2017年08月05日

マヨネーズコーンとウインナーのパンです

170805001.jpg

こんばんは まほです

今夜はマヨネーズコーンとウインナーのパンです

自家製パンの上にマヨネーズを塗りコーンをのせます

その上にウインナー&とろけるスライスチーズをのせて焼きました

ふんわりパンとまろやかマヨネーズコーンとウインナーが相性バッチリです

市販のパンにも似たようなものがありますが

うちで作った作りたてはめちゃくちゃ美味しいです

本当にとても美味しかったです


.
posted by 山 at 20:15| Comment(0) | まほのRock'nクッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラン・ジョーイ・ラン / デビッド・ゲッデス 1975/8/2 RUN JOEY RUN - David Geddes



ラン・ジョーイ・ラン
デビッド・ゲッデス
1975/8/2


ことの始まりはやはりヘレン・レディ嬢の「アンジー・ベイビー」、
歌謡曲黄金の70's、ヘソの1975年、
様々な珍奇な唄、多かりしなれどとりわけ時に出現し世を騒がしたるは
クリミナル・マインドな犯罪悲劇ソング。
話をば物語るですから多くは冗長になりがちでうまいことアンジーみたいな成果は上げられぬも
ここに極めつけ身もふたもないのが登場。


↑スペイン盤

ラン・ジョーイ・ラン
RUN JOEY RUN
デビッド・ゲッデス
David Geddes



↑スペイン盤裏

紛らわしいたらありゃしない違います
ブレッドのデヴィッド・ゲイツさんじゃありません。
本名David Cole Idemaさん、1950年7月1日ミシガン生まれ、
活動的で優しい姿の中に意欲と衝動の獅子座寄り蟹座。
カルト・バンドのThe Fredricのドラマーでヴォーカルさん、
1972年ミシガン大学に通ってるさいちゅう
ソロになって
David Idema名義でデビュー・シングル

House On Holly Road
https://youtu.be/PE5A0RS0m3k

ブッダからリリース。
特になんてこと無い半端歌謡でコケまして
音楽の道を諦めてデトロイトのウェイン州立大学の法学部に復学してたものの
1929年11月4日ニューヨークはブルックリン生まれ、慎重とプライドの蠍座

大ベテラン・プロデューサーで作曲家の
代表作はそーねーあのカフ・リンクスの
トレーシーとか

The Cufflinks - Tracy
https://youtu.be/Cwv8KNJ0VZg

そりゃすげえや

ポール・バンス師匠に彼とジャック・ペリコーン師が書いた曲を録音せよと急に呼び出されまして
とゆうのも
ペリコーン師、デビッドくんが在籍してたRock Gardenつバンドのアレンジをしたことがあり
友人の
バンス師匠、デビッドくんの初期録音を覚えてましてその声を思い出し
自分の新しい曲にピッタシの人材だと確信し探しに探して招集、
デビッドくん、ニューヨークに飛んで録音、
デトロイトにとんぼ返りして3年目法学部でお勉強してたら
数ヶ月後、そのラン・ジョーイ・ランが怒涛のヒット開始、
すわこの機を逃すまじと一学期通っただけで法学部退学、
音楽業界に復帰だ。

つわけで

作はPaul Vance & Jack Perriconeチーム、
プロデュースはPaul Vance師、

もしかしたらデビッドくんより目立ってるかもしれん
冒頭のジュリー役の歌声はポール・バンス師匠の娘さん、ポーラさん。


↑ドイツ盤

して
わしら日本人にとってこの曲を特別なものにしとるのは
ペリコーン師匠指揮のその怒涛のドラマチックアレンジ、
何故か決めフレーズに



いっぽんどっこの唄/水前寺清子
https://youtu.be/o_qAugK-u44


1966年11月発売、
作詞:星野哲郎さん、作曲:富侑栄さん(安藤実親の別名)、編曲:安田彫花さん

の演歌定番フレーズが登場。

これはいったい

奇妙なるシンクロニシティにユング曰くの民族集団潜在意識に胸踊り揺すぶられて


↑米盤

米国チャート
1975年8月2日78位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/452314125.html
以後
68-54-(8/23)37-23-19-9-7-5-(10/4)4-17-(10/18)32-(10/25)49位。
最高位4位。13週。
年間81位。


↑米盤

https://youtu.be/yYFKS3xxF3M




(Chorus- woman's voice)
Daddy please don't
 パパ、お願いやめて

It wasn't his fault
 彼のせいじゃなかったの

He means so much to me
 彼は私にとってすごく大切な人


Daddy please don't
 パパ、どうかやめて

We're gonna get married
 私たち結婚しようと決めてるの

Just you wait and see
 ただ見守ってちょうだい


Every night, the same old dream
 毎晩、お決まりの同じ夢

I hate to close my eyes
 目を閉じるのが怖いんだよ

I can't erase the memory
 記憶を消すことが出来ない

The sound of Julie's cry
 ジュリーの泣き叫ぶあの声が


She called me up, late that night
 彼女は僕に電話してきた
 あの夜遅く

She said,
 言ったんだ

"Joe, don't come over
 「ジョー、来ちゃダメ。

But Dad and I just had a fight
 パパと私、喧嘩しちゃって

And he stormed out the door!
 怒って飛び出して出て行っちゃったの。


I've never seen him act this way
 パパがあんな風にするの私、見たこと無い

My God, he's goin' crazy
 ああ、きっとおかしくなっちゃったんだわ

He said he's gonna make you pay
 言ってた
 貴方に責任、とらせてやるって

For what we done
 私たちがしでかしたことの

he's got a GUN!
 パパは銃を握ってた!

So run, Joey run, Joey run!"
 だから逃げて、ジョーイ、逃げて
 ジョーイ、逃げてちょうだい!。」


(Chorus- woman's voice)
Daddy please don't
 パパ、お願いやめて

It wasn't his fault
 彼のせいじゃなかったの

He means so much to me
 彼は私にとってすごく大切な人


Daddy please don't
 パパ、どうかやめて

We're gonna get married
 私たち結婚しようと決めてるの

Just you wait and see
 ただ見守ってちょうだい


Got in my car, and I drove like mad
 車に飛び乗って僕は無我夢中で走らせた

'Til I reached Julie's place
 ジュリーのとこに着くまで

She ran to me, with tear-filled eyes
 彼女は僕の所に駆け寄ってきた
 目にいっぱい涙をためて

And bruises on her face!
 彼女の顔にはぶたれた跡が!


All at once I saw him there
 その時だ突然、僕はそこに彼の姿を見た

Sneaking up behind me
 背後から忍び寄って来て

(Woman's voice:
Watch out!)
 「気をつけて!」

Then Julie yelled,
 そしてジュリーが叫んだ

"He's got a gun!"
 「パパは銃を持ってるわ!。」

And she stepped in front of me
 そしてジュリーは僕の前に立ちふさがった


Suddenly, a shot rang out
 突然、銃声が一発鳴り響いた

And I saw Julie falling!
 僕は見たんだ
 ジュリーの体が崩れ落ちるのを!

I ran to her, I held her close
 彼女に駆け寄って彼女の体を抱き寄せた

When I looked down, my hands were red
 見下ろせば僕の両手は血で真っ赤に染まっていた

And here's the last words Julie said...
 そしてこれがジュリーが言った最後の言葉・・・

(Woman's voice)

Daddy please don't
 パパ、お願いやめて

It wasn't his fault
 彼のせいじゃなかったの

He means so much to me
 彼は私にとってすごく大切な人


Daddy please don't
 パパ、どうかやめて

We're gon...na get... mar...ried......
  私たち結婚しようと・・決めてる・・の

  あーーーーー
  あーーー
  あーーーーー
  あーーー


Run, Joey run,
 逃げて、ジョーイ、逃げて

Joey run,
 ジョーイ、逃げて

Joey run,
 ジョーイ、逃げて

Joey run,
 ジョーイ、逃げて

Joey run,
 ジョーイ、逃げて

Joey ruuuuuunn!!!
 ジョーイ、逃げてちょうだい!




↑米盤B面、キャンディーズなスタイル

https://youtu.be/jMUo5gtVCrA

物語ソングでありながら2分55秒でまとめて

実に身も蓋もない結末で放置するは

米人にとって有る有るソングだったら実に恐ろしいで。

既にこの時点では時代遅れとなってますマッチョ男声スタイルの
デビッドくん、
実は次の曲もヒットしますに実は二発屋。

しかし
真の一発屋とは実は二発屋であるとゆうキャリアを指しますから

やはりラン・ジョイ・ランの方でござる。

(山)2017.8.5
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg



00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

資料(英版)

−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.

週刊◎馬小屋◎土曜版朝刊:信濃川特別〜さしすか


*週刊馬小屋は選びぬかれた馬と方法は秘密展開読みによるネット競馬新聞です*

信濃川特別
〜さしすか




−−−−−−−−−−−

印刷して買い目を記入するのに便利な今日の全レース時刻表は、
こちらで

−−−−−−−−−−−

おはようございます。
競馬負けてたまるか、馬小屋です。

今日の目玉は

新潟競馬場

ハンデ 芝2000m外1000万

信濃川特別。


心情ではレントラーとシンボリタピットでござんすが


こんだけ前付け好き馬が多いとねえ


さすがに差しすか。


となると

5/キセキと7/ゴールドエッセンスて線で決まっちまうとなるが

どうすかね。


※現在までの収支※

投入金額1936100円、
獲得賞金2336600円。
回収率121.0%↓

ロックな獲得馬券累計6368枚。
経験値7216980。LV721。


第944回
今日の資金回収レース予定

−−−−−
※平場※

別紙予定の中から・・・

−−−−−
※特別※

別紙予定の中から・・・

新潟競馬場
15:10発走
10R:ハンデ 芝2000m外1000万

信濃川特別

5-7+

☆10レントラーHC1584。熊沢J。

☆9シンボリタピットT1459。木幡巧J。


−−−−−
※メインレース※

札幌競馬場
15:25発走
11R:芝2600mオープン

札幌日経オープン

38.2SS

◎2デルマサリーチャンWM2396/38.6+35.1=73.7/1.0.0.2./1.0.1.2./3.0.1.22.。勝浦J。



小倉競馬場
15:35発走
11R:芝1200m1000万

九州スポーツ杯

33.8M

◎9ゼンノコリオリBTd1084/34.6+33.8=68.4/0.0.1.3./0.0.2.15./1.0.3.18.。太宰J。



新潟競馬場
15:45発走
11R:ハンデ ダ1200m1600万

越後S

見予定。



−−−−−

※最終レース※

札幌は?

小倉は?

新潟は8-9,14?

−−−−−


未定も他込みで資金獲得用勝負レース候補は
この中から



揺れるハート競馬の歌(馬の歌)揺れるハート

レディ・ラック/ロッド・スチュワート

プリティエスト・アイズ / ビューティフル・サウス


ラッキー・ユー/ライトニング・シーズ

ブル・イン・ザ・ヘザー/ソニック・ユース

いつもはこんな僕じゃない/ペット・ショップ・ボーイズ

どうってことないよ / スティヴン・スティルス/マナサス

買い目 / ジェリー・ガルシア

ライフ・オヴ・サプライジズ / プリファブ・スプラウト

ロング・ハード・クライム / ロン・デイヴィス

アゲインスト・ザ・ウインド / ボブ・シーガー

うつろな愛 / カーリー・サイモン

ロング・ショット(大穴)/スペシャルズ

ランニング・ライク・ザ・ウインド/マーシャル・タッカー・バンド

キャント・テイク・イット・ウィズ・ユー/オールマン・ブラザース・バンド

アリバイ/シン・リジィ

究極/イエス

ドゥ・イット・オア・ダイ/アトランタ・リズム・セクション

スイート・シーズンズ/キャロル・キングさん

見捨てられたサラブレッド/岡林信康氏

風の中の栗毛/松任谷由実氏

ワイルド・ホーセズ/ローリング・ストーンズ

ランニン・アウェイ/スライ&ザ・ファミリー・ストーン

ストレイト・オン/ハート


−−−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

http://www.muzie.ne.jp/artist/a001909/

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.覚書
posted by 山 at 08:42| Comment(0) | 週刊馬小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ