2012年08月26日

ホールディン・オン・トゥ・イエスタデイ / アンブロージア 1975/6/7 Ambrosia - Holdin' On To Yesterday


↑ドイツ盤

ホールディン・オン・トゥ・イエスタデイ
アンブロージア
1975/6/7


秘密結社プログレ友の会は永遠に不滅です。
今日も世界のどこかのロック喫茶でたった一人で開催されしその密会。
うひひうひひ
と喜びながら。ああ気持ちが悪い。
悪かったな気持ち悪くて。だって好きなんだよプ。
ログレるんが。
妻子孫に、
いやだお父ちゃんプログレくさ〜い。
と言われてベランダでホタルぷろぐれようとも。
車内ではプログレ禁止よ。臭くなるなら。
とか
言われようもんならこれをかけてやるわ。AORだぜ、アダコンだぜ、
何しろカリフォルニアはLAのバンドだぜ。
CSNYが好きでバンド始めたんだぜ。生でキンクリ見て雷に打たれてプログレ開眼、
1971年にはあのズービン・メータ師率いるロスアンジェルス交響楽団と夢の饗宴、
ハリウッド・ボウルに新装された新機材のサウンド・チェックの為だったけど。
それはそんだけで終わっちゃったけど。
よりによってそれからハーブ・アルパート社長のA&Mのオーディションを受けたんだい。
上がっちゃって散々な演奏で失敗。社長、困っちゃって、そんでも優しいから、デモでも作ったら、
と言ったらほんとに作りやがったんで知り合いの20世紀センチュリー・フォックス・レコードに
あそこは映画会社付きのレコード会社としては後発だから何でも出すよきっとって
廻して
まあ何とかしてやってくれやと優しいね、口利いたら
それでデビューすることが出来ました。やっと。
1stアルバム



アンブロージア
Ambrosia



↑ドイツ盤裏

どこをどう口説いたか知らんが、エンジニアにはあの憧れのアラン・パーソンズ師を招聘。
まあたまたまアラン・パーソンズ・プロジェクトの1st録音のため、そこにいた訳で。
お互い悲しき業だよなあって同情参加の末、
どうせまあ売れんだろうとカットして出したシングルが

ホールディン・オン・トゥ・イエスタデイ
Holdin' On To Yesterday


これがヒットしたのだ。何と。
1975年6月7日全米チャート107位初登場、
以後88-78-68-56-45-(7/19)37-31-25-21-18-18-(8/30)17-17-(9/13)41位。
おういえい最高位17位。

てめえら、アメリカ人が実はプログレ好きだって知らねえな。
しかもこりゃ
CSNY入ったグレートフル・デッドなピンク・フロイドな演歌調な四人囃子みたいな
たまらん泣きの歌だ花道。


↑US盤

http://youtu.be/GSLqcFxj_nE




ああ、俺は昨日にしがみつき続けてる

俺は自分が間違ってると言うためだけにしがみつき続けてるのだ

俺は自分が孤独だと思い続けてる
だがそれは心の中でお前を恋しがっているだけなんだよ

俺達が一度だけ共に暮らした日々
まるで俺らは今まで全然まともに生きていなかったみたいじゃないか

だから俺は昨日にしがみつき続けてる

俺は自分が間違ってると言うためだけにしがみつき続けてるのだ

ああ、俺はお前にいつ会えるかどうかわからない
お前ともう連絡も取れないんだ

俺がわかってることがあるとすれば
俺にはお前が必要だってこと

その時が来たら俺は昔みたいにお前にしがみつくだろう

ギタア

うーーーーーーーーーーーーーーーーーー
うーーーーーーーーーーーーーうーーーーー
あーーーーーーーーあーーーーーー
あーーーーーーーーーあーーーーー
あーーあーー

俺は昨日にしがみつき続けてる
 昨日に

俺は言うためだけにしがみつき続けてるのだ
自分が間違ってると間違っていると間違っていると思い続けるために
俺の昨日は何もかも去って行ってしまった

ギタア

がん



いいね。歌詞が。
アメリカ・チャートヒットのツボ。男女々しいもので。
しかも徹底的にぐそぐそしてて最低な。
こうゆうんが売れるんだよ。

ツボを実は知ってるアンブロージア。
苦労は無駄では無し、殺しても死なないそれはプログレきちがい。

てな
憎い名曲をA面にして
裏には、同アルバムから、
今度はイエス方面王朝王子様モロ・プログレな曲を配する陰謀を企てる。

メイクス・アス・オール・アウェア
Make Us All Aware



↑US盤

http://youtu.be/aZAw5J9Z8lY




山々の霞に我の存在が有るが如し

悲しくも我の答え無き夢の叫び声

遥か長き時、我は待つ、明白になりしその時間を

我がここにて在りしその全ての理

だが我は気にも止めぬだろう

汝がそこに在りしとも

我らの全てを覚醒させようとも

!!!!!

川に流されし我らは見る漂うが如く

そが抱く知恵の味覚を味わいたき欲求

何処に有りしか知ること我らの運命我ら見つける

だが運命は何ものか我らが己の精神の内にて抱きしもの

我らは共有可能なりそこに在る全てを

我らの全てを覚醒させよ

!!!!!

答えを求めるが恐れを心に抱きし

それがその日来るべき

我はもはやここにはおらぬ

だが我は気にも止めぬだろう

汝がそこに在りしとも

我は気にも止めぬ

我らの全てを覚醒させようとも

おお
我は気にも止めぬ

我らの全てを覚醒させようとも



わははたまらんわ
意味なんか意味なしの勿体ぶった文語調英語の歌詞。
それをわざわざ日本語に直して書くのは。
グレ快感の極地だぜ。
サビになると何かカーペンターズみたいな感触になるからハーブ社長てばA&Mで契約したって良かったのに。
なあ。

アンタ、これって結局、プログレじゃないの。車内では禁止よ。

そんな事言ったって、何とこのアルバムでアラン・パーソンズ師はグラミー賞のベスト・エンジニアリング録音賞に
ノミネートされたんぜ
てっても
もはや後の祭りです。

お父さん、ベランダでどうぞ。

(山)2012.08.26

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

アンブロージア

Ambrosia

00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

資料

英語資料

English Here


−−−−−−−−−−−−−−−−−

当ブログ記事への、
楽天キャッシュ
https://point.rakuten.co.jp/Top/TopDisplayCash/
または
Amazonギフト券(Eメールタイプ)
での、
おひねりをば頂ければこれ幸いです。
宛先メルアドは

rocksp@jcom.home.ne.jp

にて。
↓下記バナー内上左より



金額はお心次第、いかほどでも。

日刊ろっくす ヤマ & まほ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

楽天オークションに出品してます。

logo-mahog-s.jpg

まほさん手作りエコトートバッグとお宝ロック本をどうぞ。

♪取り扱い品目はコチラで♪


..

Holding On To Yesterday

Well.
I keep holding on to yesterday.
I keep holding on enough to say that I'm wrong.
I keep thinking that I'm lonely.
But it's only missing you inside.
Days when we were once together.
Seems we'd never come alive.
So I keep holding on to yesterday.
I keep holding on enough to say that it's wrong.
Lord.
I don't know when I'll see you.
I can't reach you anymore.
Well if I'd only known I'd need you.
Then I'd keep you like before.

Ooo ooo ooh.
Ahh ahh ahh.

Well I keep holding on to yesterday.
(yesterday).
I keep holding on enough to say.
That I'm wrong wrong wrong to keep holding on.
My yesterdays have all gone by...

************

Make Us All Aware

Pale to the mountains my existence seems.
Sad as the cry of my unanswered dreams.
Long have I waited for time to make clear.
All of the reasons that I must be here.

But I won't care If you are there.
Make us all aware.

Drawn by the river we watch as it flows.
Wanting to taste of the wisdom it holds.
Knowing that somewhere our fortunes we'll find.
But fortunes are something we hold in our minds.

We could share All that's there.
Make us all aware.

Seeking an answer yet harboring fear.
That the day that it comes.
I'll no longer be here.

But I won't care.
If you are there.
I won't care.
Make us all.
Oh, I won't care.
Make us all aware.


.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ