2017年08月04日

レシピ:牛すじと牛モツと大根とニンジンとこんにゃくのみそ煮込みです

170804001.jpg

こんばんは まほです

今夜は牛すじと牛モツと大根とニンジンとこんにゃくのみそ煮込みです

材料 分量は2人分で

牛すじ肉120g190円

牛モツ(下味済み) 200g380円

だし汁300cc

酒大さじ3

大根4分の1本くらい

ニンジン半分くらい

長ねぎ10cm

調味料
 赤みそ40g
 しょうゆ大さじ1
 みりん小さじ2
 黒砂糖小1個
 おろしにんにく小さじ1/2

こんにゃく1枚65円

合計で635円くらいです

レシピ

1、鍋に牛すじ肉とかぶるくらいの水を入れて強火にかけひと煮立ちしたらザルに上げて流水でよく洗って一口大に切ります

2、1、の鍋をきれいにして牛すじ肉、モツを入れて、だし汁、酒を加えて煮立て、アクをすくって、ふたをして、やわらかくなるまで弱火で1時間〜1時間30分煮ます

3、大根とニンジンは皮をむいて1cmの厚さのいちょう切りにして、長ねぎは薄い小口切りにし、水にさらして水気を絞ります

4、2、に大根、ニンジン、切ったこんにゃくを加えてふたをしてさらに大根にやっと竹串が刺さるくらいまで15〜20分煮ます

5、ボウルに赤みそ、しょうゆ、みりん、砂糖、おろしにんにくを入れて煮汁適量を加えて溶き鍋に加えて落としぶたをし、煮汁が半量になるまで中火で20分くらい煮ます

8、器に盛って長ねぎをのせて、好みで七味唐辛子をふって完成です

牛すじと牛モツと大根とニンジンとこんにゃくのみそ煮込みです

まろやかなみそ味でご飯が進みます

柔らかな牛すじと牛モツと味の染み込んだ大根が

とても美味しかったです

.
posted by 山 at 20:01| Comment(0) | まほのRock'nクッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エヴリシング・マスト・ゴー / マニック・ストリート・プリーチャーズ 1996/7/22 EVERYTHING MUST GO - MANIC STREET PREACHERS



エヴリシング・マスト・ゴー
マニック・ストリート・プリーチャーズ
1996/7/22


♪ぎゃあぎゃあぎゃあぎゃあぎゃあぎゃあぎゃあぎゃあ♪

「例によってぎゃあぎゃあ騒いどるな。なんでだ?って聞かねばいかんですか?」



「にゃああああああ」

「聞いて、聞いて
だって。」



「きゅううううううん」

「聞いてよ、聞いてよ
だって。」



「みょん」

「聞いてくれなきゃコントができん
だって。」

「わんわん」

「騒いでる甲斐がない
だって。」

「だよな。なんか気の毒になってきたから訊いてやる。

なんでだ?」

「にゃ」

「なんでだっけ
だって。」

「きゅ」

「忘れた
だって。」

「わんわん」

「どーでもいいか
だって。」

「おまいらー!毎度ケダモノの分際で俺をからかいやがって・・・
許さん。」

「にゃ」

「ま許せ
だって。」

「きゅん」

「可愛いんだから許せ
だって。」

「わんわん」

「そゆこと
だって。」

「・・・・・。そうなの。ま、許すも許さんもやるのはやるんだからしゃあないな。


ひとしきりつきあってやったとこで



長いことお待たせいたしました。毎度おなじみ全力のレコ屋でござーい。
今日持ってまいりました全部売り尽くし大セールのお宝はああああ



エヴリシング・マスト・ゴー
EVERYTHING MUST GO
マニック・ストリート・プリーチャーズ
MANIC STREET PREACHERS




エヴリシング・マスト・ゴーてのは
文字通り
売り尽くしって意味です。」



「ご説明いたしましょう。」

「品揃えをか?」

「マニックス、帰還です。
悲嘆と苦悩と絶望のの百貨店たるバンドカラーを一手に引き受けた果て失踪、行方不明になった
バンドの作詞担当、ギタリストのリッチー・ジェームス・エドワーズ君無きあと
奈落の底から復活
1年半ぶり4作目アルバム



エヴリシング・マスト・ゴー
Everything Must Go


1996年5月20日発売。
そこより1回目カットの
これからの方針を皆様に示した
4月15日発売

ア・デザイン・フォー・ライフ
A DESIGN FOR LIFE

https://youtu.be/TfEoVxy7VDQ



英国チャート
16回目のヒットで、
1996年4月27日2位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/449345971.html
最高位2位。14週エントリー


ここまでのバンド史上最高位シングルとなるお許しをもってしばし
やうやう
2回目タイトルカット7月22日発売です



エヴリシング・マスト・ゴー
EVERYTHING MUST GO


全力出し特集ミニ・アルバム。

歌詞はずっとリッチー君の作詞に付き添って来た元々バンドの作詞担当だったベースのニッキー・ワイアー君。
作曲は今まで同様
ヴォーカル、ギターのジェームス・ディーン・ブラッドフィールド君と
ドラムのショーン・ムーア君。

プロデュースはMike Hedges師。
一回くらいの説明で彼亡き後みっともなく出て来たわけを尽くせるはずも無いと
馬鹿の上に大馬鹿がつく真面目っぷりで落とし前をつけるべく
超スペクター・サウンドで出陣。


英国チャート
17回目のヒットで、
1996年8月3日5位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/452344152.html
以後
18-(8/17)37-46-64-(9/7)72--
(9/28)85-92-85-(10/19)90位。
最高位5位。通算10週。

すべからくこの思い、世に届いたか?」



「届いたと思います。大方は。少なくともアタシは花束贈るわ。」



https://youtu.be/uU5trjpFus0






Shed some skin for the fear within
 はらわたに抱える恐怖に立ち向かい皮膚をむしり取らば

Is starting to hurt me with everything
 それがまるごと自分を傷つけることの始まりとなっている


Freed from the memory
 記憶から開放されて

Escape from our history,
 自分らの歴史から逃れるのだ

history
 歴史から



And I just hope that you can forgive us
 そして俺はただ願う
 アンタが俺らを許せることを
 
But everything must go
 だがどっちにせよ出せるものは出さねばならない


And if you need an explanation
 アンタが説明が欲しいとゆうのなら

Then everything must go
 その時は何もかもさらけ出せねばならない



I look to the future it makes me cry
 未来を見つめると泣けてきちまう

But it seems too real to tell you why
 だがアンタに理由を話すにはあまりにマジだろうが


Freed from the century
 あの時代から解放され

With nothing but memory,
 共に有るのは記憶だけ

memory
 記憶だよ



And I just hope that you can forgive us
 そして俺はただ願う
 アンタが俺らを許せることを
 
But everything must go
 だがどっちにせよ出せるものは出さねばならない


And if you need an explanation
 アンタが説明が欲しいとゆうのなら

Then everything must go
 その時は何もかもさらけ出せねばならない

あーあーあーあーあーーー

あーあーあーあーあーーー



Freed us eventually
 いつかは俺らは自由になる

just need to be happy,
 幸せにならねばならんがために

happy
 幸せに



And I just hope that you can forgive us
 そして俺はただ願う
 アンタが俺らを許せることを
 
But everything must go
 だがどっちにせよ出せるものは出さねばならない


And if you need an explanation
 アンタが説明が欲しいとゆうのなら

Then everything must go
 その時は何もかもさらけ出せねばならない



And I just hope that you can forgive us
 そして俺はただ願う
 アンタが俺らを許せることを
 
But everything must go
 だがどっちにせよ出せるものは出さねばならない



And if you need an explanation
 アンタが説明が欲しいとゆうのなら



explanation
 説明してくれと 



Then everything must go
 その時は何もかもさらけ出せねばならない





「苦悩は続いてるね。」

「そりゃまあ人間だから。いきなし立ち直って前向きにとか出来もしないこと無責任に言えんわな。」

「とにかく今出来ることは隠さず誤魔化さず全部出しますって。
だからこそ唄に説得力を持たせられます。」

「斜に構えるなんていたしません。かっこ悪くても。」

「そこで全部出しを証明するアルバム外の同時収録曲群です。」

「全部は訳せねえよおお。」

「おいちゃんの全部出しにはよる年波で限界があるね。」

「それでは〆の曲だけでもお願いします。」



2. Black Garden 4:28

https://youtu.be/cRn_zEC_UYM



3. Hanging On 3:07

https://youtu.be/owY8Dc8jc2E


4. No-one Knows What It's Like To Be Me 3:04

https://youtu.be/35oCU6F0xa8






To all the people who've hurt me
 俺を傷付けたすべての人々へ

To all the life that has left me
 俺を置き去りにした人生のすべてへ

To all the longing that lost me
 俺を惑わせた切望のすべてへ

To all the future that scares me
 俺をおののかせた未来のすべてへ


To all the words that have drained me
 俺をすっからかんにしやがった言葉のすべてへ

To all the questions that bored me
 俺を退屈にさせやがった質問のすべてへ

To all the people that believed me
 俺を信じてくれた人々すべてへ

To all the money that blinded me
 俺をメクラにした金全部へ



No one knows what it's like to be me
 俺がどうなってるかなんて誰も知りゃあしねえんだ

No one knows what it's like to be me
 俺がどうなってるかなんて誰も知りゃあしねえんだ




To all the skies that have reached for me
 俺に届いたすべての空へ

To all the oceans that drowned me
 俺を溺れさせたすべての海へ

To all the rain that has soothed me
 俺をなだめたすべての雨へ

To all the sun that depressed me
 俺をがっかりさせやがったすべての太陽へ




To all the people that lived in fear
 恐怖の中で生きているすべての人々へ

To all the life that is held so dear
 俺を大切にしてくれた人生のすべてへ

To all the empty souls who still despair
 まだ絶望してやがる空っぽの魂のすべてへ

I know it's the same for everyone
 わかってるさ
 誰にとっても同じことだって



No one knows what it's like to be me
 俺がどうなってるかなんて誰も知りゃあしねえんだ

No one knows what it's like to be me
 俺がどうなってるかなんて誰も知りゃあしねえんだ

Doctor and dentist, housewife and thief
 医者と歯医者、主婦に泥棒

No one knows what it's like to be me
 俺がどうなってるかなんて誰も知りゃあしねえんだああだあだあだあ



No one knows what it's like to be me
 俺がどうなってるかなんて誰も知りゃあしねえんだ

No one knows what it's like to be me
 俺がどうなってるかなんて誰も知りゃあしねえんだ

Doctor and dentist, housewife and thief
 医者と歯医者、主婦に泥棒

No one knows what it's like to be me
 俺がどうなってるかなんて誰も知りゃあしねえんだああだあだあだあだ



「つい弱音を吐いてるね。」

「だな。吐いてるな。」

「にんげんだものネ。」

「にんげんだもの。」

「みつを
だね。」

「みつをだ。」

(山)2017.8.4
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg





00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすマニックスのページ。

資料

資料(英版)

−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.

▲ページの先頭へ