2009年04月13日

水戸黄門〜佐野浅夫さん編

競馬予想を始めるまでの週初にやってます、
書ける内に書いておきたいTVドラマ友達の輪っ!

水戸黄門
〜佐野浅夫さん編


刑事コロンボのパトリック・マグーハン氏と言えば、
佐野浅夫さん。
言わずと知れた水戸黄門三世です。
泣きの黄門様と言われ、優しかったすが、本来は始終不機嫌な頑固親父役の方で。

で、やたらドラマ・シリーズの冒頭で亡くなる役が多し。

紫頭巾の「江戸を斬る」では毎シリーズ、1回目に一匹狼の老岡引で登場し、単独行動で結局は悪に殺され、残された娘(ジュディ・オングさんとか)が女岡引となるのが定番でしたぜ。

他にも「渡る世間は鬼ばかり」の幸楽の初代店長。即葬式。
他にも「ふぞろいの林檎たち」の慎吾ちゃんの父ちゃん・・は違ったか。違うよ。さて誰だったでしょう?

しかるべく影が有り、人と折り合いが付けない役で、
それをそのまま水戸黄門でやれば・・・・
三倍は面白かったと思う今日この頃いかがおくらしですか?

で、佐野さん、調べたら横浜市保土ヶ谷区出身だって。
相鉄線の天王町駅近く。
私はそこに小学生の時、剣道道場に通ってました。
だからどうしたと言われればどうしただけんども。

水戸黄門お馴染みのシーン



↑これもまた万馬券ゲット時に欲しいアイテムでござる。
私腹を肥やして獲得したし。


資料


.
posted by 山 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ