2011年06月05日

まぼろしの風/カンサス 1979/6/2 PEOPLE OF THE SOUTH WIND - Kansas (Kirshner)



まぼろしの風
カンサス
1979/6/2


今、再び降臨。
大作ライブアルバムにて自らの歴史に一旦ケリを付けた挙げ句、
それはロック・バンドにとっていつも変遷の機会。
ヤツらはいったいどんな形になって帰って来たのか。
時代はロックの春のどん詰まり、
ディスコの喧騒とパンクのツバキの汁をかいくぐりプログレハードの仇花が咲き誇る、
後進バンドの攻勢も鮮やかなる、その瞬間。
先陣を切って唯一売れるとゆう成功を勝ち得たただ一つのプログレハード、
いや米国プログレバンド

カンサス

が帰って来た。
ニュー・アルバム



モノリスの謎
Monolith




を引っさげて。
1979年5月発売。
さすればそれはもう

全然変わってないじゃん。
デビュー以来不眠不休で働きの、レコーディングに年がら年中ツアー。
好きこそそれの所以とは言え、稀なる成功者の責任を全うしてきた彼らは、
いささかも惑うこと無く再び好き放題やることで己の信を問うた。
たとえそれがどん詰まりにぶち当たるかもしれなくても。
たとえやっちまった曲が混ざっちゃったとしても
たとえ変拍子だらけ見渡してもヒットシングルになりそなものがなくても・・・
そりゃマズイ
1曲は目玉が無ければ



世の中をプログレに今再びまみれさすことが出来ん。

ギター、鍵盤兼務男、ケリー・リヴグレン氏



立つ。



懇親の一発



まぼろしの風
PEOPLE OF THE SOUTH WIND


歌えよ、アメリカンロック界において、
オーリアンズのラリー・ホッペン師と並び二大すっ飛び快感抜けヴォイス歌手と呼ばれた
ブルース・リー死亡遊戯白の衣装で撫で肩で他人様とは思えない
ちょいとへっぴり腰でカッコ悪いけど
ウォルシュ家の一員、
スティーヴ・ウォルシュ君、唄え!



http://youtu.be/xZz5TaNDrOU


PV
http://youtu.be/wveGtAQk6Ko




いまだ覚えてる連中もいる
俺達がやっていた事のすべてを

だが俺達の青春の日々は数えるほどしかなく
そしてそれを生き延びたヤツはわずかだけ

おー
俺はまだその笑顔を心で見ることが出来る
時代がとても良かったあの時
おー
古き馴染みの場所ぜんぶに
出来ることなら俺は戻りたい

南風の人々

 南風の人々に

南風の人々に

 南風の人々に

へい

俺はまたそこに帰らねばならない

それは南風の人々

 南風の人々に

そう、音楽に向き合うってのは難しいこと
だがそれは誰でもがせねばならないこと

それなら俺はいつだって思い出したいものだ
俺達が切り抜けなければならなかったあの狂った時代のすべて

今では
それはゆっくりと薄れていく夢になってしまった
俺はそれが行ってしまうのは嫌だ

記憶はすべからくこの手から逃れていってしまう
俺はお前に知っていてほしい

それは
いえい
南風の人々

それは
 南風の人々なんだ

おうお
それは南風の人々

俺はまたそこに帰らねばならない

 南風の人々

ギタア

おーおーおーおー

今や我らはすべての大海を越えて旅してきた
そして見るべきものは見てきた

だが俺は思う
それは求むべき解決では無いと
何故ならそれは俺にとって全部ほとんど同じことなのだ

今、
俺は振り返り、それが俺を惑わせる
何で俺達はちゃんと見ることが出来なかったのか?

我らがそこで戦えし、そして勝ち得た戦いのすべて
そして俺は望む
共にいることが出来たなら

南風の人々と

いえい
南風の人々と
 南風の人々と


 南風の人々と
俺はまた彼らと会いたい
 南風の人々と

 南風の人々と
それは我らが自由で在り得た場所
  南風の人々と

 南風の人々
そしてそこは俺の土地なのだ
 南風の人々

 南風の人々
いえい
それこそが俺の心の叫び
 南風の人々
見つけるのがとても難しいものなんだ



何とこれが
へたすりゃホンキートンキーな
カンサス史上最もポップで完璧なもんになっちまってるで。
ガチなプログレ者派のカンサス・ファンには、いたって評判悪しものらしい。

それを言っちゃあ贅沢ってもん。
それを言っちゃあカンサスてのは、そのキャッチーなりしとこが魅力やんけ。
しかも
その歌の内容は、
自ら求心し続けた海洋大海原プログレへの愛と希求の物語で、
その旅は楽しくも厳しい

共に歩みたもう宣言なのであります。



通算11枚目のシングル、4回目の全米TOP40ヒット、
風シリーズ第三弾として
1979年6月2日に74位初登場、
以後58-46-39(6/23)-33-30-28-26-24-23(8/4)-37-94位。
最高位23位。

我が国でも

すべては風の中に

に続き2枚だけのチャートヒットの最後として
1979年9月9日に33位で初登場、
以後26-33-30-33位。
最高位26位。

舵を切り替えしこれより再び荒波の航海へ旅立つ
その一歩でもありました。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

(山)2011.6.5

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

Monolith

モノリスの謎

モノリスの謎(紙ジャケット仕様)

伝承

00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすカンサスのページ

資料

資料(英版)

English Version

.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
当ブログ記事への、
楽天キャッシュ
https://point.rakuten.co.jp/Top/TopDisplayCash/
または
Amazonギフト券(Eメールタイプ)
での、
おひねりをば頂ければこれ幸いです。
宛先メルアドは

rocksp@jcom.home.ne.jp

にて。
↓下記バナー内上左より



金額はお心次第、いかほどでも。
いただいたおこころざしは、歓びこの上なく、遠慮無く使わさせていただき、
勇気百倍、毒千倍、
また一日暴れさせていただきます。
よろしくお願い申し上げ奉ります。

日刊ろっくす ヤマ & まほ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

楽天オークションに出品してます。

logo-mahog-s.jpg

まほさん手作りエコトートバッグとお宝ロック本をどうぞ。

♪取り扱い品目はコチラで♪


.
.


Kansas
People of the South Wind lyrics


There are some who can still remember.
All the things that we used to do.
But the days of our youth were numbered.
And the ones who survive it are few.
Oh, I can still see the smiling faces.
When the times were so good.
All in the old familiar places.
I'd go back if I could.
(to the).

People of the south wind, people of the southern wind.
It's the people of the wind, I got to be there again.

Well, it's a hard thing to face the music.
But it's something everybody has got to do.
So I hope that I can always remember.
All the crazy times we had to go through.
Now it's a dream that is slowly fading.
And I don't want it to go.
All of the memories are evading.
And I want you to know.
(it's the).

People of the south wind, people of the southern wind.
It's the people of the wind, I got to be there again.

Now we've traveled all across the oceans.
And we've seen what there is to see.
But I guess it's not the proper solution.
Cause it's all about the same to me.
Now I look back and it makes me wonder.
Why we just couldn't see.
All of the battles we fought and won there.
And I wish that I could be with the.

People of the wind.
I want to see 'em again.
It's where we used to be free.
And that's the place for me.
It's just a state of my mind.
A thing that's so hard to find.


.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ