2017年04月20日

ラスヴェガス・ターンアラウンド / ダリル・ホール&ジョン・オーツ 1973/11/3 Las Vegas Turnaround - Daryl Hall and John Oates



ラスヴェガス・ターンアラウンド
ダリル・ホール&ジョン・オーツ
1973/11/3


S市のMさんからのリクエストです。
おこたえします
ダリル・ホール&ジョン・オーツ
記念すべき初ヒット米最高位60位、8週の

追憶のメロディ
SHE'S GONE


を生み出した
1973年11月3日発売大傑作2作目アルバム



アバンダンド・ランチョネット
Abandoned Luncheonette


より英国だけでカットされて見事にスルーされた
ジョン・オーツくんスペシャルシングルAB面

まずは

ラスヴェガス・ターンアラウンド
Las Vegas Turnaround (The Stewardess Song)


スチュワーデスの歌。

作はジョン・オーツ師。
プロデュースは名将アリフ・マーディン師。

面子は

John Oates - lead vocals, acoustic guitar
Daryl Hall - lead vocals, electric piano
Joe Farrell - tenor saxophone
Chris Bond - acoustic guitar
Pat Rebillot - organ
Gordon Edwards - bass
Bernard Purdie - drums
Pancho Morales - congas

ダリルくんが愛しの彼女、スチュワーデスのサラ・アレン嬢と出会ったばかりの頃に
彼女がジョンくんの家に訪ねてきて
「これからわたし、Las Vegas turnaround〜ベガス折り返し便なの。」
って言ったそうで、ジョンくんとっさにはその意味がわからず
あとになってそれが乗務員の業界語でそうゆう意味だって推理して
なんてナイスなタイトルだと感激して書いた唄だそうです。



https://youtu.be/OUCMYbua8uM




(二人)
Sara's off on a turnaround
 サラは折り返しでフライトだってさ

Flying gambling fools
 ギャンブルしに行くアホどもを

To the holy land, Las Vegas
 聖地ラスベガスに飛ばしに行く

Sometimes she's here and sometimes She can't be found turnaround
 たまにこっちにいるかと思えばすぐにいなくなっちゃうんだ折り返しフライトで


(二人)
Sara's off on a turnaround
 サラは折り返しでフライトだってさ

Flying gambling fools
 ギャンブルしに行くアホどもを

To the holy land, Las Vegas
 聖地ラスベガスに飛ばしに行く

Sometimes she's here and sometimes She can't be found turnaround
 たまにこっちにいるかと思えばすぐにいなくなっちゃうんだ折り返しフライトで


(ジョン)
And Sara's off, half hiding far above the clouds
 サラは行っちゃう、雲よりも遥か高く半分見えなくなって

High she flies I know I've got to find her a place
 高いとこを飛ぶんだからそうさ僕は見つけてあげなきゃいけない

She can push her toes around in
 楽に足を投げ出せる場所をを

(ダリル)
She needs a place where she can lounge and wear a gown in
 彼女にはガウンをはおってくつろげるとこが必要なんだ

(二人)
Sara turnaround turnaround
 サラは折り返しフライト

Turn,
 とんぼ返りで

turnaround
 折り返し


(二人)
Sara's off on a turnaround
 サラは折り返しでフライトだってさ

Flying gambling fools
 ギャンブルしに行くアホどもを

To the holy land, Las Vegas
 聖地ラスベガスに飛ばしに行く

Sometimes she's here and sometimes She can't be found turnaround
 たまにこっちにいるかと思えばすぐにいなくなっちゃうんだ折り返しフライトで


サックスぷえ

Sara's off on a turnaround
 サラは折り返しでフライトだってさ

In Las Vegas
 ラスベガスに

Sometimes she's not around, turnaround
 たまにいなくなっちゃうんだ
 とんぼ返りで


(ジョン)
In any night well she's here
 どの夜も、そう、彼女はここにいたかと思えば

Half way 'round the world, oh I could cry
 世界を半周しちゃって、ああ、僕は泣くことになる

And so I know I've got to pray for delays
 だからそうなんだ到着が遅れたら僕は祈らなきゃならない

And for days till she's besides me
 何日も僕のそばに彼女がいてくれるまで

(ダリル)
All alone in her room
 彼女の部屋でひとりっきりで

And her scattered clothes remind me
 アイツの散らかった服で思いを馳せる

Sara please
 サラ、頼むよ

(二人)
Sara, turnaround
 サラ、とんぼ返りしてくれよ

(二人)
To Las Vegas, turnaround,
 ラスベガス折り返し便

(ダリル)
Sara please
 サラ、どうか

(二人)
she's going to Las Vegas
 アイツはラスベガスに行くシフト

(二人)
To Las Vegas, turnaround,
 ラスベガス折り返し便

(ダリル)
Sara please
 サラ、どうか

(二人)
she's going to Las Vegas
 アイツはラスベガスに行くシフト

(二人)
To Las Vegas, turnaround,
 ラスベガス折り返し便

(ダリル)
Sara please
 サラ、どうか

(二人)
she's going to Las Vegas
 アイツはラスベガスに行くシフト

(二人)
To Las Vegas, turnaround,
 ラスベガス折り返し便

(ダリル)
Sara please
 サラ、どうか

(二人)
she's going to Las Vegas
 アイツはラスベガスに行くシフト

(二人)
To Las Vegas, turnaround,
 ラスベガス折り返し便

(ダリル)
turnaround, turnaround
 折り返しなんて
 とんぼ返りなのかよ

(二人)
she's going to Las Vegas
 アイツはラスベガスに行くシフト・・・



むーほんとになんてナイスななんてグルーヴィンな
この先もこのあともありませんこのランチョネット時代でしか味わえぬたおやかなアコースティック・ソウル
私も大好きです。

そして
B面

作はジョン・オーツ師。
メンツは

John Oates - lead vocals, acoustic guitar
Daryl Hall - electric piano
Chris Bond - electric guitar, mellotron
Jerry Ricks - acoustic guitar
Gordon Edwards - bass
Bernard Purdie - drums

ろまんちっくムード満点な

アイム・ジャスト・ア・キッド
I'm Just A Kid (Don't Make Me Feel Like A Man)




https://youtu.be/tVNOQh8shjk




(ジョン)
Little girl what's your name
 ねえ君、名前をきいてもいいかい

Now don't you go looking at me like that
 行かないでくれる、そんな風に僕のこと見て

You might see I'm ashamed, what's your name
 僕がしょげるのを見たいのかい
 名前を教えてくれないかな

Just talk with me,
 ちょっとだけ僕と話していって

won't you talk with me
 僕とおしゃべりしないかい

(二人)
Will you survive,
 うまくできるように覚えたくない?

learn to drive
 運転を

I know you can't describe the dreams you want to be
 そうだね君は思いをうまく言えないんだろ

Either stay or get away
 ここにいたいんだかいたくないんだかって気持ちを

I'm not playing around, can't you tell the way I'm squeezing your hand
 僕はふざけてなんかいない
 僕が君の手をギュッと握りしめてもいいかどうか言えないんだろ

(ジョン)
I'm just a kid don't make me feel like a man
 僕は年下なんだから
 男だなんて気付かさないでおくれよ


(二人)
Oh pretty girl
 あああああああ愛しいひと

(ジョン)
It ain't too hip faking lines you ain't taking
 気取ってしゃべらなくたっていいんだ無理しないで

But your lips make me say it that way
 君の唇を見つめてるだけで僕はあんなふうに言ってしまう

Now there's no use you resisting
 無理しても無駄だよ

This is the Cradle Thief insisting
 これって年下との恋なんだホントだよ

I think you better let me have it my way
 思うんだ僕の想いのままにしてくれたほうがいいって

Fool around with me,
 僕をもてあそんでくれてもいい

come on mess around with me
 さあ、僕をむちゃむちゃにしておくれ



(二人)
Will you survive,
 うまくできるように覚えたくない?

learn to drive
 運転を

I know you can't describe the dreams you want to be
 そうだね君は思いをうまく言えないんだろ

Either stay or get away
 ここにいたいんだかいたくないんだかって気持ちを

I'm not playing around, can't you tell the way I'm squeezing your hand
 僕はふざけてなんかいない
 僕が君の手をギュッと握りしめてもいいかどうか言えないんだろ

(ジョン)
I'm just a kid don't make me feel like a man
 僕は年下なんだから
 男だなんて気付かさないでおくれよ


Silly girl I'm just playing
 ばかだね、僕はただしてるだけ

Now did you think that I'd be nuts enough to try an' pick you up
 思ったんじゃない
 僕が君をナンパしようとしてるつまらない奴だって

Don't you know it's a game, it's all a game I've been playing
 わからないかなゲームなんだ、ただのお遊び、僕がやってる

But what'd you say your name was,
 だけどなんて言ったっけ君の名前は

Walk with me,
 僕と歩かないかい

just around the corner baby maybe you could even
 ちょっとそのへんまでベビ大丈夫さ

Try to talk to me
 僕と話してみたって

Damn you talk to me!
 いいじゃん僕と話してくれたって!

Damn you talk to me!
 いいじゃん僕と話してくれたって!


(二人)
Will you survive,
 うまくできるように覚えたくない?

learn to drive
 運転を

I know you can't describe the dreams you want to be
 そうだね君は思いをうまく言えないんだろ

Either stay or get away
 ここにいたいんだかいたくないんだかって気持ちを

I'm not playing around, can't you tell the way I'm squeezing your hand
 僕はふざけてなんかいない
 僕が君の手をギュッと握りしめてもいいかどうか言えないんだろ

(ジョン)
I'm just a kid don't make me feel like a man
 僕は年下なんだから
 男だなんて気付かさないでおくれよ

I'm just a kid don't make me feel like a man
 僕は年下なんだから
 男だなんて気付かさないでおくれよ

I'm just a kid don't make me feel like a man
 僕は年下なんだから
 男だなんて気付かさないでおくれよ

 うううん

I'm just a kid
 僕は年下なんだから

(ダリル)
I'm not a man
 男じゃないんだ・・



まーかわいい
John William Oatesくん
1948年4月7日ニューヨーク生まれ、

長所
負けず嫌いで、自分だけで判断し、目的が存在する時は、リスクを避け勝算を見極め大胆にチャレンジする。
敗北をバネにする心の強さ。

短所
見栄張り、自分の力に余ることを引き受け、主張を強引に通し、時にカッとなってすべてを投げ出す。

この時25歳。
お相手はどなた?

(山)2017.4.20

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg





00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすホール&オーツのページ

資料

資料(英版)


−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.muzie.ne.jp/artist/a001909/

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449168820
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ