2006年02月07日

Civilian / Gentle Giant 1980

01b1-1b3.jpg

Civilian
Gentle Giant
1980


*プログレ・ファンクの王者ジェントル・ジャイアント、
1980年のラスト・アルバム
「シビリアン」
です。70’sを通じて妥協無き塩辛音楽を続けて向かえた80’sにトドメを刺したかのようなこの盤で見事に解散したとゆう。現在CDでは77年の化け物ライブ盤プレイング・フールとのカップリングで入手可。これぞ最強の2in1だ。くんづほぐれつのけぞりの変拍子ファンク道を驀進して来た巨人軍はそのライブ・アルバムで頂点を為し、続くミッシング・ピース盤から一転真っ直ぐビートを見つめて来ました。あまりにもややこしい拍子でやり過ぎて今度は素直なビートがとてつも無く面白く変に見えたのかも。そりゃ売れようって気もあったとは思うけど。態度いささかも変わらずあまりにも真面目、熱血さんで。その果てがこのラスト。とんでも無いことになってる。真正面からNWな感覚と対峙、俺はこう見える。みたいな。これを称してPOPになった、堕落だと切り捨てるはあまりにも絵面だけを撫で見た所業です。どうしてそうやったんですか?と問われて、わかってるだろ、それには触れないでくれと苦笑いするのとは訳が違う。やっぱり大辛の音楽だ。

1.コンビニエンス(クリーンでイージー)
略してコンビニ(^0^)。80年にあったっけコンビニ。パンキッシュ高速8ビート・ナンバー。おお、ポリスだと感じる人もいるかも。ハリー・ポッターのハグリットちゃん03b2a4.jpgに激似になってしまった筋肉歌手デレク・シャルマン氏02b2a9b9.jpgのピー・ガブ似ボーカル、もう最初から臨界点。

プラスティック、プラスティック モダン道を激走すべし
シミュレーション、僕らのインスタントな日々に向かって
私にどうしろとゆうのだ 君がそれが気にくわないからと言っても
それは私のもの わからないのかい
コンビニ 全てがクリーンでイージー

正に来るべき21世紀への予言だ。その中で完全人力、マッスルなバンド、GGが発進。3分13秒。あっとゆうま。

2.一晩中
間髪入れず入るファンキー・ギター。クイのドラム。エア・ドラムしたくなること必須。多分シングル・カットしたんじゃないか。これだけ味わいが辛くなければ大ヒット間違いなし。哀愁のメロでサビの「おっ酢じゃなーい。」が無茶苦茶キャッチー酢。POP大好きならばやられる。嫌いな人は「私にどうしろとゆうのだ」。こんないい曲がよー。

3.シャドウズ・オン・ザ・ストリート
歌詞カードには「シャドウズ・イン・ザ・ストリート」、タイトル表記は「シャドウズ・オン・ザ・ストリート」。思わぬ油断にこの人たちでもこうゆうことがあるのかとニンマリ。イントロがジェネシスだぞー。せっかくジェネなのに歌はピーガブのデレクさんじゃ無いような。あまりにまんまになっちゃうからかな。そのジェネシスのこうゆう曲の一番素敵だったとこだけを凝縮してあっけなく終わる。

4.ナンバー・ワン
ナンバーワンと言えば、うどん04sub6.jpg。古より貧乏人の味方の激不味うどん。無論関係無し。ここではイエスに変身かGG。違うか。このサビの感触、確かにどっかで聴いたような。気付いた方教えて〜。このアルバム、共に激走して来た朋友バンドの音楽がこんなに素晴らしかったのだぞのオマージュにもなってると思う。パクリにはあらず。目が真剣です。

5.アンダーグランド
ここからLPではB面。このアンダーグラウンドはゴーイング・アンダーグランドのアンダーグラウンド。わかりやすいように冒頭で地下鉄がやって来ます。次は大手町〜。ファンキー・ハイパー・NWトラックだ。時速150kmの疾走感で下手すりゃ脱線寸前。このスピード感はルパート・ハイン氏の音楽に通ず。ジャケットの顔無し人々が早回しで動いてるとこ想像してください。キメの♪アンダアグラウンド♪のあまりにも決まってることと言ったら。直後の雪崩落とし変拍子に男の子の意地を見たり。ついやっちゃった。

6.僕はカメラ
パチパチ、はい撮りますよー。と前曲に続いてお得意の擬音攻撃。これが無くちゃ。再びハイパー・ポップ・ナンバーで。登りつめるリフの快感なこと。確かにGGです。無駄にはしない、獲得したかっこ良さ。これまた完璧なシングルなり。確かだ。

7.インサイド・アウト
確かだっていやあ、この盤って確かに70’sGGのインサイド・アウト盤。裏返しても向かうとこは同じ。ステディな8ビートのじっくりスロー。それでも食い掛かる素振りはいつも有り。その緊張感がたまりません。

8.イッツ・ナット・イマジネーション
最終のラストは行くとこまで行ったハイパー・ドライブで。ミッキー・カーティス似の鬼ドラマー、ジョン・ウェザース氏が嬉しそうな顔でぶっ叩いてる様子。やっぱりジョンさんがおったからこの音楽出来たのかと実感。凄いドライブ感です。
ラストはアナログ盤ではおまけ有り。あまりにハードボイルドな。CDではどうなっているのかな。

さてこれできっぱりさっぱり解散、ジェントル・ジャイアント。この先これ以上ハイパーしてたらどうなっていたか。そりゃもう聴きたかった。が、やっぱ最後の鬼の仕事って感じも。それだけの迫力。迫力有り過ぎるから売れないのは多分しゃあない。解散後の皆さんはそれぞれ音楽の道なり他の道なり、成功してる模様です。これだけのことを為した人たちですから。


生の巨人達、1974年のライブ映像です其一。

其ニ
↑すげー楽しそう。

(山)2006.2.7

でかいジャケットのページ

入手先参考(アマゾン)

試聴はこちらで



by Yama
BY AUTO TRANSLATION
SORRY,Mistranslation multi.


*It is gentle king Giant of the Progress funk, and "Civilian. " of the last album in 1980. It is this board and dissolution in splendor like piercing Todome to 70'80 that was able to be faced continuing the salted fish guts without the compromise through s music's. It is possible to obtain it with the coupling with the taking the shape thing live board Prang fool of 77 years in CD now. This is strongest 2in1. The kooky rhythm funk road of getting untied was watched, and Giants that went did the top with the live album, and watched changing radically the straight beat from the continuing missing peace board. Do it do too much by a too confusing rhythm, were there this time neither an obedient beat nor a rut, and did it look strange that it was interesting?Then, selling : though thinks the strike and having a mind. . in no change the attitude a little and seriousness and Mr. fiery spirit too. The outskirts are these last. It is not though it jumps. Satoru of ..NW.. Can and facing and I are seen from the front so. I do not want must to see. It is place industry that calls this and became POP that pats only the round-down picture side and thought that it is degeneration. Why did you do so?It is asked, and the translation is different in and it. smile a wry smile with no touchAfter all, it is music of large Cara.

1.Convenience(It is clean and easy. )
Convenience store for short (^0^). The convenience store in 80. Bread quiche high-speed eight beat number. Oh is there a person who feels that it is the police, too?It is Pe Gab resemblance vocal of the muscular singer Derek shaman who has become an excitement looking like, and already a critical point from the beginning in Harry Potter's Hagrit.

All convenience stores understand it mine by neither nor Kimi even if
it doesn't like it or are clean and the easiness of plastic and a
plastic modern road in me toward instant every day of the excitement
run simulation and us.

It is exactly a prophecy to the 21st approaching century. The band and GG start in that ..complete human strength and the muscle... It is 13 seconds of three minutes. .

2. All night long
Funky guitar that doesn't put hair among and enters. Drum of Ci. It is indispensable ..becoming... the air drumSingle perhapsIf tasting is not painful in the so much, it is none wrong of the smash hit. It is Mero of the sorrow and "ー . ..no S it.. ..saying.." of Sabi is confused obtaining vinegar. It ..loving POP.. is done. The hated person is "It is and in me. "Such good tune a ー.

3.Shadouz on Za street
"Shadouz Inn Za street" and the title mark are "Shadouz on Za street. " in the lyrics card. It is this person,, and Nimmari to unexpected carelessness. The introduction is Genesis ー. There must be a song in Derek of Pegab though it is Jene with great pains. The Japanese syllabary because it becomes untouched too much. It is ended to condense most wonderfully disappointing about the tune of the Genesis.

4.Number 1
The noodle if it is said the number 1. Poor person's ally's no excitement taste noodle from old. Of course, there is no relation. It is a transformation or GG here in Jesus. Do you differ?Do not listen ..feeling of this Sabi.. certainly somewhere. Noticed teaching of person。Running, and the excitement causes and thinks by me that the music of the Tomo band becomes the hommage of so wonderfully of both this album. It is not in Pacri. Eyes are serious.

5.Underground
It is B respect in LP from here. This underground is an underground in the going underground. The subway comes like being comprehensible in opening. Is the following Otemachi?。It is a funky hyper and NW track. In the dash feeling of 150km per hour immediately before the derailment of lower part. This speed feeling is ..Rupert Haing's music.. ..street... Hit person who doesn't have the face of the jacket is of ..earliness.. Mawa movement imagination. When saying that ♪ Andaagraund ♪ of Kime will be decided too much. Boy's obstinacy is seen a drop and an avalanche kooky rhythm. It has inadvertently done.

6.I am a camera.
Crackling, it yep takes it. Imitation sound attack of forte following the former tune. This is . ..it not is... Again in the hyper pop number. Pleasure of riff reached. It is certainly GG. Acquired parentheses good not wasted. It is this and perfectly a single. You can bet your boots.

7.Inside out
This , board is a certain inside out board of 70'sGG in the certainty. ..facing.. is the same even if it turns it inside out. Deliberately slowly of 8 ..steadiness.. beat. Still, there is always defied pretense. The tension doesn't collect.

8.Itts nut imagination
The final last : in the hyper drive where it goes and it goes to. The demon drummer and John Weathers of the Mickey Curtis resemblance seem to be and there be face Tata that seems to be glad. Because John pursud it after all, this music occurrence and it actually feels it. It is a terrible drive feeling.
Last is defeated and exists in an analog board. Too hard-boiled .How do it become it in CD?

This, and well, it is dissolution, and tidy clear gentle Giant. Future hyper any further. Then, I have already wanted to listen. However, feeling also too : the last demon's work. Power only of it. It is perhaps . that power having doesn't sell because it passes. You after it dissolves respectively are other roads, and seem to succeed the road of music. Because they are the people who did only this.
posted by 山 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | プログレシブ・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ