2006年02月15日

K-Scope / Phil Manzanerah 1978

0manza2.jpg

K-Scope
Phil Manzanera
1978


*マンザさんだ。1978年、クワイエット・サンを含めますと5作目のアルバム「K−スコープ」。枯れ井戸スコップと覚えてください。あまりよくないな。カレーだスプーンの方がいいかな。Kスコにしましょう。ジョン・スコみたいに。とゆうわけで所属バンド、ロクシー・ミュージックが休業中に年1作の割合できちんとお仕事をしたマンザさん。もうすぐロキシー再開、その直前の第1シリーズ最終作です。ピカチュウ・エノちゃんは今回も不参加。でもさ出ました豪華メンバー。僭越ながらご紹介させていただきます。まずは

ビル・マコーミック氏
0billma.jpg
・・・ベース担当。6曲で作曲を共にしました。マンザさんとは最初のバンド、クワイエットさんからの古いお付き合い。カンタベリー地区でマコーミックといやあ七味唐辛子のことで無くてビルさんです。

ジョン・ウェットン氏
0wetton.jpg
なかよし
・・・ご存知プログレ界に君臨するギャラ渡り鳥ゴリゴリベーシスト。1曲の作曲と2曲の歌を担当。この仕事とても銭になるとは思えませぬので、マジなお友達付き合い、音楽尊敬仲間の所以かと。それが証拠にその曲、5.ナンバーズでは思いの丈、あっちへ行ってこっちへ行ってどこにも辿り着けませんでしたみたいな曲をご披露。よく皆さん覚えた。

サイモン・フィリップス氏
0simonph.jpg
・・・普段は2本しか腕がありませぬが、いざドラムを叩き出すと8本に増える、ヤツは化け物かハイそうですのドラマーさん。参加アルバムはジュダス・プリーストからアート・ガーファンクル氏まで数限りなくあり。自由にやらせると腕がさらに16本に増えます。今回はマンザさんの仮面ライダーサングラス0manza9.jpgに睨まれて8本で持つ技のすべてを尽くす。

ポール・トンプソン氏
0paulthomp.jpg
・・・どう見ても温厚にしか見えません。ヒョウ柄衣装着せられて情け無い顔がとってもチャーミングなロキシー・ミュージックのドラマー。鬼の8ビーターです。6.のスロー・モーションTVをどうぞ。マンザさんと組むとズンドコ・ロクシーにしかならん。もちろん喜ぶのだ、その突進振りに。

ティム・フィン氏
0timfin.jpg
・・・所属バンド、スプリット・エンズをマンザさんにプロデュースしてもろたので一の子分になりました。メイン・ヴォーカルを担当です。その屈託無き歌いっぷりは弟にくりそつ。血統とは恐ろしいものです。なもんで、知らない80’sファンの人にこれはクラウデッド・ハウスの未発表モノだぞと言って知らぬ間にひきづりこむことも可能。

ニール・フィン氏
0neilfin.jpg
・・・弟です。バッキング・ヴォーカルでの参加。あまりに声が似ているのでどこで歌ってるかわかりませんリンリンランラン。0rinrin.jpg

メル・コリンズ氏
0mel.jpg
・・・英国ロックのアルバムでサックス担当率実に76.387%とゆう連対率を誇る方。マンザさんとは類は友を呼ぶ友達か。ですから9.のウエイティング・スルー・ザ・ヘブンズ・ドアでのああってウエットン氏が歌って、パラパラブロウとソプラノ・サックスで絡むとキング・クリムゾンになってしまいます。直後にもちろんそれは破壊されて火星に連れて行かれてしまう。

ロル・クリーム氏
0lol.jpg
・・・10ccのいぢわる担当のお一人。ギズモで参加。この当時ギズモをかわいがらせてくれるところならどこでも出掛けたとゆう。0gizmo.jpgお礼にコーラスも。つうのは冗談で、マンザさんとは同じ池球に住んでます。この地球の反対側にある池球。

ケヴィン・コドレイ氏
0kevin.jpg
・・・10ccのいぢわる担当のお一人。4.のホット・スポットでコーラスとハイ・ハイットを担当。ハイ・ハットっていったい(^0^)。確かにじゃんかじゃんか余計に鳴ってる。ちなみにこの曲はラブ・イズ・ドラッグのサウンドは俺が作ったとまたも主張のマンザさん意地曲。

お、時間だ。他の方々すみません。では主人公の
フィル・マンザネラさん
どうぞ

0manza6.jpg
一度愛器ファイアバードを奏でれば聴く人の魂を先ほど申した自分の星、池球に連れて行ってしまう方。キューバ出身ってのは世を欺く仮の生国なのだ。だいたいマンザネラって名前からして怪しい。満座の客席の前でネラをするってのか。ネラとは何なのか。ねぎたんの好物か。
0negi.jpg
何の因果かこの地球に出稼ぎに来ている訳ですが、今回のように一見普通のロックンロールやレゲエをやりますと余計あちらの星の人だってばれてしまいます。手の親指がきっとまっすぐに伸びないぞ。0inbade.jpgそれが証拠に最後の「ユー・アー・ヒア」、一人で全部やってるインストを聴いて下さい。こんな美しく妖しい音はこの地では生まれ得ないのだ。
いつか池球に帰ってしまわれるのだろうか。帰らないでー。

(山)2006.2.15

でかいジャケットのページ

入手先参考(ライダーだけにアマゾン)

試聴はこちらで

動くマンザさん、ウエットンさんの雄姿を見よう。ロクシーのアウト・オブ・ブルー。
きゃあエデーっ。




by Yama
BY AUTO TRANSLATION
SORRY,Mistranslation multi.


*It is Manza. It is album "K? scope" of the fifth work in 1978 when Cwaiet San is included. Please remember with the withering well shovel. Be so good. Is the spoon ..the curry it.. better?Let's make it to K Sco. Like John Sco. It is Manza who worked neatly while the belonging band and the Rocshe music in the appeasement disregarding are closing at the rate of one work a year. It is Rokishe restart, and the first series final work immediately before that soon. Pikachu Eno is nonparticipation this time. ..De.. gorgeous member. I will presumptuously introduce it. First of all,

Building MacCormick
ゥ・Base charge. Both were composed by six. Old association of the first band and Cwaiet Manza. It is Mr. building the Canterbury district, MacCormick, Shiti Agetou mustard, and without existing.

John Wetton
ゥ・Guarantee migrant Gorigoribashist that reigns over known Progress boundary. It takes charge of one composition and two songs. Is it friend association and music respect companion's Mage still reasons because it doesn't seem to become this work Sen?The tune as it was not able to reach evidence at last it anywhere by going the height of the desire and there in the tune and 5 Numbers and going here is announced. You remembered well.

Simon Philips
ゥ・The guy usually increases to eight Now if it begins to beat the drum, and is a taking the shape thing or Mr. drummer ..so high.. though there are only two arms. There are no several-limit participation album from Judas Priest to the art and Garfunkel. The number of arms increases to 16 further when it is made to do freely. Because it is stared by Manza's mask rider sunglasses this time, all of the technique that has it by eight are carried out.

Paul Thompson
ゥ・It is seen only it is in every respect gentle. Drummer of Rokishe music with very charming face leopard print clothes are dressed and without mercy. They are eight Betar of the demon. Slow motion TV of six please. It is . in Zndoco Rocshe when uniting it with Manza. It is of course pleased, and to the rush shake.

Mr. Tim fin
ゥ・Production was done to Manza the belonging band and split Enz and it became the follower of one by. It is charge of main Vorcal. The singing that not is ..careworn.. is in younger brother. Blood is frightened. It ..Crauded house.. is said that it will be unpublished of it and is possible while not knowing in the person of and 80's fan doesn't know ..this...

Mr. Nel fin
ゥ・It is younger brother. Participation with backing Vorcal. Because the voice looks like too much, it is a phosphorus phosphorus orchis orchis not to understand where to sing.

Mel Collins
ゥ・It boasts of 76.387% ream vs. rate to saxophone charge Ritsmino in the album of the Britain lock. Is Manza a friend where the kind calls the friend?Therefore, it becomes King Crimson when Uetton sings in the Ueiting through Za Hebnz door of nine, and it twines with pitter-pattered blowing out in the soprano saxophone. It is destroyed and, of course, taken to Mars immediately after.

Rol cream Mr.
ゥ・One of charge of 10cc. It participates by the gizmo. If it is a place where this gizmo at that time is cherished, it is going out anywhere. The chorus also : to the reward. Is a joke, and Manza lives in the same pond ball and is. Pond ball that is on the opposite side of this earth.

Mr. Kevin Codorei
ゥ・One of charge of 10cc. 4. It drinks and it takes charge of a chorus and high Hait in the hot spot. High hat cymbals are integral (^0^). It ..extra.. rings certainly. By the way, when I made the sound of the love Iz drug, this tune is Manza obstinacy tune of the insistence again.

It is time of ..putting.. ,. I'm sorry for other people. ..the hero's Fil Manzanera then.. please ..not doing...
If Iutswa Faiabard is played once, it takes it to the star and the pond ball of me who said the soul of the person who listens ahead. From Cuba is a temporary native country where the world is cheated. Even the name of Manzanera is roughly doubtful. It is in front of the seat of the whole assembly as for Nera. What is Nera?Is it a favorite dish of?Even the person in the star more there comes to light to work away from home in the earth of this ..what cause and effect.. when a seemingly usual rock'n'roll and reggae are done this time though it is a translation that has come. The thumb of the hand will surely not expand straight. Evidence..last..alone..all..do..Inn..strike..listen.Ot won't appear beautifully ..so.. on this ground.
Do you return to the pond ball some time?Return.
posted by 山 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | プログレシブ・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ