2013年07月11日

ラヴ・ウィル・テア・アス・アパート / ジョイ・ディヴィジョン 1979/6/28 LOVE WILL TEAR US APART - Joy Division



ラヴ・ウィル・テア・アス・アパート
ジョイ・ディヴィジョン
1980/6/28


とんでもない奴らで、うっかり巻き込まれた日にゃ無事じゃすまねえ。
どんなふうに俺が巻き込まれたかは
とんでもシングル「トランスミッション」の時に書いたが
(いかん訳詞てねえや、せねば、いずれ)、
瞬間でやられとにかくでかい。
好きかと言われれば好きなのか?
こんな憂鬱になる音楽が。
よくわからん。
もはやすでにわからん。
好きだかどうだかとにかく圧倒され惹かれたのだ。
な中でも
最も美しく淡雪のように触れば粉々になってしまう唄。
それが唯一、バンドの命の匂いが漂っていた頃、
英国ポップ・チャートでヒットした


↑12インチ

ラヴ・ウィル・テア・アス・アパート
LOVE WILL TEAR US APART



↑12インチ裏

そんなもんなんか世の中ってのはいつも。
ヴォーカルのヴォーカルのイアン・カーティス氏、1980年5月18日に満23歳で自殺の報後。
6月28日に45位初登場、
以後
(7/5)30-18-17-(7/26)13-16-22-49-(8/23)67位。
最高位わざとか13位。9週エントリー。
その後2007年10月27日の98位まで4週付け足し。

作られたのは1979年の8月。
イアン氏がギターを弾いている稀有な曲。
1980年の3月ストロベリー・スタジオで録音されたテイクがA面で採用。
そりゃより声が怖いから。
タイトルは何とまさかと思ったが
1975年の全米ナンバー1
ニーウ・セダカ氏作
キャプテン&テニールの

愛ある限り
Love Will Keep Us Together


http://youtu.be/J6UrAroBHsM

のアイロニーだと。
こりゃいつれ歌詞比較をせねばの。


↑7インチ

Video
http://youtu.be/qHYOXyy1ToI


http://youtu.be/I-2i2SR_OsU




When routine bites hard,
 日常の茶飯事が激しく喰らいつけば
And ambitions are low,
 大志は頭を押さえつけられる

And resentment rides high,
 敵意は頭から湯気を立てて講じている
But emotions won't grow,
 だが感情が高まることは無い
 
And we're changing our ways,
 俺達は生き方を変えているところ
Taking different roads.
 違う道を選んで

love, love will tear us apart again.
 愛が
 愛が再び俺たちを引き裂くのだ
 
Love, love will tear us apart again.
 愛が
 愛が再び俺たちを引き裂くのだ


Why is the bedroom so cold?
 なんでベッドルームはこんなに冷えているのだ?
You've turned away on your side.
 お前は隣で背を向ける

Is my timing that flawed?
 たまたま俺が見てる時がいかんのか?
Our respect runs so dry.
 俺ら互いの気持ちはまったく乾いている

Yet there's still this appeal
 だがまだこんなふうに求める気持ちはある
That we've kept through our lives.
 だから俺らは何とか生活を続けてこれたのだ

love, love will tear us apart again.
 愛が
 愛が再び俺たちを引き裂く
 
Love, love will tear us apart again.
 愛が
 愛が再び俺たちを引き裂く


Do you cry out in your sleep,
 お前は寝言で叫ぶのか? 
All my failings exposed.
 すべてあらわになった俺の欠点を

Gets a taste in my mouth,
 口の中が苦い
As desperation takes hold.
 絶望が支配して

Just that something so good
 ただえらくいいことだけが
Just can't function no more.
 ただもう起こらなくなってしまったのか
 
love, love will tear us apart again.
 愛が
 愛が再び俺たちを引き裂く
 
Love, love will tear us apart again.
 愛が
 愛が再び俺たちを引き裂く

love, love will tear us apart again.
 愛が
 愛が再び俺たちを引き裂く
 
Love, love will tear us apart again.
 愛が
 愛が再び俺たちを引き裂く



あんたら夫婦にいったい何が起こった?



イアンくん、1975年に19歳で高校時代のガールフレンド、デボラさんと結婚。
いささか有名になって愛人とか作りやがって奥さんとの間に溝とかの話もあるが。
癲癇の持病が悪くなっていくとか
それで首吊り自殺に至るとか
その一年前すでにこのありよう。
メンバーも唖然としたとゆう悲惨な歌詞が。
またえらくとんでもねえ歌い方で。
ドラムは得意のジョニ・ディヴィジョン・リズム。
何をそこまでのハイハット64ビート半分刻み。
シンセは薄暮シンセ。
マズいことに
すべてが美しく魅力的100点。

B面はここのみ出現の



These Days


↑7インチ

http://youtu.be/-2LmLpC4TYw




Morning seems strange, almost out of place.
 朝ってのは妙な感じ
 ほとんど何か場違いで

Searched hard for you and your special ways.
 お前とお前だけのやり方を探って

These days, these days.
 ここのところ
 ここのところ


Spent all my time, learnt a killer's art.
 俺が持ってる時間のすべてを費やして
 殺人者の芸術とやらを学んだ

Took threats and abuse 'till I'd learned the part.
 虐待と脅迫をしたのだ
 俺が少しでもそれを学ぶまで

Can you stay for these days?
 お前はそれでもいられるのか
 
 今日び

ギタア

These days, these days.
 ここのところ

 ここのところ

Used outward deception to get away,
 逃げ出すために思い切り嘘をついた

Broken heart romance to make it pay.
 代償だな
 失恋ロマンスの

These days, these days.
 まあここのとこの

 ここのとこの

ギタア

We'll drift through it all, it's the modern age.
 俺らはそん中の全部を通って漂うのだ
 それが現代とゆうもの

Take care of it all now these debts are paid.
 全部今、受け止めるのだ
 ツケが全部回ってきた

Can you stay for these days?
 お前はそれでも生きていけるのか
 
 今日び



何が有ったんだよー。

どっかGSサウンドでジャックスも然りな決着しない名曲。

さて
ラヴ・ウィル・テア・アス・アパート

最初に世に刻印されたは1979年11月のジョン・ピール・セッション時。
http://youtu.be/hdmrt72mib0

正式にスタジオ録音された最初のが
1980年1月8日のPennine Sound StudiosでのテイクがB面2曲目に入ってます。



Joy Division - Love Will Tear Us Apart - Alternate Version
http://youtu.be/jzxrhrneZrU


ちょっと明るい。
ライブではこんな感じだったとゆう。

この唄で明るいてのもあれだが。
あれだが
あれだが
あれだが

ともかく
あたしゃいっぱいいっぱい。

いまもって立ち向かうにエナジー必要です目一杯。


↑1986年盤

(山)2013.7.11

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg





00000-2.jpg

ろっくす特製でかい画像ページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすジョイ・ディヴィジョンのページ

資料

英語資料

English Version

−−−−−−−−−−−−−−−

いつも閲覧ありがとうございます。
僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸い、CM込みで見てクリックしてお聞きくださりませればお駄賃になりましてなお嬉しです。
よろしくお願い申しあげます。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA


−−−−−−−−−−−−−−−−−



.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ