2017年05月18日

伝承 / カンサス 1976/11/19 CARRY ON WAYWARD SON - Kansas


↑ドイツ・オランダ盤

伝承
カンサス
1976/11/19


すべては風の中に塵として舞ってしまうとは言え
昔々、もう十年も前だよ、この歌の歌詞を訳したんは
我が数々為してきた愚かな所業の中でも最もスカタンなもので
悔やんでもくやみきれぬわ
ことは
こないだスーパーナチュラルのシーズン10第5話

“女子高生の課外活動”

カンサス - 伝承(スパナチュミュージカルver.)
https://youtu.be/h3DIKKgeAKE


を見て
この主題歌たる地位の歌の真相を垣間見て恥じる忸怩たる思いいてもたってもオラれぬわ

1976年10月発売4作目アルバム



永遠の序曲
Leftoverture




メンツは

Steve Walsh – organ, piano, lead vocals (all tracks), additional synthesizers, vibraphone
Robby Steinhardt – violin, viola, backing vocals, lead vocals ("Miracles Out of Nowhere" and "Cheyenne Anthem")
Kerry Livgren – electric guitar, clavinet, Moog, Oberheim synthesizer, ARP synthesizers, piano
Rich Williams – electric and acoustic guitars
Phil Ehart – drums, percussion
Dave Hope – bass guitar

Additional personnel
Toye LaRocca – vocals
Cheryl Norman – vocals

より1回目カット11月19日発売。
作はギターで鍵盤、ケリー・リヴグレン師。
プロデュースはジェフ・グリックスマン師。
それまで出したシングル、ことごとく全敗だった中、
突如嵐のようにブレイクする
そは当然のサウンド
への盲目の好き好きは10年前書き尽くしたで思い残すことなきよう今回は訳をしたるわ。

伝承
CARRY ON WAYWARD SON




米国チャート
1976年12月25日87位初登場、
以後
76-*-66-55-45-(1977/2/5)36-30-25-21-18-16-15-13-(4/2)11-11-14-21-(4/30)34-(5/7)68位。
最高位11位2週。20週。


唯一のヒットで、
1978年7月1日74位初登場、
以後
(7/8)51-56-52-63-73-(8/12)69位。
最高位51位。通算7週。


↑米盤

https://youtu.be/2X_2IdybTV0


https://youtu.be/P5ZJui3aPoQ




Carry on my wayward son
 闘い続けるのだ、坊主、無鉄砲な息子よ

There'll be peace when you are done
 お前が成し遂げた時には平和が訪れるであろう

Lay your weary head to rest
 今は休むがよい、その疲れ果てた頭を

Don't you cry no more
 もうこれ以上泣くのはやめるのだ


ギタア!


Ah
 あーーーーあーーー

Once I rose above the noise and confusion
 かつて俺は喧騒と混乱に屈すること無く立ち向かった

Just to get a glimpse beyond this illusion
 この幻を超えて何かを掴む為だけに

I was soaring ever higher,
 俺は過去に味わったことが無いほど高く舞い上がった

but I flew too high
 しかしあまりに高く飛び過ぎてしまったのだ

Though my eyes could see I still was a blind man
 俺の目には捕らえることが出来たが
 それでもまだ盲人同様だった

Though my mind could think I still was a mad man
 俺の心は考えることは出来たが
 それでもまだ狂人同様だった

I hear the voices when I'm dreaming,
 夢を見れば俺には声が聞こえるのだ

I can hear them say
 奴らがつぶやく声が聞えるんだよ


Carry on my wayward son
 闘い続けるのだ、坊主、無鉄砲な息子よ

There'll be peace when you are done
 お前が成し遂げた時には平和が訪れるであろう

Lay your weary head to rest
 今は休むがよい、その疲れ果てた頭を

Don't you cry no more
 もうこれ以上泣くのはやめるのだ


Masquerading as a man with a reason
 使命を帯びた男のなりをして

My charade is the event of the season
 俺の茶番は毎度のこと

And if I claim to be a wise man,
 自分が賢人であるとそれでも言い張るのなら

Well, it surely means that I don't know
 そうだな、そいつは俺はまだ無知だってことの証明なのだ


On a stormy sea of moving emotion
 揺れ動く感情の嵐の海の中で

Tossed about, I'm like a ship on the ocean
 荒波にもまれ俺はまるで大海の一隻の船のよう

I set a course for winds of fortune,
 運命の風のおもむくまま海路を定めていたんだ

But I hear the voices say
 だが俺には声は聞こえている


Carry on my wayward son
 闘い続けるのだ、坊主、無鉄砲な息子よ

There'll be peace when you are done
 お前が成し遂げた時には平和が訪れるであろう

Lay your weary head to rest
 今は休むがよい、その疲れ果てた頭を

Don't you cry no more
 もうこれ以上泣くのはやめるのだ

no!
 泣くんじゃない!


ギタア!


Carry on,
 闘い続けるのだ

You will always remember
 お前はけして忘れない

Carry on,
 闘い続けるのだ

Nothing equals the splendor
 栄光に勝るものなど無いのだ

Now your life's no longer empty
 今やお前の人生はもう空っぽなんかじゃない

Surely heaven waits for you
 必ずしやお前は天界にたどり着くんだよ


Carry on my wayward son
 闘い続けるのだ、坊主、無鉄砲な息子よ

There'll be peace when you are done
 お前が成し遂げた時には平和が訪れるであろう

Lay your weary head to rest
 今は休むがよい、その疲れ果てた頭を

Don't you cry,
 泣くんじゃない

Don't you cry no more,
 もうこれ以上泣くのはやめるのだ


ギタア!

No more!
 もうやめろ!

ギタア!



これはスーパーナチュラルにてハンターたるディーンとサムのウィンチェスター兄弟の父、
志半ばにしてディーンの命を救うため妻の仇の黄色い目の悪魔に取引を持ちかけて
自分の命と武器のコルトを差し出し死んだジョン・ウィンチェスターが唄うものである。
泣くなと呼びかけているのは自分のために父が死んだと思い続け悩むディーンにむけて。
詳細は今からでも遅くないドラマを最初っから見るべし。

何しろシリーズ全部がこの伝承に捧げられてるです。

なお日本では当時単体でシングルは出ず
のちに「帰らざる航海」のB面として出現。

オリジナル米盤のB面は

Questions Of My Childhood
少年時代の謎



↑米盤

https://youtu.be/1rek_POoaf0


さてこれはジョンの少年時代の謎かディーンのかサムのか?
探索してみたきも今はもう時は無し。

いづれ機会があらば。

(山)2017.5.18

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg



00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすカンサスのページ

資料

資料(英版)

−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.muzie.ne.jp/artist/a001909/

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ