2009年12月13日

恋をしたみたい/マイケル・ジョンソン 1978/9/23



↑私製ジャケ私製邦題です。実在しません。

恋をしたみたい
マイケル・ジョンソン
1978/9/23


印象で”一発屋さん”のコーナーに入れてしもうて反省しております。
ほんまは三発屋さんでした、しかも必殺三発の・・・
その方はコロラドの石原裕次郎ボスことマイケル・ジョンソン氏。
2文字違いですのでかのマイケル・ジャクソン氏と混同して何が何だかわからなくなります
まるで違うキャラの方。
こちらは脱力スムースアルトヴォイス、踊りません。
そんな彼の全米第2弾ヒットシングル。
それが

恋をしたみたい
〜Almost Like Being in Love


あのそっと心に忍び寄る名曲”Bluer Than Blue”、最高位12位に続いて
同じく1stアルバム

”ザ・マイケル・ジョンソン・アルバム”



よりカット、1978年9月23日に7週目に37位で全米TOP40に初登場、
以後35-33-33-32位。最高位32位。
英国ではヒットせず。日本では・・・出たのかシングル?
が、
小ヒットと侮るなかれ。これが極上、たまらん逸品です。
あんなに夢中になってTOP40聴いてたのにねえ、すっかり忘れてたアッシが申すのも僭越ですが。
これは31年後に見事にハマりました。
それもそのはず。大好きなアトランタ・リズム・セクション調、夜のしじまにシジマールなのだ。
AORと申してもこないな品格をたたえたものはそうはありません。
で、
調べてみましたら仰天です。
オリジナルは1947年発でした。
Frederick Loewe氏作曲、Alan Jay Lerner氏作詞。
ミュージカルで1954年のジーン・ケリー氏主演映画
ブリガドーン〜Brigadoon”挿入歌。



勝手につけました邦題はその時のものです。

そのお話の内容は、

ニューヨークのビジネスマンであるケリー氏演ずるトミーが狩りのため、スコットランドに行ったら、
そこで100年に一度だけ出現するとゆう伝説の村、ブリガドーンに出会ってしまいました。
そこにてフィオーナとゆう娘と恋に落ちます。
が、仕事を捨てられずニューヨークに戻ることを決意・・・別れ。
しかし戻ってはみたものの、思いが募るはあの素晴らしい村、そしてフィオーナ。
でも今度その村がこの世に現れるのは100年後。絶望的。
それでもいてもたってもいられず、再びスコットランドを訪れると・・・
そこで待っていたのは・・・・


とゆう正にロマンティックな話で。
そこでのこの歌のヴァージョンは、そりゃミュージカルですから、どわーっと。

Brent Barrett & Rebecca Luker - Almost Like Being In Love
http://www.youtube.com/watch?v=2_yZpQJpcsg


全然違うじゃん。が、それも当然名演。

そしてこの歌は人々の心に焼き付かれ、数々の大物がカバーす。
エラ・フィッツジェラルドさん・・・・

Almost Like Being in Love - Ella Fitzgerald
http://www.youtube.com/watch?v=ux6-KcpjTF8

そしてフランク・シナトラ親分・・・・

Frank Sinatra - Almost Like Being In Love
http://www.youtube.com/watch?v=57rewsYsIHM


こうしてジャズ化してくると近くなって来る。
が、
それを一転、マイケルさん陣営はこうしてしまいました。



Michael Johnson - Almost Like Being in Love
http://www.youtube.com/watch?v=TADKyttc8KY




何とゆう夜であったことか
何とゆう稀にみる素敵なムード
それが理由・・
僕は恋をしてしまったみたいだ

僕の顔は笑みでいっぱい
全世界の人々にむかって
誓えるさ
僕は恋をしてしてしまった

どうやら音楽の息吹ってのはあるみたいだよ
僕のために鳴ってくれているベルみたいな

僕が感じてることって
これが現実だなんて信じられない
どうやら僕は恋をしてしまったみたいなんだ

サックス・ブロウ&ブロウ

どうやら音楽の息吹ってのはあるみたいだよ
僕のために鳴ってくれているベルみたいな

僕が感じてることって
これが現実だなんて信じられない
どうやら僕は恋をしてしまったみたいなんだ

何とゆう夜だ
何て素敵な

恋をしてしまった
 恋をしてしまった
恋をしてしまった
 恋をしてしまった
恋をしてしまったみたい
 恋をしてしまった・・・



うーん極上。
ハッピーな空気一転、夜のバーカウンター無口なバーテン相手。
叶わぬ恋に身をやつしてしもうた哀しい哀れな男の独り言ソングに。

見事な一撃じゃ。
これがカバー・マジックとゆうものか。

唸ってばかりの日曜日。

これはやはりどないしてもLPアルバムを見つけねばならぬな。
って
待つしかないんだけど。

百年に一度しか出なかったらどうしましょう。


↑ジュークボックス・シール

(山)2009.12.13

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

Then & Now

00000-2.jpg

ろっくす特製でかい画像ページ也。

00000-3.jpg

Edmundo Ros - It's Almost Like Being In Love - Brigadoon -
http://www.youtube.com/watch?v=X8fd4PXBeVs

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくす一発屋さんのページ

英語資料

English Version



−−−−−−−−−

ここでCM、失礼いたします。

ネットショップやっております

logo-mahog-s.jpg

現在、楽天オークションにて

冬の20%offバーゲン実施中!!

♪ミニミニソファ
(微粒子ビーズ使用キルト/フェイクファー仕上げ、女の子座り、正座用・TV枕、花見腰掛けにも)
出品中!


そしていよいよ総天然ポプリを発売しました。!
そしていえいミニミニソファ2個セットにはそのポプリをお試しに1個付けちゃったでい。


まずはご一見、よろしくお願い申し上げます。

*一部品切れの場合もあります。

.
posted by 山 at 08:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 一発屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この曲は、記憶にないけど
次のアルバムに収録され中ヒットした
”This Night Won't Last Forever”は
AORの王道をいく大好きな曲です。
「この夜の果てに」?なんて邦題が付いていたようだから
こっちはシングルカットされたのかしら?
Posted by moondreams at 2009年12月13日 09:21
わたしもまったく記憶にありませんでした。

>「この夜の果てに」?

コロラドの夜の4番バッターだったのでしょうか?
Posted by 山 at 2009年12月13日 18:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ