2014年12月13日

ノー・レイン / ブラインド・メロン 1993/8/21 NO RAIN - Blind Melon


↑英盤

ノー・レイン
ブラインド・メロン
1993/8/21


寒さ厳しきおり、
体も寒いが懐も心にもからっ風が吹くぜ、
誰がきいきいこれから「うまくいくんです」とがほざいててもな。
誰も思っちゃいない。
こんなやり方をそのまま続けてうまくいくとは。
かと言ってどうすりゃいいんだって、
ガラッと変えるのはそれももう力残ってないすよギリギリっすよて吹くのだ
からっ風が脳天からつま先まで。

そんな気持ちを音にしてピューピューさせてくれたのがブラインド・メロン。
ミシシッピ州ウエスト・ポイントから来た3人の若造がLAで1990年3月に結成した。
バンドの名前はお察しの通り、戦前ブルースマン、ブラインド・レモン・ジャファーソン師より。
更にチーチ・アンド・チョンのキャラ、ブラインド・メロン・チトリンより。
作ったデモがきっかけでうまいことキャピトルと契約、
ニール・ヤング兄貴と「アフター・ザ・ゴールドラッシュ」他諸作のプロデュースで高名なプロデューサー、デヴィッド・ブリッグス師と録音セッションを開始するも
その出来栄えに「ペラッペラでいかにも作られたみてえだ。」ってんで放棄。
だが
ヴォーカルのシャノン・フーン君のお友達が何とガンズ・アンド・ローゼスのアクセル氏。
「Use Your Illusion」1と2のバック・ヴォーカルに起用してくれてバンドは業界の注目をあびることに。
でキャピトルの提案でどうも馴染めないLAを離れてノースキャロライナ州に移住、
そこで家を借りてセッション開始、
シアトルのロンドン橋スタジオで、パール・ジャムの「テン」を担当したプロデューサー、リック・パラシャー氏の制作協力の下、
スタジオ・ライブとちょっとだけオーバーダブで正式録音。

ここについにデビュー・アルバム



ブラインド・メロン
Blind Melon


完成。
発売は1992年9月22日。
シングル

Tones of Home

http://youtu.be/WKJO67NszfA


カット。

売れず。
まあこれじゃ無理といえば無理で。

続けてカットしたのが


↑米盤

ノー・レイン
NO RAIN



↑米盤

売れず。
だが
ビー・ガールことミツバチ娘、後にER等に出演することになる女優ヘザー・デローチさんを



フューチャリングしたPVがウケて
MTVでヘビロテ化して火が付きの


↑米盤

米、
1993年8月21日90位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/404024010.html
以後
78-75-67-57-51-46-(10/9)33-26-21-(10/30)20-23-22-(11/20)20
-23-29-36-(12/18)38-41-49-46-43-(1994/1/22)44位。
最高位20位飛び2週。23週。

何ともいい感じの超ロングラン・ヒット。

同時に
米メインストリーム・ロック1位。
米オルタナ1位。

英、
2回目のヒットで、12月11日17位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/410393329.html
以後
19-(12/25)31-41-56-(1994/1/15)73位。
最高位17位。6週エントリー。


↑英12インチ盤

前走
http://rocksblog.seesaa.net/article/399185979.html

陣容は

Blind Melon - Producer, Art Direction, Mixing

Shannon Hoon - Vocals, Acoustic guitar
Brad Smith - Bass guitar, Flute, backing vocals
Rogers Stevens - Lead Guitar
Christopher Thorn - Rhythm Guitar, Mandolin
Glenn Graham - Percussion, Drums

俺にできることといやあ


↑英盤

http://youtu.be/qmVn6b7DdpA




All I can say is that my life is pretty plain
 俺に言えることといやあ
 俺の人生てのは馬鹿みたいに平凡だってことだけ

I like watchin' the puddles gather rain
 俺は水たまりに水がたまってくのを見るのが好きだ


And all I can do is just pour some tea for two
 で、俺にできることといやあ
 茶を二人分いれることくらい

and speak my point of view
 でてめえの思ってることをしゃべることかな

But it's not sane,
 だがそいつは正気の沙汰じゃねえ

It's not sane
 正気の沙汰じゃねえや


I just want some one to say to me
 俺はただ誰かに俺に言って欲しいだけ

のおっほっほー

I'll always be there when you wake
 俺はいつだってそこにいるだろう
 お前が目を覚める時は


Ya know I'd like to keep my cheeks dry today
 わかるだろ
 俺は今日一日、泣かないでいたいだけ

So stay with me and I'll have it made
 だから俺といてくれよ
 それで何もかも万事OK
 

And I don't understand why I sleep all day
 わからないんだ
 何で俺はこんなに一日中寝ていられるのか

And I start to complain that there's no rain
 で、雨が降ってないと文句を言い始める


And all I can do is read a book to stay awake
 俺にできることといやあ
 寝ないでいるために本を読むことくらい

And it rips my life away,
 それで俺は人生を奪れている

but it's a great escape
 だがそんなこたあ世間からの完全なる逃げ

escape...
 逃げだよ

escape...
 逃げだ

escape...
 逃げなんだよ


↑英盤

ギタア

おう、やー

う〜、ふうふう

All I can say is that my life is pretty plain
 俺に言えることといやあ
 俺の人生てのは馬鹿みたいに平凡だってことだけ

ya don't like my point of view
 お前は俺の思ってることが好きじゃない

ya think I'm insane
 思ってるんだろうが
 俺はキチガイだって

Its not sane...
 そいつはマトモじゃねえって

it's not sane.
 そいつはマトモじゃねえって

I just want some one to say to me
 俺はただ誰かに俺に言って欲しいだけ

のおっほっほー

I'll always be there when you wake
 俺はいつだってそこにいるだろう
 お前が目を覚める時は


Ya know I'd like to keep my cheeks dry today
 わかるだろ
 俺は今日一日、泣かないでいたいだけ

So stay with me and I'll have it made
 だから俺といてくれよ
 それで何もかも万事OK

oh, I'll have it made
 ああ、何もかもうまくやってけるよ

oh, I'll have it made
 ああ、何もかもうまくやってけるよ

You know have it gonna
 そうさ、やってやる

I'll have it made
 何もかもうまく

Ya know I'll have it made
 そうだよ、何もかもOK

おーお、おーおー

おーお、おーおー

おーお、おーおー

おーお、おーおー




↑英盤

一世一代、唯一の米TOP100入りワン・ヒット・ワンダー大一発ヒットなり。

留まらず
このありさまは確実に2014年暮れまで続くリアルに。

雨は今日もノー・レインでカラッカラさ。


↑英盤

そしてヴォーカルのフーン君は1995年10月21日に
ニューオーリンズにてツアー・バスの中で
コカインの過剰摂取の為に28才で頓死。

この時代、生き延びること自体、難しかの米ドラッグ蔓延で
武士たる武士がみな死んじまってる。

死ぬなよ。

(山)2014.12.13

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg



00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

資料

資料(英版)

English Here

.
−−−−−−−−−−−−−−−

閲覧ありがとうございます。
僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA


−−−−−−−−−−−−−−−−−



.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ