2017年02月25日

渇いたワイングラス / レオ・セイヤー 1974/9/14 LONG TALL GLASSES (I Can Dance) - LEO SAYER



渇いたワイングラス
レオ・セイヤー
1974/9/14


今日は長いことノドに刺さった小骨な歌を。
大道芸人、哀れな哀れな哀れなピエロ歌手、
レオ・セイヤーくんの


↑ドイツ盤

LONG TALL GLASSES (I Can Dance)


↑フランス盤

25歳時にようやく発見されひとたび世に出たら嘘みたいに即大人気、
内容は大違いなる悲惨極まる
英国版「喝采」、

ショー・マスト・ゴー・オン

が英最高位2位とブレーク、
スリー・ドッグ・ナイトにカバーされて
米国チャート
1974年3月16日90位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/434945537.html
最高位4位。19週。
とんでもない大ヒットとなり
意気揚々な

2作目アルバム



ジャスト・ア・ボーイ
Just a Boy


1974年10月発売、
英アルバム・チャート
2回目のヒットで、
1974年10月26日7位初登場、
最高位4位。通算14週。
米16位。
となる前

そこから1回目先行カット6月発売、
正に大道芸人の聖歌たるまたも哀れ極まる

ワン・マン・バンド
ONE MAN BAND




英国チャート
2回目のヒットで、
1974年6月15日25位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/438967134.html
最高位6位飛び2週。通算9週。


1974年7月13日103位初登場、1週。

そして
2回目先行カット9月14日発売、


↑オランダ盤

渇いたワイングラス
LONG TALL GLASSES (I Can Dance)



↑ユーゴ盤

作は歌詞は自身、曲はデヴィッド・コートニー師の鉄板コンビ、
プロデュースはアダム・フェイス師とコートニー師。


↑スウェーデン盤

英国チャート
3回目のヒットで、
1974年9月14日48位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/441883479.html
以後
23-10-(10/5)4-6-6-14-(11/2)31-(11/9)48位。
最高位4位、11月9日48位まで通算9週。


↑英盤

返す刀でいよいよアメリカ上陸


1974年10月発売、
1975年2月22日82位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/447206192.html
以後
70-59-49-(3/22)35-28-23-20-15-12-(5/3)9-9-(5/17)20-45-(5/31)59位。
最高位9位。15週。


↑米盤

おもろい歌詞のヒットが続出の75年アメリカ歌謡界で
こんなおもろいのがまた出てきたと入ったら入れ食いで瞬く間に上昇、
これがなんつってもピエロ時代のレオくんの100点代表作です。


↑スペイン盤

https://youtu.be/_P7EkR8UjFs




I was travellin' down the road
 僕は旅する旅ガラス

Feelin' hungry and cold
 お腹はペコペコ

I saw a sign down the road sayin'
 道中で看板を見つけたんだ

Food and drinks for everyone
 どなた様にも御食事とお飲み物をどうぞ
 ってな

So naturally I thought
 だからそりゃもう思ったよ

I would take me a look inside
 中を覗いてみたいってね


I saw so much food
 そこにはぎょうさん喰い物が有ったんだ

There was water coming from my eyes
 目からこぼれ落ちたんは涙水


Yeah there was ham and there was turkey
 わお、ハムがある、七面鳥がある

There was caviar
 キャビアがある

And long tall glasses
 そして背の高いグラス

With wine up to yar
 ワインやサワーが注がれてる

And somebody grabbed me
 したら誰かが僕をつかんで

Threw me out on my chair
 椅子からつまみだした

Said before you can eat
 言いやがった
 飯を食うには

You gotta dance like Fred Astaire
 フレッド・アステアみたいに踊らにゃいかんてね

https://youtu.be/wTiEJqZMW7E


You know I can't dance
 そんな僕は踊れないんだ

you know I can't dance
 ねえ踊れないんだよ


You know I can't dance
 踊れないんだってば

you know I can't dance
 知らないの踊れないだよ


I can't dance
 踊れないんです!


I am a man of the road
 僕は風来坊

A hobo by name
 名前は無宿人

I don't seek entertainment
 エンターテイメントなんぞ究めておりませんし

Just poultry and game
 ただ鳥料理だけほしいんです

But if it's all the same to you
 でももしアンタだって僕と同じ立場だったら

Then yes I will try my hand
 そんときゃそう
 僕だって何とかしようとしますよ


If you were hungry as me
 もしアンタが僕みたいに腹ペコだったなら

Then I'm sure you will understand
 そんときゃそりゃもうわかってもらえると思います


Now wait a minute
 うーんと
 ちょっくらお待ち


Of course I can dance
 もちろん
 踊れますよ

Of course I can dance
 はいな踊れます

I'm sure I can dance
 ちゃんと踊れます

I'm sure I can dance
 立派に踊れますよ

I can dance
 踊れますってば!

I really hit the floor
 僕はマジですんごいダンスいたします

Ah it feels good
 ああ最高っすよ

Look at me dancing
 踊るの見てください


I did a two-step quick-step and a bossa nova
 僕は2ステップで華麗な足さばきでボサノバした

A little Victor Sylvester and a Rudy Valentino
 ちょいとばっかビクター・シルベスターやルディ・ヴァレンチノみたいに

https://youtu.be/qmmqI1ayHPY


https://youtu.be/C4ELzf0u7Q8


You should have seen me moving
 皆さんが僕の動きを見てくれてたらもう

Right across the floor
 会場全部を踊り回ってさ


Hand me down my tuxedo
 タキシードは預かっててね

Next week I'm coming back for more
 次の週、もっとやりに戻ってくるからさ


I can dance
 踊れるんだ

Oh yes I can dance
 わおそうなんだ踊れるんだ

Look at me dance on the floor moving
 僕の会場揺るがすダンスをご覧あれ

I feel good
 いい気分

I can dance
 踊れるのさ


I can dance
 踊れる

I can dance
 踊れる

I can dance
 踊れる

I can dance
 踊れる

I can dance
 踊れるんだ




↑米盤


↑英盤

題材はまたしてもフーテンの寅さん、
リリーにフラれて飲まず食わずで沖縄から柴又へ帰ってきた・・・
じゃなくて
道っぱたで妙なとこに出くわしての巻。
42年間、小骨がノドにつかえてるのはそのシツエーション。
道端に

I saw a sign down the road sayin'
 道中で看板を見つけたんだ

Food and drinks for everyone
 どなた様にも御食事とお飲み物をどうぞ
 ってな

どうゆう場所なんだそりゃ?
お店じゃないよな
救済軍の教会?

教会でご馳走や酒は並んでねえだろし
踊りも強要されないだろし

どこぞの金持ちの家がパーティー中?

そんなら看板など上げてないだろし。
実に奇妙な話。

今回、ここでせなきゃいつできると勇躍、訳に挑んだが調べてもその謎はそのまんまだよ。


喰いたいばっかにやったこともない踊りをやるつう見るも切ない状況で
あらびっくり

やってみたら見事に踊れて有頂天

てな逆転落ちが仕掛けられてるも
さらに
逆転、
最後までへろへろ唄い、
ぴろぴろスライド・ギターも鳴りっぱなし

上手く踊れてると思ってるのは自分だけで結局メシにはありつけませんでした

残心を表現するあっけないエンディングで
フェイドアウトはヒット曲狙うにラジオでのパワープレイを誘う常套手段、
それをせんと何か気の毒で気になってまた聞きたくなるつう見事な技法ですの

史上最低最悪大ヒット
魅力まみれの
乞食パワハラ虐待歌だよ。

(山)2017.2.25

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg



00000-2.jpg

ろっくす特製でかい画像ページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

資料

資料(英版)

−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.muzie.ne.jp/artist/a001909/

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447341936
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ