張られてアルバムもランクインは新しきサイケの眺望をここに見たか?
にしてもこの盤だけですからやっぱ長尺オートバーン目当てかな97点。

米5位。22週。


1回目のヒットで、
1975年5月17日43位初登場、最高位4位、1985年7月6日85位まで通算21週。


TOP3は

1.☆←3 Physical Graffiti - Led Zeppelin (1 week at #1)
2.←1 Have You Never Been Mellow - Olivia Newton-John (1 week at #1)
3.←2 Blood On The Tracks - Bob Dylan (2 weeks at #1)

−−−−−−

1975年3月22日付TOP50英国アルバム・チャートより

1-30
☆☆☆☆☆1. 20 GREATEST HITS - TOM JONES
20グレーテスト・ヒッツ トム・ジョーンズ



Side A
1. It's Not Unusual
2. Only Once
3. I'll Never Fall In Love Again
4. Somethin' Bout You Baby I Like
5. What's New Pussycat?

Side B
1. Till
2. Runnin' Bear
3. Green Green Grass Of Home
4. Thunderball
https://youtu.be/7lIvcm1pltI
5. Love Me Tonight

Side C
1. She's A Lady
2. Pledging My Love
3. Funny Familiar Forgotten Feelings
4. With These Hands
5. Delilah

Side D
1. I'm Coming Home
2. To Make A Big Man Cry
3. Help Yourself
4. The Sun Died
5. Daughter Of Darkness

Personnel
Executive-Producer – Gordon Mills

1975年月日発売3作目ベスト。

前作のランクインも「グレイテスト・ヒット」
http://rocksblog.seesaa.net/article/432125009.html
その一枚組では足りませんて決定版二枚組でもまだ足りへん王グレートを今ここで再確認の

'The Tenth Anniversary Album Of Tom Jones'

私は他のベストを持ってますがわかります100点。

17回目のヒットで、
1975年3月22日1位初登場、最高位1位4週、8月9日50位まで通算21週。

#297
#234
2-31
☆☆☆☆☆4. THE BEST YEARS OF OUR LIVES - STEVE HARLEY AND COCKNEY REBEL
悦楽の日々 スティーヴ・ハーリー&コックニー・レベル



All songs written and composed by Steve Harley.

Side A
1. "Introducing The Best Years" 1:07
2. "The Mad, Mad Moonlight" 4:30
3. "Mr. Raffles (Man, It Was Mean)" 4:33
4. "It Wasn't Me" 6:02
5. "Panorama" 5:38
https://youtu.be/6It3yfAzqiA

Side B
1. "Make Me Smile (Come Up and See Me)" 4:00
2. "Back to the Farm" 5:53
3. "49th Parallel" 3:13
4. "The Best Years of Our Lives" 5:45

Personnel
Steve Harley - vocals
Jim Cregan - electric guitar, acoustic guitar, backing vocals
George Ford - bass guitar, string bass, backing vocals
Duncan Mackay - electric piano, grand piano, elka, clavinet, synthesizer, Hammond organ
Stuart Elliott - drums, percussion, marimba

Additional musicians
Tina Charles – backing vocals
Martin Jay – backing vocals
Yvonne Keeley – backing vocals
Linda Lewis – backing vocals
Liza Strike – backing vocals

Production
Steve Harley - producer
Alan Parsons – producer, engineer, mixing
Andrew Powell - horn and brass arrangement (track 5)
Mick Rock – photography, sleeve design

1975年3月発売3作目。

新生コックニーズ登場。
大ヒット「Make Me Smile」を筆頭にさかしまな憑き物が取れたかのような軽快なサウンドは
色んな意味で言い尽くせぬ我が家の宝物100点。

2回目のヒットで、
1975年3月22日4位初登場、最高位4位2週、9月20日53位まで通算19週。

※ロック名盤リスト入りです。


#298
#235
3-32
☆☆☆☆☆6. THE ORIGINAL SOUNDTRACK - 10CC
オリジナル・サウンド・トラック 10CC



Side A
1. パリの一夜 Une Nuit A Paris' (Kevin Godley, Lol Creme) – 8:40
I. パリのある夜 Part 1 : One Night In Paris
II. 同じその夜のパリ Part 2 : The Same Night In Paris
III. 夜がふけて Part 3 : Later The Same Night In Paris

Lol Creme – vocals, pianos, vibes, percussion
Eric Stewart – vocals, steel guitar
Graham Gouldman – vocals, bass, percussion
Kevin Godley – vocals, drums, timpani, percussion

2. アイム・ノット・イン・ラヴ I'm Not In Love (Eric Stewart, Graham Gouldman) – 6:08

Eric Stewart – lead vocal, electric piano
Graham Gouldman – guitar, bass, backup vocals
Kevin Godley – Moog synthesizer, backup vocals
Lol Creme – piano, backup vocals
Lol Creme, Kevin Godley, Graham Gouldman, Eric Stewart - synclavier (control desk) & musical effects
Cathy Redfern - additional vocals[8]

3. ゆすり Blackmail (Gouldman, Stewart) – 4:28

Lol Creme – vocals, organ
Kevin Godley – vocals, drums
Eric Stewart – vocals, guitar, steel guitar, piano
Graham Gouldman – vocals, guitar, bass

Side B
1. 2度目の最後の晩さん The Second Sitting For The Last Supper (Stewart, Creme, Gouldman, Godley) – 4:25

Eric Stewart – lead vocals, guitar, organ, piano, electric piano, backup vocals
Kevin Godley – drums, percussion, backup vocals
Lol Creme – guitar, percussion, piano, backup vocals
Graham Gouldman – guitar, bass, backup vocals

2. ブランド・ニュー・デイ Brand New Day (Godley, Creme) – 4:04

Kevin Godley – 1st lead vocal, marimba, bass drum, timpani, cellos, backup vocals
Eric Stewart – 2nd lead vocal, guitar, backup vocals
Lol Creme – pianos, Gizmo, violins, Moog synthesizer, backup vocals
Graham Gouldman – bass, double bass, backup vocals

3. フライング・ジャンク Flying Junk (Gouldman, Stewart) – 4:10

Eric Stewart – lead vocals, lead guitar, electric piano, piano
Graham Gouldman – bass, acoustic guitar, six string bass, autoharp, backup vocals
Lol Creme – acoustic guitar, piano, autoharp, backup vocals
Kevin Godley – drums, percussion, backup vocals

4. 人生は野菜スープ Life Is A Minestrone (Creme, Stewart) – 4:42

Lol Creme – lead vocal, piano, electric piano, percussion, guitar, backup vocals
Kevin Godley – drums, timbali, percussion, backup vocals
Eric Stewart – guitar, backup vocals
Graham Gouldman – bass, guitar, acoustic guitar, backup vocals

5. 我が愛のフィルム The Film Of My Love (Godley, Creme) – 5:07

Graham Gouldman – lead vocals, bass, guitar, mandolins
Eric Stewart – guitar, organs, percussion, backup vocals
Lol Creme – piano, percussion, mandolins, backup vocals
Kevin Godley – bongos, percussion, backup vocals

Personnel
Producer https://en.wikipedia.org/wiki/The_Original_Soundtrack


1975年3月11日発売3作目。

待望の3作目は実にらしい架空の映画のサウンドトラック仕様で登場。
4人10ccは全名盤すがとりわけ愛着が有るのはオリサンだよなあ。
色んな意味で言い尽くせぬ我が家の宝物100点。

米15位。

3回目のヒットで、
1975年3月22日6位初登場、最高位3位、1976年5月22日51位まで通算40週。

※ロック名盤リスト入りです。


4-33
?35. TELLY - TELLY SAVALAS
テリー テリー・サヴァラス



Side A
1. Rubber Bands And Bits Of Strings 2:35
2. A Song For You 2:36
3. You've Lost That Lovin' Feelin' 3:08
4. How Insensitive 2:35
5. You're A Lady 3:06

Side B
1. If 3:06
2. You And Me Against The World 2:59
3. Something 2:41
4. Without Her 2:20
https://youtu.be/Etsb8kL-uvg
5. Help Me Make It Through The Night 2:33

Personnel
Arranged By – Al Capps (tracks: A2, A3, A5, B2 ,B5), John Cacavas (tracks: A1, A4, B1, B3, B4)
Engineer – Lenny Roberts
Producer – Snuff Garrett

1975年1作目。

「イフ」で当地とんでもないヒットです刑事コジャック。
あの調子で全部語り物だったら怖いアルバムもランクイン。
試聴したら唄も歌ってるよもち素朴で味がありますようですも
持ってませんので?点。

唯一のヒットで、
1975年3月22日35位初登場、最高位12位、6月7日50位まで通算10週。


5-34
?46. AN EVENING WITH JOHN DENVER - JOHN DENVER
ジョン・デンバー・ライブ ジョン・デンバー



米登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/447896337.html



All selections were written and composed entirely by John Denver where not otherwise indicated.

Side A
1. "The Music Is You" - 1:02
2. "Farewell Andromeda (Welcome To My Morning)" - 3:40
https://youtu.be/zKiLzdqsXmU
3. "Mother Nature's Son" (Lennon–McCartney) - 4:37
4. "Summer" (Denver, Mike Taylor, Dick Kniss) - 3:02
5. "Today" (Randy Sparks) - 4:40
6. "Saturday Night In Toledo, Ohio" (Randy Sparks) - 4:08

Side B
1. "Matthew" - 3:42
2. "Rocky Mountain Suite (Cold Nights in Canada)" - 3:13
3. "Sweet Surrender" - 5:02
4. "Grandma’s Feather Bed" (Jim Connor) - 2:37
5. "Annie's Song" - 3:32
6. "The Eagle & The Hawk" (Denver, Mike Taylor) - 2:22

Side C
1. "My Sweet Lady" - 4:55
2. "Annie's Other Song" - 3:05
3. "Boy from the Country" (Michael Martin Murphey, Owen Castleman[2]) - 5:00
4. "Rhymes & Reasons" - 3:17
5. "Forest Lawn" (Tom Paxton) - 2:58

Side D
1. "Pickin’ the Sun Down" (John Sommers, Steve Weisberg) - 2:17
2. "Thank God I’m a Country Boy" (John Sommers) - 3:40
3. "Take Me Home, Country Roads" (Denver, Bill Danoff, Taffy Nivert) - 3:17
4. "Poems, Prayers and Promises" - 4:40
https://youtu.be/FF84j66_RIs
5. "Rocky Mountain High" (Denver, Mike Taylor) - 5:04
6. "This Old Guitar" - 4:47

Personnel
John Denver - vocals, 6 & 12-string acoustic guitars
Steve Weisberg - electric & acoustic guitars, pedal steel guitar, slide dobro, backing vocals
Dick Kniss - double bass
John Sommers - acoustic guitar, banjo, fiddle, mandolin, backing vocals
Herb Lovelle - drums
Hal Blaine - percussion
Owen Castleman - vocals on "Boy from the Country"
Lee Holdridge - arranger and orchestra conductor
THE ORCHESTRA: Murray Adler, Samuel Boghossian, Denyse Buffum, Gene Cipriano, Buddy Collette, Vincent DeRosa, David Duke, Jesse Ehrlich, Ron Folsom, Allan Harshman, Richard Kaufman, Raymond Kelley (cello), Milton Kestenbaum, William Kurasch, Joy Lyle, Richard Maximoff, Peter Mercurio, Wilbert Nuttycombe, Jay Rosen, Ralph Schaeffer, David Schwartz, Sidney Sharp, Harry Shlutz, Mari Tsumura, David Turner, Tibor Zelig

Producer Milton Okun

Recorded August–September 1974, Universal Amphitheatre, Los Angeles, California

1975年2月発売ライブ1作目。

キャリア絶頂期を記す決定盤ライブ盤。持ってませんので?点。



米2位。50週。


6回目のヒットで、
1975年3月22日46位初登場、最高位31位、4月12日40位まで通算4週。


******

TOP3は

1.☆ New 20 GREATEST HITS - TOM JONES -1 (1 week at #1)
2.←1 PHYSICAL GRAFFITI - LED ZEPPELIN -1 (1 week at #1)
3.☆←23 THE SHIRLEY BASSEY SINGLES ALBUM - SHIRLEY BASSEY -2

あのフィジカルをぶっ飛ばすトム王!
さらにバッシーさんも迫って007挟み攻撃だ。

−−−−−−

1975年3月22日付TOP50英国シングル・チャートより

1-62
☆☆☆☆34. THE UGLY DUCKLING - MIKE REID
みにくいアヒルの子 マイク・リード



https://youtu.be/gphMgG3v3Y8

はい?
Michael Reidさん、1940年1月19日生まれ、根気我慢無骨穴男、山羊座水瓶座寄り、
英コメディアンで俳優さんシングル登場、
作は映画・ミュージカル分野で米名匠フランク・レッサー師、
1952年米映画「Hans Christian Andersen」より
レッサー師ご本人版
https://youtu.be/EFmaSDBBL7U
素敵な曲です。
マイクさんはアヒルかぶりものしてのギャグでウケてた模様の90点。

唯一のヒットで、
1975年3月22日34位初登場、最高位10位、5月10日43位まで通算8週。

♪♪


2-63
☆☆☆☆☆37. LADY MARMALADE - LABELLE
レディー・マーマレイド ラベル



http://rocksblog.seesaa.net/article/445839462.html
https://youtu.be/zgLSeBPfVNM

米登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/445489197.html



年始め 眠っていられぬ 上喜撰

フィラデルフィア起源の最強黒女史軍団いきなし殴り込み、
Patti LaBelle
Nona Hendryx
Sarah Dash
1974年9月13日発売6作目アルバム「Nightbirds」よりカット8月3日発売、
作は”ザ・マジック”コンビ、ボブ・クルー師&ケニー・ノーラン師。
プロデュースはAllen Toussaint父さんとVicki Wickhamさん、
演奏は現地ミーターズ。
後世に残るは深い傷跡ぐっさりな名品ニュー・オリンズ珍獣ソウル100点。




1975年1月4日98位初登場、最高位1位。18週。
R&Bチャート1位。

唯一のヒットで、
1975年3月22日37位初登場、最高位17位飛び2週、5月17日45位まで通算9週。

♪Hey sister, go sister, soul sister, go sister


3-64
☆☆☆☆☆38. LOVE ME LOVE MY DOG - PETER SHELLEY
ラブ・ミー・ラブ・マイ・ドッグ ピーター・シェリー



https://youtu.be/v044SCWA4LA

「ジー・ベイビー」
http://rocksblog.seesaa.net/article/441883479.html
で自らヒット・デビューしたアルヴィン・スターダスト生みの親、ピーターさん第2弾最後ヒット、
もちプロデュースは自身。1974年同名デビュー・アルバムより。
作はクリフ・リチャード王子、ビリー・フューリー師と並ぶ英ロック初代御三家マーティー・ワイルド師との共作、
犬好き動物好きにはたまらん歌詞共々、犬モノに悪い曲はありません泣く96点。

2回目のヒットで、最後、
1975年3月22日38位初登場、最高位3位、5月24日37位まで通算10週。

♪Freedom is a dusty road heading to a highway


4-65
☆☆☆☆43. THE QUEEN OF 1964 - NEIL SEDAKA
クイーン・オブ・1964 ニール・セダカ



https://youtu.be/ugq_RiU6r-g

「雨に微笑みを」で凱旋ヒット達成のセダカさん、
1975年最新アルバム「Overnight Success」よりカムバックのきっかけを作ってくれた御礼英・独限定カットです、
作・プロデュースはNeil Sedaka, Robert Appereコンビ、
好調そのものの活き活きとしたラテン・フレイヴァー佳曲で92点。
「バッド・ブラッド」はこっちじゃヒットせずこれが最後になるのか。
例によって英国人の意地だ。

19回目のヒットで、
1975年3月22日43位初登場、最高位35位、4月19日44位まで通算5週。

♪Anyone who's played on a record date


5-66
☆☆☆☆☆44. MY MAN AND ME - LYNSEY DE PAUL
可愛い女 リンジー・ディ・ポール



https://youtu.be/vRzqoJK7Pc8


才能に相応しき成功を"No, Honestly"でようやく獲得のリンジーさん、
ユーミンさんの「紅雀」アルバムに対応する静の大傑作
1974年11月発売3作目アルバム「Taste Me... Don't Waste Me」よりカット2月21日発売、
作・プロデュースは自身。宇宙規模の儚さを醸し出すバカラック師流名曲です100点。

6回目のヒットで、単独ではこれが最後、
1975年3月22日44位初登場、最高位40位2週、4月12日48位まで通算4週。

♪My man and me we're close as anyone could ever be for two ooh


6-67
☆☆☆45. SING A HAPPY SONG - GEORGE MCCRAE
シング・ア・ハッピー・ソング ジョージ・マックレー



https://youtu.be/WINOSn1VBRQ

ミスター・ロック・ユア・ベイビー、マックレーさん、
本国ではヒット途絶えたあとも英では人気健在、
1975年2作目アルバム「George McCrae」から欧州限定シングル、
作・プロデュースはもちH.W. Casey, R. Finchコンビ。
正直、アルバム内曲をともかくカットで81点。

4回目のヒットで、
1975年3月22日45位初登場、最高位38位、4月12日47位まで通算4週。

♪Brothers and sisters sing a happy song


#299
#236
7-68
☆☆☆☆☆47. GOOD LOVIN' GONE BAD - BAD COMPANY
グッド・ラヴィン バッド・カンパニー



http://rocksblog.seesaa.net/article/284719543.html
https://youtu.be/q7yMgJSOksc


来ました、ロックとはなんぞや?と問われれば即座にこの曲だ
待望の1975年4月発売2作目アルバム「Straight Shooter」より1回目カット3月発売、
作はミック・ラルフス師、プロデュースはバドコ、
永遠の”ふんっ”と”どすこらせ”。ポール・ロジャース師の才を絞り尽くす大名曲の100点。

2回目のヒットで、
1975年3月22日47位初登場、最高位31位、4月26日44位まで通算6週。


1975年4月19日89位初登場、最高位36位。8週。

♪If I hear you knockin' hard upon my door, Ain't no way that

※※ロック名曲リスト入りです。

******

TOP3は

1.☆←2 BYE BYE BABY - BAY CITY ROLLERS -3wks /1wk No.1
2.←1 IF - TELLY SAVALAS -5wks /2wks No.1
3.☆←4 ONLY YOU CAN - FOX -6wks

ローラーズ、コジャックをやっぱ破りました。

************

以上

忘れじの人生最良の週です。

(山)2017.3.21

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

100 Hits: Rock

100 Hits: Soul

100 Hits: 70's

00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくす洋楽70’s全曲探検 のページ

資料

英語資料

.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.muzie.ne.jp/artist/a001909/

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.続きを読む(チャート全貌資料)
posted by 山 at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽70's全曲探検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ