2015年11月15日

スパイダーズ・アンド・スネイクス / ジム・スタッフォード 1973/11/10 SPIDERS AND SNAKES - Jim Stafford


↑ドイツ盤

スパイダーズ・アンド・スネイクス
ジム・スタッフォード
1973/11/10


あたしゃ、どっちかてーとカントリーは苦手なんすけどね、
こいつはそんあこたぁ関係ないたぐいの唄です。
気にしないで好きになれやとニコニコしてますから、
それに説明不可能なまさに音楽ならではの魅力に溢れてますでやりますよ

しでかした男の名は

ジム・スタッフォード

本名James Wayne "Jim" Stafford、1944年1月16日フロリダ州ウインターヘブン生まれ、
根気我慢無骨穴男、山羊座水瓶座寄り。

ハイスクールの時分にダチとバンドを始めまして
何とその時のメンバーにはあのブーちゃん、ロボたんとあのグラム・パーソンズ師がいたとゆう。
でその成功は29歳の時、
1974年発売デビュー・アルバム



ジム・スタッフォード
Jim Stafford


からまずは

スワンプ・ウィッチ
Swamp Witch


https://youtu.be/IB0SxXTR_UI

て多分怪談話の曲を
1973年5月12日88位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/418815446.html
最高位39位と軽く成功させ

次にカットのこれで大ブレーク


↑オランダ盤

スパイダーズ・アンド・スネイクス
SPIDERS AND SNAKES


11月10日発売。

プロデュースは
もちろん旧友のロボちゃん
ロボちゃんとこのプロデューサーのフィル・ガーンハード氏。
あのロイヤル・ガードマンの「スヌーピーvsレッド・バロン」を作って制作した方。
作は自身と類は友を呼ぶあのベラミー・ブラザースの弟ベラミーのデヴィッド・ベラミー牧場。

バックは

Acoustic Guitar, Banjo, Harmonica – Jim Stafford
Acoustic Guitar, Electric Guitar – Richard Bennett
Keyboards, Synthesizer – Alan Lindgren
Bass – Emory Gordy
Drums – Dennis St. John
Congas – Alan Estes

まるであたしゃ見知りしません方々。

米国チャート
1973年11月10日97位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/429363889.html
以後
88-78-71-61-56-46-(12/29)38-30-22-18-14-10-7-5-4-(1974/3/2)3-
7-9-21-25-(4/6)35-(4/13)55位。
最高位3位。23週。
カントリー66位。

一番下からもっとも上まで舐め回す珍しい粘りヒットで
1974年の年間チャートでも16位達成。

英、
1回目のヒットで、
1974年4月27日50位初登場、
以後
(5/4)28-18-(5/18)14-14-18-25-(6/15)36位。
最高位14位。通算8週。

語り唄いだよ。


↑米盤

https://youtu.be/4vudA72hibg




I remember when Mary Lou said
 僕は覚えてる
 メリー・ルーが言った時のことを

"You wanna walk me home from school"
 「アンタ、私を学校から家に送りたい?」

And I said, "Yes, I do"
 僕は言ったね
 「はい、もちろん。」


She said,
 彼女は言った

"I don't have to go right home
 「まっすぐ家に帰らなくてもいいのよ。

And I'm the kind that likes to be alone
 一人が好きなタイプなんだけど

As long as you would"
 アンタが良ければ。」

I said, "Me, too"
 僕は言った
 「僕だってそうさ。」


And so we took a stroll
 そうして僕らは散歩したんだ

Wound up down by the swimmin' hole
 泳げる水辺のそばを通ってドキドキしちゃってさ

And she said,
 そしたら彼女が言った

"Do what you want to do"
 「ねえ、好きにしていいのよ。」


I got silly and I found a frog
 僕はアホになっちゃってからに
 カエルを見つけてね

In the water by a hollow log
 うろがある丸太のそばの水たまりにいたのを

And I shook it at her
 それを彼女に向けてぷらぷらさせて

And I said
 言ったんだ

"This frog's for you"
 「君にこのカエルをあげよう。」

ははは


She said,
 彼女は言った

"I don't like spiders and snakes
 「アタシはクモやヘビは嫌いなの。

And that ain't what it takes to love me
 そんなもん、アタシを口説くのにいるわけないでしょ。


You fool, you fool
 バカバカ


I don't like spiders and snakes
 アタシはクモやヘビは嫌いなの。

And that ain't what it takes to love me
 そんなもん、アタシを口説くのにいるわけないでしょ。


Like I want to be loved by you"
 ちゃんとして欲しいのに。たく。」



Well, I think of that girl from time to time
 うん、僕は時々その女の子のことを考えるんだ

I call her up when I got a dime
 十円玉があったんで彼女に電話するよ

I say,
 言うんだ

"Hello, baby"
 「もしもし、彼女〜。」

She says, "Ain't you cool"
 彼女は言う
 「なに、ダサい人。」

ははは

I say,
 僕は言う

"Do you remember when
 「あん時のこと覚えてる?

And would you like to get together again"
 良かったらまた会ってくれないかな?」

She says,
 彼女は言う

"I'll see you after school"
 「放課後なら会ってあげてもいいわよ。」


I was shy and so for a while
 僕は恥ずかしがり屋でずっとそうで

Most of my love was touch and smile
 恋愛はたいてい知り合ってもニコニコしてるだけ

Til she said,
 彼女が言ってくれたその時まで

"Come on over here"
 「さあこっちにいらっしゃい。」


I was nervous as you might guess
 僕は皆さんがご想像通り、ど緊張

Still looking for somethin' to slip down her dress
 彼女のドレスを脱がしてもどうしたらいいかわからなくてコチコチ

And she said,
 そしたら彼女が言った

"Let's make it perfectly clear"
 「さあ今度こそハッキリさせましょ。」


She said,
 彼女は言った

"I don't like spiders and snakes
 「アタシはクモやヘビは嫌いなの。

And that ain't what it takes to love me
 そんなもん、アタシを口説くのにいるわけないでしょ。


You fool, you fool
 バカバカ


I don't like spiders and snakes
 アタシはクモやヘビは嫌いなの。

And that ain't what it takes to love me
 そんなもん、アタシを口説くのにいるわけないでしょ。


Like I want to be loved by you"
 ちゃんとして欲しいのに。たく。」




↑米盤

はい。イントロのキラーぶり、演奏のファンキーぶり、
うまかない唄の味、サビのワンダフルで
当時もそれだけで何やら好きだったんも
この歳になって初めてわかったわ
こりゃ
まあこうゆうんだから当たり前だけど
歌詞が相当効いてる。
爆笑アホ純情少年、映画にも出来ないくらい。
さすがロボたんのお友達で、裏ロボだな。
して
最後のサビの部分の登場は単なる2回目の繰り返しじゃなくて
けっこう意味深です。

いざ事に挑むにあたって
このアホ男が何かを出しただな。
まあ男子の体においてヘビみたいなもんを。

小遊三が言うような

「アタシの立派なスネイクをいかがあ・・・」

そしたら

She said,
 彼女は言った

"I don't like spiders and snakes
 「アタシはクモやヘビは嫌いなの。


ぎゃはは。
歌丸さんが座布団全部取るよ。

なお
このジムさん、後年1978年から1年間だけ
あの
「ビリー・ジョーの唄」

ボビー・ジェントリーさんと結婚するんだって。

何か関係あるか。

(山)2015.11.14

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg



00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

英語資料

English Version.
.
−−−−−−−−−−−−−−−

閲覧ありがとうございます。
僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA


−−−−−−−−−−−−−−−−−



.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ