2017年05月07日

内なる心の輝き / トッド・ラングレン 1975/4 REAL MAN - Todd Rundgren



内なる心の輝き
トッド・ラングレン
1975/4


全能の人トッド兄い、
全農の人じゃないよ。
そしてそれにもまして人徳の人
Todd Harry Rundgrenさん
1948年6月22日ペンシルベニア州アッパー・ダービー生まれ、
まさしく器用で気分屋でやさしさの蟹座双子座寄りはじっこ。
少々売れたっていささかも動ぜず
自らのロック道を貫いて迎えたる1975年。
呪縛のごとく自らに染み付いたポップをかなぐり捨てて邁進したき宇宙プログレに飛び立ちます
大編成第一期ユートピアで暴れたあと
6作目アルバム



未来神
Initiation


1975年6月14日発売。
そこよりの唯一カット4月発売が

内なる心の輝き
REAL MAN


作・プロデュース、男の中の男トッド兄貴。
陣容は

Piano, Strings Ensemble, Keyboards Computer, Synthesizer, Guitar, Percussion – Todd Rundgren
Bass – John Siegler
Drums – Kevin Ellman
Engineer – Todd
Computer Keyboards – Moogy Klingman

アルバム一曲目、その決意を表明したものであり
そを世に問うて

米国チャート
1975年4月26日90位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/449315096.html
以後
84-(5/10)83位。
最高位83位。3週。

見事にチャートじゃズッコケたトッド史上重要作です

https://youtu.be/llz1pIcHbQY




 うーうーうーうーうー

When I was a child
 僕が子供だった時は

I thought as a child
 子供みたいに考えてた

I spoke as a child
 子供みたいにしゃべってた

I didn't know better
 分別ってもんが無かったんだ

better
 分別ってもんが


But now I'm a man
 だがいまや僕はいっちょ前の人間

I look like a man
 見かけだって人間

I'm old as a man
 人として歳だってとってる

And I should know better
 もっと分別ってもんが無けりゃいけないんだ

better
 分別ってもんが


Got my head in the sky
 上から眺めてよく考えれば

And my mind knows what it wants
 自分の心は何を求めてるかわかってる

But my body just drags me down
 だが肉体がマジで僕の足を引っ張るんだよ

And my world is something you can't see
 そして僕の世界は君には理解できない代物

But it's still very real to me
 だがそれはいまだ僕にとってリアルなこと

You can find it in the hole where I keep my soul
 僕が魂をしまいこんでる穴蔵で君はそれを見つけられる

There it is
  そこにあるんだ

- way down inside me
  僕の中、奥底に

There's a real man
 人としての人がいる

a real man
 人としての人が

Forget about my body and be a real man
 肉体は忘れて人として人になるんだ


I see with my heart
 僕は心で見ている

I hear with my heart
 心で聞いてる

I feel with my heart
 心で感じているんだ

Sometimes it works better
 たまにそれでまあうまくいってるんだ

better
 まあうまくね

And some so-called friends put me down
 でもいわゆる友達と称する連中は僕の悪口を言う

And they pity me for trying
 奴らはしようとしてることを無駄だと哀れむ

Bad emotions push me around
 悪感情に僕は振り回されるけど

But the vision shines on and on
 ヴィジョンは輝くんだ、次から次へと

It will shine when we all are gone
 それは僕らが皆消えたって輝き続ける

And I'd like to add a little sparkle while I'm here
 ここにいる間に少しでもキラメキを僕は加えたい

Light it up
 それを照らしてくれ

- way down inside me
  僕の中、奥底にあるものを

There's a real man
 人としての人がいる

a real man
 人としての人が

Forget about my body and be a real man
 肉体は忘れて人として人になるんだ


Some men's world is only hate and money
 一部の人にとっての世界は憎しみと金だけが存在する

Afraid of everything and they laugh at nothing
 すべてを恐れ、何を見ても笑おうともしない

And they only live to criticize
 奴らはけなすためだけに生きているんだ

You can laugh at me now
 今ならあんたらは僕のことを笑えるよ

[ha ha ha]
  はーはーはー

But the time comes to everybody
 だがその時は誰にだってやって来る

When you must decide
 決めなければいけない時が

When that day finally comes along
 その日がついにやって来た時には

You might wish you'd been a little more strong
 君は願うのさ、も少し強くなってれば良かったのになあって

Then you'll wake up in the morning cryin'
 そして朝目覚めて泣くんだよ

"Oh my God"
 「ああ、なんてこったい。」

There it is
  そこにあるんだ

- way down inside me
  僕の中、奥底に

It's a real man
 それこそが人としての人

a real man
 人としての人

You got to grow up sometime
 君だっていつかは大人にならなければならない

Be a real man
 人として人になるんだ

a real man
 人としての人

Suffer them slings and arrows
 逆境に耐え忍んで

Be a real man
 人として人になるんだ

Now be a real man
 今こそ一人前の人間になるんだ

Don't sell yourself for nothing
 無意味なことに自分を売るんじゃない

Be a real man
 人として人になるんだ

Be a real man
 ちゃんとした人間になるんだ

Don't take no crap from no one
 誰のたわごとにも耳を貸すんじゃない

Be a real man
 人として人になるんだ

Be a real man
 ちゃんとした人間になるんだ

Get your trip together
 しっかりして

Be a real man
 人として人になるんだ

Be a real man
 ちゃんとした人間になるんだ



リアル・マン

男の中の男

とゆうよりも

人たるもの人でなければ人でなし

世の諫言に惑わされず信念の人となるべし



己に問い、たとえ大失敗に終わろうともやったるでぇ

くらい気合を入れなければやり通せぬこれ以降の曲群だこのアルバムは

B面は
その一端を垣間見せたる
アルバムB面全面の超大作より編集テンポ変えての



プラーナ/宇宙炎より
Prana (From Cosmic Fire)


https://youtu.be/qH9yslH_i0o


全楽器自分。

Initiation

初発; イニシエーション; 初発変化; 開始

何かの行為を動かし始める行為。

(山)2017.5.7

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg



00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすトッド・ラングレン氏のページ

資料

資料(英版)

−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.muzie.ne.jp/artist/a001909/

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.
posted by 山 at 08:44| Comment(2) | TrackBack(0) | トッド・ラング連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「信じれば夢はかなう」的なJ-POPの歌詞には
正直吐き気がするけど、この歌は全然違いますね。
有言実行の人が「お前も惑わされず生きていけよ!」と
背中を叩いて気合を入れてくれる歌だから、かな?
Posted by 日本少年二号 at 2017年05月07日 11:42
>「信じれば夢はかなう」的なJ-POPの歌詞には
正直吐き気がするけど、

全面同意いたします。
Posted by ヤマ at 2017年05月08日 07:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449658145
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ