2016年10月20日

マイ・フレンズ / レッド・ホット・チリ・ペッパーズ 1995/9/19 MY FRIENDS - Red Hot Chili Peppers



マイ・フレンズ
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
1995/9/19


ぽん!
秋の夜長はレッチリで。

団子でも喰いながら。

お月様でも拝みながら。

いかがであろうかと
1995年9月12日発売6作目アルバム



ワン・ホット・ミニット
One Hot Minute


から1回目先行カット8月9日発売

レッチリの電撃ワープ
WARPED



6回目のヒットで、
1995年9月2日31位初登場、次週9月9日53位。2週。

とおめえらバカにしてんのかの短期間ヒット

に続いて
なら
即次のを喰らいやがれとばかりに
2回目カット9月19日発売、



マイ・フレンズ
MY FRIENDS




もはや確立されたレッチリ式バラードの名品なり。

フリーくんがまずは生ギターで書いた曲だとゆう
ここに至るブランクの間の苦悩はこないだ電撃ワープのとこで書いたとおり。



米モダン1位。
メイン1位。



英国チャート
7回目のヒットで、
1995年10月21日29位初登場、
以後
(10/28)58--(1996/7/20)77位。
最高位29位。3週エントリー。



https://youtu.be/0kT5w27YxyI




My friends are so depressed
 俺のダチどもがえらく凹んでやがる

I feel the question of your loneliness
 俺はお前らの孤独への疑問を感じるんだ

Confide, 'cause I'll be on your side
 打ち明けてみな、俺はお前の味方になる

You know I will,
 そうだってわかってんだろ

you know I will
 そうだって


Ex girlfriend called me up
 元カノが電話をかけてきた

Alone and desperate on the prison phone
 ぼっちで絶望して、ムショの電話で

They want, to give her seven years
 世間は求刑、アイツに7年の刑を

For being sad
 悲しくなってただけなのに


I love all of you
 俺はお前ら全部を愛してる

Hurt by the cold
 寒くて傷ついているお前らを

So hard and lonely too
 えらくキツくて寂しくもあるよな

When you don't know yourself
 自分自身がわからなくなったら


My friends are so distressed
 俺のダチどもがえらく凹んでやがる

And standing on the brink of emptiness
 そして空っぽの世界の崖っぷちに立っている

No words, I know of to express
 言葉も無い、どう言ったらいいかなんて

This emptiness
 この空っぽを


I love all of you
 俺はお前ら全部を愛してる

Hurt by the cold
 寒くて傷ついているお前らを

So hard and lonely too
 えらくキツくて寂しくもあるよな

When you don't know yourself
 自分自身がわからなくなったら


ギタア


Imagine me
 俺を想像してみてくれ

taught by tragedy
 悲劇に教えられた俺を

Release is peace
 解放されるときが安寧のとき


I heard a little girl
 ちっこい娘の声が聞こえたんだ

And what she said was something beautiful
 そしてアイツが言ったことはなんだか美しかった

To give, your love no matter what
 与えることは、お前の愛を
 どんなふうであれ

Yeah, what she said
 そう、アイツが言ったことは


I love all of you
 俺はお前ら全部を愛してる

Hurt by the cold
 寒くて傷ついているお前らを

So hard and lonely too
 えらくキツくて寂しくもあるよな

When you don't know yourself
 自分自身がわからなくなったら


ギタア





しみじみします。
こやつら、風体行状は見た目こんなだけど
実にいい連中だとゆうことが

わかられてたまるものかの同時収録は



アルバムでは次の曲

レッチリ特製レッチリ定番
獣ウルトラ・ファンク

コーヒー・ショップ
Coffee Shop


https://youtu.be/WkkKStRwokQ




I am just a lousy bum
 俺はただのきたならしいルンペン

Searching for the unknown crumb
 どこにあるかわからねえパンくずを探してる

The crumb
 パンのクズを

The crumb
 パンのクズを


Something or someone to come
 来るものでも何でもいいから

Come along illuminate my lust
 とにかく来て俺の煩悩に光を当ててくれ

Combust
 燃やしてくれ


Confucius might have been confused
 孔子は混乱してたのかもしんねえな

And Buddha might have blown a fuse
 仏陀はヒューズを飛ばしちまったのかもしれねえ

I ooze
 俺ははち切れんばかり

the muse
 詩の才能で


Meet me at the coffee shop
 俺と茶店で会おうぜ

We can dance like Iggy Pop
 俺らはイギー・ポップみてえに踊れるんだ

Another go in the parking lot
 駐車場でも一発やらかそう

Frewak the cheek on your hot spot
 お前のホットスポットをベロベロしちゃるぜ


Back and forth my body's jerking
 前後にぐいぐい俺のボディは動いとる

Will to thrill will not stop working
 ゾクゾクしてえ気持ちはもう止められんわ

Work and work
 やるぜよやるぜよ


I'll take you on a honeymoon
 ハネムーンに連れてったるわ

Jumping on a bed in a hotel room
 ホテルの部屋のベッドに飛び乗って

The room
 部屋だよ

the groom
 花婿だ


Meet me at the coffee shop
 俺と茶店で会おうぜ

We can dance like Iggy Pop
 俺らはイギー・ポップみてえに踊れるんだ

Another go in the parking lot
 駐車場でも一発やらかそう

Frewak the cheek on your hot spot
 お前のホットスポットをベロベロしちゃるぜ


ちゃおーん

ちゃおーん

ちゃおーん

ちゃおーん


Meet me at the coffee shop
 俺と茶店で会おうぜ

We can dance like Iggy Pop
 俺らはイギー・ポップみてえに踊れるんだ

Another go in the parking lot
 駐車場でも一発やらかそう

Frewak the cheek on your hot spot
 お前のホットスポットをベロベロしちゃるぜ


ベースぺろぺろ

どぎゃん



歌詞のネタが浮かばねえよと愚痴で始めて誤魔化しながらも
もしかしてこれは結局プロポーズの唄かと
思うが
これでなかなかOKしてくれる婦女子はおるまい。

がこんなやり方しかこいつらはできんとです許してやってつかあさい。

(山)2016.10.20

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg



00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすレッチリのページ。

資料

資料(英版)

−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.muzie.ne.jp/artist/a001909/

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442958454
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ