2017年07月07日

オー・イエー! / アッシュ 1996/6/24 OH YEAH - Ash



オー・イエー!
アッシュ
1996/6/24


♪きゃっきゃっ、きゃっきゃっ♪

「おまいら〜・・

いつまでも呑気にバカみたいに遊んでるとそのうち誰からも相手にされなくなるぞ。」

「にゃ」

「馬鹿はお前だ
だって。」

「きゅん」

「俺たちが呑気じゃなければ
だって。」



「みょん」

「バカみたいに遊んでなければ
だって。」

「わんわん」

「それこそ誰も餌なんかくれないぞ
だって。」

「あ、それもそうだな。それだけが取り柄だもんな。」



「にゃあああああ」

「それだけがとはなんだ
だって。」



「きゅううううん」

「お前だって大した取り柄は無いくせに
だって。」

「わんわん」

「悔しかったら骨を来れ糞親父
だって。
また険悪なムードになっちゃって。
どうしておいちゃんとケダモノたちはこう仲が悪いのかねえ。」

「心配するな。毎度じゃれ合ってるだけだ。
そうしないとこいつらの出番も無くなるからな。」


「にゃくわわーーん」

「糞親父糞親父糞親父
だって。」

「はいはい。」


「にゃくわわーーん」

「糞親父糞親父糞親父
だって。」

「はいはい。」


「にゃくわわーーん」

「糞親父糞親父糞親父
だって。」

「はいはい。出番はそれくらいでいいかな。
では



長いことお待たせいたしました。毎度おなじみ馬鹿な青春のレコ屋でござーい。
今日持ってまいりました切なくなるくらいなお宝はああああ

オー・イエー!
OH YEAH -
アッシュ
Ash


いえーーーい。」



「ご説明いたしましょう。」

「何がおいえいなのだ?」

「アッシが今日書かせていただきますは
アッシュです。
剣舞プログレの雄、ウィッシュボーン・アッシュじゃありません。

”はい.”
”花の日カラテ”
”英国ロンドン市キングスロード通555”
”私達は・り・された若者です。”



カン・フー
KUNG-FU


英国チャート
2回目のヒットで、
1995年4月1日57位初登場。1週。

のアッシュです。
北アイルランドはダウンパトリック出身1992年結成ブリットポッパーです。
映画ネタ大好き、SFネタ大好き

スーパーグラスと並ぶブリットポップすっとぼけ組で登場しました。
そんななんてアホですねを受けてお次が

1995年7月31日発売

ガール・フロム・マーズ
GIRL FROM MARS


英国チャート
3(4)回目のヒットで、
1995年8月12日11位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/440909680.html
以後
最高位11位。6週エントリー。

お次が

1995年10月9日発売。

エンジェル・インターセプター
ANGEL INTERCEPTOR


https://youtu.be/ecdFimUYtiQ

英国チャート
4(5)回目のヒットで、
1995年10月21日14位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/442929862.html
最高位14位。まで7週エントリー。

お次が

1996年4月15日発売

ゴールドフィンガー
GOLDFINGER


https://youtu.be/o-TVmhd-xcM

英国チャート
5(6)回目のヒットで、
1996年4月27日5位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/449345971.html
最高位5位。9週エントリー。

とだんだんの中
おや、こいつらただのバカじゃないみたいだぞ
の中

これまでの唄が全部収録の

1作目公式アルバム



1977

1996年5月6日発売。

人気沸騰!!

英国アルバムチャート
1回目のヒットで、
1996年5月18日1位初登場、
以後
3-5-8-10-14-13-15-10-10-10-9-11-15-19-17-21-30-42-40-48-58-71-74-70-72-(11/16)100--
(1997/1/11)80-(1/18)90--
(2/8)98--
(1998/10/10)81--
(2001/5/5)74位。
最高位1位。32週エントリー。

それを受けて
〆てみせます
5回目カット1996年6月24日発売。



OH YEAH - Ash
オー・イエー! アッシュ




作は唄うTim Wheelerくん、



プロデュースはバンドと応援するぞオーウェン・モリス師匠。



メンツは



Ash

Tim Wheeler – guitar, vocals, string arrangements
Mark Hamilton – bass, sleeve assistant
Rick McMurray – drums



Strings Arranged By Nick Ingman, Owen Morris, Tim Wheeler



静かなるコーラス助っ人に
リアム・ギャラガーくんの最初の奥さん、リサ・ムーアッシュさん。



完全にバカじゃな〜いを証明する味わいの唄をもって



英国チャート
6(7)回目のヒットで、
1996年7月6日6位初登場、
http://rocksblog.seesaa.net/article/451520963.html
以後
19-20-(7/20)30-44-58-64-67--
(9/14)77-77-69-(10/5)85位。
最高位6位。通算11週。

おーう、いえいっ!」



「素晴らしきオウイエイに花束贈ります。」



https://youtu.be/iEXYAgAeQ58




Oh Yeah she was taking me over
 オウ、イエイ
 彼女は僕をとりこにした

Oh Yeah it was the start of the summer
 オウ、イエイ
 それは夏の始まりだった



らーらーら
ららーら
ららーらーら

うーわ

うーわ

On warm June evenings
 6月の暖かい夜

She would come to my house
 彼女は僕の家に来るんだ

Still in her school skirt
 まだ彼女は制服のスカート

And her summer blouse
 そして夏服のブラウス

Talking too long as the night came on
 夜が来るまでずっと長いおしゃべりして

It was the best time of my life
 それは僕の人生の最高の時だった



Her bee stung lips,
 彼女の唇はアンジェリーナ・ジョリーみたい

Kisses sweeter than wine
 ワインより甘いキッスをする

The things she whispered
 彼女が囁く言葉

With breathless sighs
 息を呑んで放たれるひとこと

The summer air was soft and warm
 夏の空気は柔らかく暖かかった

Her eyes were making silent demands
 彼女の目は静かに求めていたんだ

And as her hair came undone in my hands
 彼女の髪がほどけて僕の手の中に落ちてきた



Oh Yeah she was taking me over
 オウ、イエイ
 彼女は僕をとりこにした

Oh Yeah it was the start of the summer
 オウ、イエイ
 それは夏の始まりだった


Oh Yeah she was taking me over
 オウ、イエイ
 彼女は僕をとりこにした

Oh Yeah it was the start of the summer
 オウ、イエイ
 それは夏の始まりだった

うーわ

うーわ



Driving her home after midnight
 真夜中すぎて彼女の家までドライブ

I felt so good everything was alright
 何もかもが素敵で僕はとてもいい気分

Her thoughts seemed so lost in the night sky
 彼女は夜の空の中、うっとりしてたようだった

I remember everything
 何もかも覚えている


I don't know why these things ever send
 僕にはわからない
 どうしてこんな風に過ごせたのか

I sometimes wish it was that summer again
 時々願うんだ
 またあの夏になれたらなあって

I still see her in my sleep
 まだ夢の中で彼女の姿を見る

And hear the sighing of the summer wind
 そしてあの夏の風の吹く音が聞える

Still I don't regret one thing
 まだたった一つのことだって僕は後悔していない



Oh Yeah she was taking me over
 オウ、イエイ
 彼女は僕をとりこにした

Oh Yeah it was the start of the summer
 オウ、イエイ
 それは夏の始まりだった

Oh Yeah she was taking me over
 オウ、イエイ
 彼女は僕をとりこにした

Oh Yeah it was the start of the summer
 オウ、イエイ
 それは夏の始まりだった

うーわ

うーわ



ギタア!



あーあーあーあ


Oh Yeah she was taking me over
 オウ、イエイ
 彼女は僕をとりこにした

Oh Yeah it was the start of the summer
 オウ、イエイ
 それは夏の始まりだった

Oh Yeah she was taking me over
 オウ、イエイ
 彼女は僕をとりこにした

Oh Yeah it was the start of the summer
 オウ、イエイ
 それは夏の始まりだった

It felt just like it was the start of forever
 それが永遠の始まりだったように感じたんだ



Oh Yeah it was the start of the summer
 オウ、イエイ
 それは夏の始まりだった



うーわ



うーわ





「嗚呼、青春だね。」

「嗚呼、青春だ。」

「胸キュンだね。」

「胸キュンだ。」

「見事に残心さす〆シングルだね。」

「見事だ。」

「カップリングはバンドのB面フェイバリットの一つであります
ティムくん作

T・レックス
T. Rex


いえい。」



https://youtu.be/aI0dGcCr0Ew






I can feel it coming
 僕は来るんだと感じられる

Feel it coming in the air
 何となく来るんだと感じる

Times the living is easy
 お気楽極楽に生きれる時代

It won't be long till the summer is here
 あの夏が来るまでもうすぐなんだ

Days when you wake in the morning
 君が朝目覚める日々

With the sun shining through the blinds
 ブラインドの向こうから太陽が輝いて

Days when the living is easy
  お気楽極楽に生きれる日々

And you know things are going alight
 物事がうまくいきそうだってわかってる



Coming up following the feeling
 このフィーリングに続けてやって来る

And the night is young
 夜はまだ始まったばかり

Let it go following this feeling
 このフィーリングを追いかけてみようよ

Let it come
 身を任せてね



On nights when the music ignites you
 音楽が君に火をつける夜に

And you come to understand
 君は理解するようになるんだ

That all that you ever looked for
 君が今まで探してたもののすべてが

Is sitting there in your hand
 君の手の中にそこで座ってる


When the air is alive with magic
 空気中に音楽が息づいて

And you feel it in the summer breeze
 君は夏の風の中にそれが感じられる

When the stars are aglow and burning
 星々がきらめきまたたくと

And it's all setting off your dreams
 それが君の夢を動かし始めるんだ



Coming up following the feeling
 このフィーリングに続けてやって来る

And the night is young
 夜はまだ始まったばかり

Let it go following this feeling
 このフィーリングを追いかけてみようよ

just Let it come
 ただ身を任せてね



Burning up following the feeling
 このフィーリングに続けて燃え上がる

And the night is young
 夜はまだ始まったばかり

Let it go following this feeling
 このフィーリングを追いかけてみようよ

Let it come
 身を任せてね



No more nights sitting feeling blue
 沈んだ気持ちで体育館座りする夜はもう来ない

Even the rain reminds me of you
 雨が降ったって君のことを思い出すんだ

Just let it all fade away
 何もかも無くなってしまえばいい

Just let it all fade away
 何もかも無くなってしまえばいい

Like a bad dream in the night
 夜の悪夢みたいに
 


Burning up following the feeling
 このフィーリングに続けて燃え上がる

And the night is young
 夜はまだ始まったばかり

Let it go following this feeling
 このフィーリングを追いかけてみようよ

just Let it come
 ただ身を任せてね



Burning up following the feeling
 このフィーリングに続けて燃え上がる

And the night is young
 夜はまだ始まったばかり

Let it go following this feeling
 このフィーリングを追いかけてみようよ

Let it come
 身を任せてね



「まったくTレックスなサウンドじゃ無いけれど。」

「無いけれど。」

「あの時分の高揚が手に取るように伝わるね
って
ティムくん生まれは1977年でTレックスの全盛時代をまるで知らんじゃん。」

「知らんな。」

「もう一曲のカップリングは
ティムくんのダチでありますブー・ラドリーズのマーティン・カーくんが歌詞を書いた

エヴリホエア・イズ・オール・アラウンド
Everywhere Is All Around


どこでもオッケー!」



https://youtu.be/v8LW7Yh9niw




The dust the world has gained is washed away by rain
 世界が抱えてる塵は雨で洗い流されるんだ

Some stains cannot be moved
 落ちない汚れも有る

mistakes you cannot lose
 君が拭い去れないミス

But the circle never ends
 だけどそのサークルは途切れることは無い

it all comes round again
 すべては再び巡りくる

Round and round and round and round
 くるくるくるくるくるくるくるくる



Everywhere is all around find it if you can
 何もかもがそこで見つかるんだ
 君がその気になればね

Make the most of what you've found
 見つけたものはとことん活かしてやるんだ

Keep it with your plans
 君の計画に沿うように


Kid twist took the fall
 NYギャングのキッド・ツイストは転落した

from the half moons sixth floor
 ハーフ・ムーン・ホテルの6階から

We know what we are
 僕らは自分らが何者で

and what you thought you saw
 君が思い君が見たものはわかってる

The half moons secret lies in Bugsy Siegals eyes
 ハーフ・ムーン・ホテルの秘密はバグジー・シーゲルズの目の中にある


It's what we bring to those who sing
 それは唄う人々に僕らがもたらすものなんだ



Everywhere is all around find it if you can
 何もかもがそこで見つかるんだ
 君がその気になればね

Make the most of what you've found
 見つけたものはとことん活かしてやるんだ

Keep it with your plans
 君の計画に沿うように



Everywhere is all around find it if you can
 何もかもがそこで見つかるんだ
 君がその気になればね

Make the most of what you've found
 見つけたものはとことん活かしてやるんだ

Keep it with your plans
 君の計画に沿うように

ぎたぎたぎたぎたぎたぎたぎたぎたああああ



「やかましいね。」

「やかましいな。」

「すっかり真面目になったわけでもないよって。」

「ないよ。」

(山)2017.7.7

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg





00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

資料

資料(英版)

−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.muzie.ne.jp/artist/a001909/

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ