2012年12月08日

ヴィーナス・アンド・マース/ロック・ショー / ポール・マッカートニー&ウイングス 1975/10/27 VENUS AND MARS ROCK SHOW Wings



ヴィーナス・アンド・マース/ロック・ショー
ポール・マッカートニー&ウイングス
1975/10/27


まあ呑気な生ギタアのカッティングに乗って、
これ以上間抜けな使い方はねえっつの、
ヒア・カムズ・ザ・サンと同じな単音シンセの何か脳タリンさを喝破した音が漂って、
それに何ら負けることなき呑気さでポールちゃんが詠嘆で始まるんです。

ウィングスの4枚目アルバム
英発売1975年5月27日
米発売1975年5月30日



ヴィーナス・アンド・マース
Venus and Mars


多分この部分は1974年7月にポールちゃんがナッシュビルでのこのアルバムの初期セッションが終わった時の発言

「今度のはコンセプト・アルバムでバンド・オンザ・ランよりももっとシリアスだ。
ピンク・フロイドの”狂気”を思わせるようなところもあるよ。」

を受けての、まあ確かにピンク・フロイドで、ポールちゃんの耳にはこんなに間抜けに聞こえてた。

爆。

金星も火星も日が暮れたのち、ちょっとの間だけ見えるうたかたの惑星。
それこそ

そしてコンセプト・アルバムたる連弾、
怒涛のロックンロール、



ロック・ショー
ROCK SHOW




スタジオ内でこれだけプッツン・ヴォーカル・シャウトが出来るのはヤツだけ。
そうとうイッちゃってる天才B型、
調子に乗ってる。
もう
完璧に。
調子に乗りすぎると足元をすくわれるぞと申しますが
ロック・ミュージシャンたるもの明日など無いのだ。
降りてきた時にはとことんやれやー
ぶっ飛ばす。





http://youtu.be/qPDHE1xcNFk




Sitting In The Stand Of The Sports Arena.
スポーツ・アリーナのスタンドに腰掛けて

Waiting For The Show To Begin.
ショーが始まるのを待っている

Red Lights, Green Lights, Strawberry Wine.
赤いライト、緑のライト、ストロベリー・ワイン

A Good Friend Of Mine
僕の大好きな友達が

Follows The Stars.
スターたちを追っかける

Venus And Mars Are Alright Tonight.
金星と火星は今夜とっても素敵だよ


!!!!!!!!!!

What's That Man Holding In His Hand?.
あの男が片手に持ってるのはいったい何?

He Looks A Lot Like A Guy I Knew Way Back When.
アイツって俺が前に知ってた男にすごく似てる

Its Silly Willy With Philly Band.
そいつはシリー・ウィリーとピリー・バンド

Could Be . . . . . Oo-Ee . . . . . ..
きっとそうだ!うーうぃー!

そうだ
What's That Man Movin' Cross The Stage?.
あの男がステージ蹂躙で振り回してるのはいったい何?

It Looks A Lot Like The One Used By Jimmy Page.
ジミー・ペイジが使ってたヤツにすげえ似てる

Its Like A Relic From A Different Age.
そいつは異時代の神殿みたいだぜ
Could Be . . . . . Oo-Ee . . . . . ..
そうだ! ういー!

If There's Rock Show
もしロック・ショーをやりやがったら
At The Concertgebow.
コンセルトヘボウ管弦楽団で

They're Got Long Hair.
長髪連中がやって来るぜ
At The Madison Square.
マジソンスクエアに

You've Got Rock And Roll.
おまいら、ロックンロール、ゲット!
At The Hollywood Bowl.
ハリウッド・ボウルで

We'll Be There . . . . . . Oo Yeah . . . . . . .
俺らもいるんだ

おういえーーい!

あう

The Lights Go Down.
灯りが消えていって
They're Back In Town O.K.
皆、街へ帰っていくOK

Behind The Stacks You Glimpse An Axe.
雑草の後ろにアンタは斧をチラッと見つける

The Tension Mounts You Score An Ounce Ole!.
興奮の渦、巻き上がってお前は点を取るのだオーレ!

Temperatures Rise As You See The White Of Their Eyes.
ヤツラが白目をむくのを見る間に熱気は高まって行くぞお

If There's Rock Show
もしロック・ショーをやりやがったら
At The Concertgebow.
コンセルトヘボウ管弦楽団で
They're Got Long Hair.
長髪連中がやって来るぜ
At The Madison Square.
マジソンスクエアに
They've Got Rock And Roll
みんな、ロックンロール、ゲット!
At The Hollywood Bowl.
ハリウッド・ボウルで

We'll Be There . . . . . . Oo Yeah . . . . . . .
俺らもいるんだ

おういえーーい!

うぐるぐば

In My Green Metal Suit
グリーン・メタル・スーツを着て
I'm Preparing To Shoot Up The City.
俺様は街に風穴開ける準備万端

おい
おい

And The Ring At The End Of My Nose Makes Me Look Rather Pretty.
鼻の下の指輪が俺を少しはプリティにしてくれるわ

Its A Pity There's Nobody Here To Witness The End
まったく残念なこった
結末を見てくれる証人が誰もここにいねえなんてよ

Save For My Dear Old Friend And Confidante
Madamoiselle Kitty.
まそれは
俺様の親愛にして旧友にして親友に獲っておこう
マドモアゼル・キティちゃん
キティ
 キティ
   キティ
    キティー

ギタア

What's That Man Movin' To And Fro?.
ギンギンになって暴れてるアイツはいったい誰?

That Decibel Meter Doesn't Seem To Be Reading Low.
その音圧はまったく下がる気配無しのよう
But They Was Louder At The Rainbow.
だがレインボーじゃもっとやかましかったわ

Could Be . . . . . Oo-Ee . . . . . .
そうだそうだ ういー

If There's Rock Show
もしロック・ショーをやりやがったら
At The Concertgebow.
コンセルトヘボウ管弦楽団で

They're Got Long Hair.
長髪連中がやって来るぜ
At The Madison Square.
マジソンスクエアに

You've Got Rock And Roll.
おまいら、ロックンロール、ゲット!
At The Hollywood Bowl.
ハリウッド・ボウルで

We'll Be There . . . . . . Oo Yeah . . . . . . .
俺らもいるんだ

おういえーーい!

If There's Rock Show
もしロック・ショーをやりやがったら
At The Concertgebow.
コンセルトヘボウ管弦楽団で

They're Got Long Hair.
長髪連中がやって来るぜ
At The Madison Square.
マジソンスクエアに

You've Got Rock And Roll.
おまいら、ロックンロール、ゲット!
At The Hollywood Bowl.
ハリウッド・ボウルで

ロック・ショー
 激しくお姉さん

ロック・ショー
 どーゆうかハリウッド

ロック・ショー
 う、おうおおうお

ロック・ショー
 新しい日を迎えましょう

ロックンロー
 おういえい、さあマジソン

ロック・ショー
 ううロック・ショー、カモンカモンなう

ロックンロー
 シスターとブラザーいえい

ロックンロー

どかん

アラン父さん
ピアノ

カモンナウ

遅れるなよ

ぱあんぱあぱああ

ぱあんぱあぱああ





何でこんなまたのロウファイ音質は、1975年。最高音質なAM中波のカーラジオにフィット用
且つ
ここはニュー・オリンズ。
憧れのアラン・トゥーサン父さんのシー・セイント・スタジオ。
ヴゥードゥー跋扈する妖しい街の音。
ニュー・オリンズ・セインツの本拠地、スーパードームにてロック・ショーが開幕だ。
って
あそこはドームだよ。金星も火星も見えません。
スターはここに、目の前に到来するのだ。
ストロベリー・ワインを飲みながらザ・バンドもやって来る。
あららIVのジャケ世界でジミー・ペイジさんまで。
そして
コンセルトヘボウ管弦楽団。
オランダ・アムステルダムが本拠地のオーケストラ。
英語表記はRoyal Concertgebouw Orchestra。
頭文字を取って RCO と表記。

連中がやるなら

RCO-Show

ね。

”In My Green Metal Suit
グリーン・メタル・スーツを着て”
髪振り乱して唄うのは
ロックンロールの夢の具現者たる

モット・ザ・フープル
ロックンロール黄金時代


Mott The Hoople - The Golden Age Of Rock 'N' Roll
http://youtu.be/O-3ndXJZUUY


ポールちゃんにイアン・ハンター兄貴が憑依しとる。
びっくりしてキティちゃんまで飛び出てくるとは!!

掟破り超長尺でのロックン・ロール・ショーが紙吹雪とゴミの山と共に終焉す
その余韻の調べは

ステージの隅っこでぼそぼそピアノを弾いてるアラン・トゥーサン父さん。
何しろこの親父こそ
ヴィーナスとマースの張本人。
リプライズのアイデアまで丸ごと乗っかったのは
同時に録音してたとおぼしき75年5月発売の

サザン・ナイツ

Allen Toussaint
Southern Nights


録音場所はこっちはマイアミで違うんだけどネ。
隠してたのにスパイ・ライク・アス

http://youtu.be/mCscZ2tPFmI


しかも
後半でポールちゃんが、父さんプロデュースの傑作たる

The Meters
Look Ka Py Py


http://youtu.be/VPjZ_KpwXH8


のド頭フレーズでチャチャ入れてますよ。


ニュー・オリンズをど真ん中でZEPにモットに父さんにミーターズ
って
わたしゃ狙われてる大グラム・ロック大会!!

1975年10月27日米シングル・カット、
11月1日に82位初登場、
以後
60-(11/15)36-27-17-14-(12/13)12-36-(12/27)97位。
最高位12位。9週エントリーOK。

イギリスでは11月28日発売でノン・ヒット、オー・ノー!

日本では



洋楽チャートに12月14日35位初登場、
以後
25-*-14-13-11-7-7-(1976/2/15)6-6-7-9-10-13-14-22-37-(4/18)37位。
最高位6位2週、18週エントリー。
って来日中止したのにすまんね。
歌謡チャートでは最高位99位だったけど。



このロック・ショーはこれだけじゃすまんぞ。
裏がアルのだ。
とてつもねー裏が。

また終わんねー。

(山)2012.12.08

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

Venus & Mars

ヴィーナス・アンド・マース(紙ジャケット仕様)

00000-2.jpg

ろっくす特製でかい画像ページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすウイングスページ

資料

英語資料


English Version


−−−−−−−−−−−−−−−−−

いつも閲覧ありがとうございます。
僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸い、CM込みで見てクリックしてお聞きくださりませればお駄賃になりましてなお嬉しです。
よろしくお願い申しあげます。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA


−−−−−−−−−−−−−−−−−



.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ