2008年09月24日

神秘/ピンク・フロイド 1968/6/29

0-080924-02.jpg

神秘
ピンク・フロイド
1968/6/29


うまい例えあるかいな。
あんたのバラードのヒット直後、ツイストから世良公則氏が抜けてしまったようなもんか。

例え悪過ぎー。

「棟梁がうっかり夜明けに口笛吹いてたら、何か変なもん見て、おかしくなっちゃったよー。狐にとりつかれたみたい。」

「どうすべ。」

「どうすべ。」

「もうバレちゃって俺たちもう終わりだって言われてるよ。」

0-080924-03.jpg

「困ったな。」

「困った。」

「俺は終わって無いよ。」

「俺も。」

「俺は始まったばかりだ。」

「とりあえずトラ探すべ。」

「お、それならいい奴知ってる。呼んでくっから。」

・・・・・

「ちわー、ギルモアです。どーかよろしく。」

「急なことで申し訳無いけどどーか頼むよ。」

「大船に乗ったつもりでいて下さい。」

「では、棟梁はいささかまともな時に唄ってもらっての、わしらは次につなげる光を求めて。」

0-080924-06.jpg



遠く遠く遠く、遥か遠く
人々は彼がのたまうのたまうことを聞きました
私は道を道を、見つけます
その日は、その日は来るでしょう
何かが為されるでしょうおおおお

そして果てには強靭なる大船が現れます
炎の一点を強襲します
ミドンホールにて人類との遭遇がなされたのだーー

今、今、今 今がその時、時、時
気付くべき べき べきいいいいい

カーターの父はそこでそれを見ました
そして彼に示されたそのルールを知った
ヘレワードの生きた魂はいまだ健在いいいい

おー、私の何か 私の目の中に中に
何かが空に空に
そこで私の為に待っていますううう

外部への鍵はゆっくりと後ずさりして転がってます
軍人はため息をついてしまったのを聞かれてしまいました
そこにてたゆたうローブを着て現れた
ルーシーは空にいたんだーーーー

おー、おー、君らは知っていたかね、かね?
絶対に彼らがせぬこと
そうですともーーー

彼のコズミック・パワーを振り絞りましょう
そして彼のつま先からわずかながら光が輝き始めます
彼のサイキック放射が飛翔するのです



「光を求めて」から

ピンク・フロイドの2作目アルバム、

神秘

1968年6月29日発

0-080924-07.jpg

は、始まります。

0-080924-05.jpg

何しろ見てはいけない恐ろしき素晴らしきものを見たシド・バレット棟梁の言霊を音楽にした
恐るべき1stの後ですから、
超えるべき壁は高層です。
その棟梁を見て、棟梁の見たものを掘り起こし、急遽我が物にせねばなりません。
せぬことが出来なければ、自ら壊れないように注意深く垣間見なければ。
その模様があまつところなく記録され・・・
ルーシーが空を飛んでます。
人懐っこい笑い顔で。

その上で、

「おめーら、よーうこの危機に対処して頑張った。ご褒美に好きなことをしてよろしい。
存分にやれやー。」

との、気のいい製作とっつぁん、ハリケーン・ノーマン・スミスおじさんの暖かいお言葉によって

「よっしゃ。この際、このあとはもー何しても皆様にご勘弁してもらうようなのをやっちまおぜ。」

B面1曲目「神秘」をやっちゃいました。

これでもう大丈夫。
そして、終章に、棟梁への畏敬を込めての

ジャグバンド・ブルース

誰もシド兄さんには、兄さんの音楽にはかないません。
しかしそれを
断ち切る。

ずば。

0-080924-09.jpg

(山)2008.9.24

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

神秘

A Saucerful of Secrets

00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

00000-3.jpg

Pink Floyd Let There Be More Light - 1968-02-24 Bouton Rouge
http://jp.youtube.com/watch?v=Jf5dJnIw5vA


Pink Floyd-Let There Be More Light
http://jp.youtube.com/watch?v=3bIFhVngzkg

Pink Floyd-Remember A Day
http://jp.youtube.com/watch?v=oXVsKuD2p94

pink floyd jugband blues
http://jp.youtube.com/watch?v=9nxGF5IRTHg

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ろっくすピンク・フロイドのページ

資料

英語資料

English Version

.
posted by 山 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | プログレシブ・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ