2012年07月13日

スペシャルA.K.Aライブ/スペシャルズ 1980/1/11 The Specials - Too Much Too Young (The Special AKA Live! EP)



スペシャルA.K.Aライブ
スペシャルズ
1980/1/11


♪おらーっ!てめえらっ!いいかっ!!おらおらー!!♪

「アンタはミスター若松か。近いんだから拡声器はいらないよ。」

「うるせー!てめえ!覚悟は出来てるかってんだ、おらあ!」

「はいはい出来てます。何でもいいから早くおやり。」

「あ、出来てましたか。そですか。それなら早速。



えー長らく〜お待たせいたしました。
毎度おなじみ踊ってアジるレコ屋でござーい。
おらあ。
今日やるのは祭だ。スカ祭。これでやるのだ。



スペシャルA.K.Aライブ
Too Much Too Young (The Special AKA Live! EP)




スペシャルズ
The Specials




1980年1月11日緊急発売。



きーきーがーがー。」

「やかましー!」

「いかん。中古で買ったらこの拡声器め、やたらハウリやがる。」

「使わなくてもおいちゃん、大声だから聞こえるよ。」

「だね。
では地声で。

スペシャルズ!

元の名前はオートマチックス。
とあるギグで同じ名前のバンドが有るってんで力関係で急遽名前を変えなきゃあかんと
ひねり出したは
The Special AKA
”特別出演”
転じて
スペシャルズ。
ジャマイカのスカをパンク精神でかっ飛ばしてセンセーショナルにシーンに登場。
1979年5月4日にシングル”ギャングスターズ”でデビュー、英国チャート最高位6位!
10月にはあのエルヴィス・コステロおっさんをプロデュースに1stアルバム発売。
英アルバム・チャート最高位4位。
大評判!!

連中は満足せんかった。
コステロおじさんてば生のスペシャルズをいかんなく閉じ込めた名盤にものしたものの
バンドにとってはあの糞親父てば何にもせんかったじゃねえか。
何にもしねえで狭いスタジオで録音したようなんをレコードにすんなら
ライヴをレコにした方がよっぽどええやないけーー!
と吠えまくって急遽5曲入りEPで発売です。
これが俺らの仕切り直しの1stじゃい。
とばかりにやりやがったら
1980年1月26日には速攻英国チャート15位初登場、
以後(2/2)1-1-2-4-13-21-48-64-(3/29)71位。
やったぜ初の1位獲得しかも2週。
しかあし
わかるか?」

「何を?」

「この1位獲得はスペシャルズの力だけじゃなーい!!。」

「ファンの方々の御支援の賜物でしょ。」

「そりゃそうだが。
それプラスこのEPには英国人のあの日のスカに対する愛情がたっぷし詰まっていたからなのであった。

一挙に聞きながら同時にお伝えいたします僭越ながらこの不肖私めがうが。

http://youtu.be/Iu6VzNalclQ




Side A

1. "Too Much Too Young" (Jerry Dammers, Lloyd Chalmers) - 2:04
トゥ・マッチ・トゥ・ヤング






あまりにも若すぎた

お前はあまりにもやらかした
あまりにもの若気の至り
お前は俺と楽しめた時に結婚して子持ち

〜オーノーノ、私はもう赤ちゃんなんか欲しくないわ

お前はあまりにもやらかした
あまりにもの若気の至り
今、結婚して息子と一緒
俺と楽しんでなきゃいけねえ時に

〜アタシたち、もう欲しくない、欲しくない
欲しくないぜ赤ちゃんなんか

ガキは可愛いんかい?
いいんや、そうじゃねえだろ
ヤツはただのもう一つ増えちまう扶養者
社会保険上でのな

お前はあまりにもやらかした
あまりにもの若気の至り
お前は俺と楽しめた時に結婚して子持ち

〜ノー、欲しくない、ノー、欲しくない
ノー、欲しくないわもう赤ちゃんなんか
のーのーのー

俺を物も知らない青二才と言えばいい
俺を建前常識野郎と言えばいいんだ
俺はお前の薔薇でいっぱいのベッドの肥やしになりてえもんだ
金持ちになんかにはなりたくねえ
有名人になんかなりたくねえ
だが俺はマジでなりたくないのはお前と同じ名前になること

お前はアーホーやもう

ギタア

お前はあまりにもやらかした
あまりにもの若気の至り
お前は俺と楽しめた時に結婚して子持ち

避妊するのだ
俺たちゃあかんぼなんか欲しくない
オーノーノーノー

お前はあまりにもやらかした
あまりにもの若気の至り
今、お前は料理道具に鎖でつながれてる
お茶のために干しぶどうパンを作ってやがる

〜オーノーノ、私、もう赤ちゃん欲しくないわ

お前には飢えている百万の民の声が聞こえねえのか
お前には産児制限の声が聞こえねえのか
お前はマジで不妊注射をするんだ
人口爆発をコントロールせにゃあかん

それはお前のリビングルーム内のこと!

世代断絶をキープせよ!

帽子をかぶることこぐらいしろ!



「pickniって何?」

「それが問題。えらい解釈に悶えただ。まあ子供とか女とか友だちとか色んな意味があるらしいが
ここでは”赤ん坊”って意味としました。」

「帽子をかぶるって何?」

「ええええとおお

Try wearing a cap!.

てのはつまり近藤さんだな。」

「近藤さん?」

「明るい家庭計画、薄くて丈夫だよ。ええい、お前みたいなガキにはわからーん。
つまりだ
片思いしていたオナゴが若い身空でヤンキー妻になりおってあっと言う間に子持ちになっちまったもんで
嫉妬してる男が、人口問題とかを持ち出してイチャモンつけてるんだがや。」

「随分とまあ器の小さい野郎だこと。」

「新しいスカ世界はカッコつけないんだよ。みっともない様をさらしてそれが共感を呼ぶのだ。
しかしこれには実はオリジナルの曲が有った。
1970年のジャマイカはロイド・チャーマーズ、またの名をロイド・テレル氏の歌、



バース・コントロール

ジャマイカにおける貧乏人の子沢山問題を鋭く突いた問題作。

Birth Control
Lloyd Terell

http://youtu.be/I_owFgQjXNU


これだ。」

「まあ呑気。」

「あんまりシビアにやるとキツすぎるからな。
それに反してスペシャルズのは棟梁ジェリー・ダマーズ氏は見事に補作、新メロと歌詞で見事にネオ・スカの誕生を宣言せし。
みっともない内容に反してビートはガチンコだぞ。パンクより切れのあるロックな8ビート。
ドラムのチューニングはジャマイカ仕様のカーンとしてまま、ギタアはブルーノートで弾きまくり。
背筋がピンと伸びる。
敬愛する先達への経緯と愛情と、今英国での問題をポケーッと踊ってるガキどもに突き詰めたのだ。」

2. "Guns of Navarone" (Dimitri Tiomkin, Webster) - 2:25
ナバロンの要塞





ナバロンの要塞

要塞、ナバロンの要塞

音楽、そしてお前は歌を唄う、お前はせねばならん
なんたらかんたら

弱っちまいそうになったらジャングル・ジャイヴをビートすんのだ
これは”サメ攻撃”と呼ぶのだ
お前らを興奮させるように出来ておる
俺をラーガ気狂いと呼んでくれ
それはお前らをすぐにでも興奮させるんだぞ
ナバロンの要塞、お前に見せてやる
俺は言えるぞ
なんたらかんたら
ナバロンの要塞
ちきどんちこどんちこどん
1キロ、港に停泊中にサメを送ってやる
カモンイン
よっしゃ、吹いてくれ、ミスター・リコ、吹いてくれ

さまださまださまだ

よっしゃ

カモンイン

音楽のヴァイブレーション・サウンドが国を揺らしている
俺らは明日の騒音になるのだ
尻ふりふり
尻ふりふりベイビイ、ママは止めやしない
お前はまたナチの数ほどのベビーブームが欲しいのか
尻をふれ今こそその時
お別れだ
現実生活と
ベイビイ、そいつのことは忘れるなよ
水曜だ
いくらか送ってくれや



「わ、僕、知ってるこの曲。こないだ水曜ロードショーで見たよ。
イギリスの冒険作家、アリステア・マクリーンの名作小説を1961年に映画化、
グレゴリー・ペック、かっこよかったなあ。
アンソニー・クインてば中村主水だったなあ。
それのテーマ曲でしょ。



http://youtu.be/Wq7GBwWom5s

歌入り。」

「お前、スーパー幼稚園児だな・・・・
そうだよ。そのとおし。
実は
スカの世界では映画共にこの曲のカバーは聖典となっております。
元祖スカ・オーケストラこと



スカタライツの名演で。



Skatalites
Guns Of Navarone




http://youtu.be/50EMaK__D0A


英国チャートでも1967年4月22日に42位初登場、
以後38-38-36-41-50位、6週エントリーのスマッシュ・ヒット!これ一発ヒット!!
そをスペシャルズがやるは当然のトリビュート、
しかもミソは、バンドのメンバーにはそのスカタライツのトロンボニスト、
リコ・ロドリゲス師匠を迎えてます。
憧れのご本人迎えてさぞかし嬉しかったでことよ。
一本で再現は失礼且つキツいだろうとこの曲に限って英国人フリューゲルホルンのディック・カッセル氏が助っ人で参加だ。」

「スピードアップしてるけどほぼオリジナルに忠実だ。」

「だ。で、ここまでがロンドン某所にての実況録音。」


Side B

1. "Long Shot Kick De Bucket" (George Agard, Sydney Crooks, Jackie Robinson) - 3:10
ロング・ショット



何と悲しや泣いてます
カマナス競馬場でクソまみれ

何と悲しや泣いてます
カマナス競馬場でクソまみれ

大穴、ヤツは沈没

大穴、ヤツは沈没

来い来い最初のレース
どんどん引き離せどんどん

来い来い最初のレース
どんどん引き離せどんどん

で、大穴、ヤツは沈没

大穴、ヤツは沈没

ヒンヒン、ヒンヒン、廻ってる

だがアイツらはレースをモノに出来なかった

ヒンヒン、ヒンヒン、廻ってる

だがアイツらはレースをモノに出来なかった

大穴、ヤツは沈没

大穴、ヤツは沈没

何と悲しや泣いてます
カマナス競馬場でクソまみれ

何と悲しや泣いてます
カマナス競馬場でクソまみれ

大穴パア

大穴パア

俺の有り金地獄行き

俺の有り金地獄行き

大穴、ヤツは死んだ

大穴、ヤツは死んだ

大穴、ヤツは死んだ

大穴、死んだ

スターブライト、コンバット、コラゾン
大穴はその後ろに控えてる

スターブライト、コンバット、コラゾン
大穴はその後ろに控えてる

コンバット沈没
大穴沈没
俺の金は地獄行き
俺の有り金地獄行き

大穴、ヤツは沈没

大穴、ヤツは沈没

大穴、ヤツは沈没

大穴、ヤツは沈没

大穴、沈没

大穴、沈没



「競馬の歌かい。」

「えーここからは題して

SKINHEAD SYMPHONY
スキンヘッド交響曲


とな、息をもつかせぬメドレーでおおくりします。
一発目はオリジナルが
ジャメイカの名門コーラス・グループ、
その名も
パイオニアーズの1969年ヒットより。



10月18日に英チャート43位初登場、
以後32-23-25-21-24-27-35-44-(12/20)45--(1970/1/10)40位。
最高位21位!



http://youtu.be/nyeG5Vp5j00


これが一回目のヒット!!」

「わはは、レース開始のファンファーレ入り。」



「はい。ジャメイカで一つしか無い競馬場、キャマラス・パークでの悲劇を歌いあげております。
貧乏人の大穴狙い。辛いねえ。たいていスるやねえ。
その思いを、えらく難儀しましたが日本語化してみました。多少ちゃうかもしれんがご勘弁。」

「明日と明後日、おいちゃんにも身にしみる歌だね。」

「るさい。ワシは当てるぞ。間違いない。
ワシには無縁だが、競馬といえば本場はイギリス。ウケたのにも合点がいきます。」



2. "The Liquidator" (Harry Johnson) - 1:15
ザ・リクイデイター

「名曲登場です。初期レゲエのインスト・ヒットと言ったらイギリスではこれだ。
ハリー・ジョンソン社長率いるハリーJレコードのハリーJオールスターズがお届けします



ファンキー&グルーヴィン。
イントロはあの米国はスタックス・ソウルのステイプル・シンガーズが72年ヒット”I'll Take You There”で使用してこれまた大ヒットしたことでも有名、



英国チャート1969年10月25日36位初登場、
以後31-24-17-17-9-13-13-11-16-16-10-17-15-17-20-25-35-41-(1970/3/7)45位。
最高位11位。



http://youtu.be/GEt7PtNz6_o


20週エントリー。」

「呑気でいいねえ。で、ザ・リクイデイターってどうゆう意味?」

「破産管財人とか計画的殺人犯って意味。」

「こわ。」

3. "Skinhead Moonstomp" (Roy Ellis, Monty Naysmith) - 2:11
スキンヘッド・ムーンストンプ



俺はお前らスキンヘッズにお前らの足で立ち上がって貰いたいのだ
共にズボン吊りを引っ張りあげてお前らのブーツで
俺にそのオンボロのムーンストンプをくれ
用意はいいか?
踏み出すのだ!

いえいえいえいえー、いえーいえーいえーいえーいえー
いえいえいえいえー、いえーいえーいえーいえーいえー
いえいえいえいえー、いえーいえーいえーいえーいえー
ほんじゃほんじゃがんばろう
いえいえいえいえー、いえーいえーいえーいえーいえー
いけいけ踏ん張ろう
いえいえいえいえー、いえーいえーいえーいえーいえー
これがニューダンスだ
いえいえいえいえー、いえーいえーいえーいえーいえー
とかなんとか
いえいえいえいえー、いえーいえーいえーいえーいえー



「最後にお届けいたすは極めつけのいわく在り。
オリジナルは69年リリース、英チャート1970年1月17日に49位と一週だけエントリーした
ジャマイカはデリック・モーガン氏の”ムーン・ホップ”



Derrick Morgan Moon Hop



http://youtu.be/tVNBX8gWmHs


69年といえば”人類月面に立つ”の年ですから。

”これは新ダンスだ。カンガルーみたいに。ジャンプ!!”

って歌ってます。

それを速攻カバーしたのが
英国史上初の白人レゲエ・スカ・バンドの



シマリップ。

「そんな方々、いたのですか!」

「いたんだよ。これが。スキンヘッドとは世間が面白くねえやの若い奴らの集団。
ムカツイてる表明で頭を剃り上げてます。長髪にもムカツイてるんで。
お洒落なモッズにもムカツイてる。
後に極右化した連中もおったが、元は貧乏学生皆兄弟、白も黒も兄弟主義。
そこから唯一誕生のシマリップは何と逆輸入でジャマイカのレコード会社からも出したのだ。
時は1970年。本国ではチャート入りせず。



Symarip Skinhead Moonstomp



http://youtu.be/xHDBn7TL4JM


このスペシャルズのEPで陽の目を見た後、再発されて
1980年2月2日に58位初登場、
以後54-69位となったぞ。」

「スペシャルズのはそのシマリップのヴァージョンをカバーしてるですね。」

「おう何より直接の先輩だ。

これにてスキンヘッド交響曲は大団円。
録音は地元コヴェントリーのティファニーズ。」

「あ、ちょっと気付いたんだけど。」

「何ですか。」

「カバーしてるスカとレゲエはみんな69年と70年モノですね。」

「そうです。それはな。棟梁のジェリー・ダマーズ君は1955年生まれ。
70年その時15歳だ。青春真っ盛り、一生で一番音楽が感じる歳では無いか。
ワシにはその時の音楽への愛情が痛いほどわかるぞ。
お前さんもあと10年すればわかる。
楽しみに待ってなさい。」

「はい。」

(山)2012.07.13

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

SPECIALS,THE/STEREO-

ベスト・オブ・スペシャルズ(DVD付)

Guns of Navarone

Liquidator

Top the Pop

Skinhead Moonstomp (Dlx)

00000-2.jpg

ろっくす特製でかい画像ページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくす2TONEのページ

資料

資料(英版)

English Here
.
−−−−−−−−−−−−−−−−−

当ブログ記事への、
楽天キャッシュ
https://point.rakuten.co.jp/Top/TopDisplayCash/
または
Amazonギフト券(Eメールタイプ)
での、
おひねりをば頂ければこれ幸いです。
宛先メルアドは

rocksp@jcom.home.ne.jp

にて。
↓下記バナー内上左より



金額はお心次第、いかほどでも。

日刊ろっくす ヤマ & まほ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

楽天オークションに出品してます。

logo-mahog-s.jpg

まほさん手作りエコトートバッグとお宝ロック本をどうぞ。

♪取り扱い品目はコチラで♪


..


Too Much Too Young

You've done too much.
Much too young.
Now you're married with a kid.
When you could be having fun with me.

Oh no, no gimme no more pickni.

You've done too much.
Much too young.
Now you're married with a son.
When you should be having fun with me.

We don't want, we don't want.
We don't want no more pickni.

Ain't he cute?.
No he ain't.
He's just another burden.
On the welfare state.

You've done too much.
Much too young.
Now you're married with a kid.
When you could be having fun with me.

No gimme, no gimme.
No gimme no more pickni.

Call me immature.
Call me a poser.
I'd love to spread manure in your bed of roses.
Don't want to be rich.
Don't want to be famous.
But I'd really hate to have the same name as you.
(You silly moo).

You've done too much.
Much too young.
Now you're married with a kid.
When you could be having fun with me.

Gi we de birth control.
we no want no pickni.

You've done too much.
Much too young.
Now you're chained to the cooker.
Making currant buns for tea.

Oh no, no gimme no more pickni.

Ain't you heard of the starving millions.
Ain't you heard of contraception.
Do you really a program of sterilization.
Take control of the population boom.
It's in your living room.
Keep a generation gap.
Try wearing a cap!.

*************

Guns of Navarone.
Guns, guns of Navarone.
Music and your singing a song, you've got to go...
??????????.
As long as you wane beat the jungle jive.
this is called "The Shark Attack".
Designed to blow your mind.
Call me a raga bum.
it's gonna blow your mind in a minute.
Guns of Navarone, lets see you...
I could tell you??????????
Guns of Navarone.
One kilo, send shark in harbour.
Alright, blow, Mister Rico, blow.

Alright.

Come on in.
Musical vibrations sound is shaking the nation.
We will become the noise of tomorrow.
Shake it up.
Shake it baby, mamma don't break it.
You want another Nazi number baby boomer, shake it now or never.
Separation, real life.
Baby don't forget about that.
Wednesday, send some.

*****************

Longshot Kick de Bucket

What a weepin' and wailin' dung a Caymanas park.
What a weepin' and wailin' dung a Caymanas park.
Long Shot - him kick de bucket.
Long Shot kick de bucket.


Get up, get up in the first race.
and them pull up the pace.
Get up, get up in the first race.
and them pull up the pace.
and Long Shot - him kick de bucket.
Long Shot kick de bucket.
Them wail, them wail, them reel.
but they couldn't take the trail.
Them wail, them wail, them reel.
but they couldn't take the trail.
and Long Shot - him kick de bucket.
Long Shot kick de bucket.
It was Starbright, Combat, Corazon Long Shot on the rear.
It was Starbright, Combat, Corazon Long Shot on the rear
Combat fell, Long Shot fell all we money gone a hell.
all we money gone a hell.
and Long Shot - him kick de bucket.
Long Shot kick de bucket.


***************

Skinhead Moonstomp

I want all you skinheads to get up on your feet.
Put your braces together and your boots on your feet.
And give me some of that old moonstomping.

Are you ready? Start stomping!.

Yeah, yeah, yeah, yeah, yeah, yeah, yeah, yeah, yeah .

.

.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/280674460
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ