2017年10月05日

エル・スコルチョ / ウィーザー 1996/9/19 EL SCORCHO - Weezer



エル・スコルチョ
ウィーザー
1996/9/19


バディ・ホリー



セイ・イット・エント・ソー



僕たちのハートを鷲掴みにしたアメリポップの星飛雄馬

ウィーザー

2年4ヶ月ぶり待望の
2作目アルバム



ピンカートン
Pinkerton


1996年9月24日発売だあ。

って

なんやねんこのジャケは???

永谷園のお茶漬けの素のカードにあるんか

歌川広重さん作東海道五十三次

蒲原 夜之雪

ふむふむ

って
どこがふむふむやー

さすがハーバード出の奴のやることはわからん
このクオモめ、煙に巻きおって



ここは巻かれたふりをして
1回目カット9月19日発売



エル・スコルチョ
EL SCORCHO


なんやそりゃああ
ドンタコスか

アメリカのタコスのチェーン店



デルタコ


ホットソースのパッケージに書いてある



Del Scorcho

のD獲って

激辛!!

意味やろや。

踏まえたる。

ピンカートン

ジャコモ・プッチーニさん作オペラ

蝶々夫人


アメリカ海軍の戦艦エイブラハム・リンカーン所属の海軍士官ピンカートン(Pinkerton)は日本人の少女と結婚することになった。

云々。
踏まえたる。
ほとんど踏まえて無いが
踏まえることにして

にしても
なんだこのジャケは

芸者サン?
ゲーイシャさーーーん?

作はともかく日本大好きRivers Cuomo、
プロデュースはバンド。



米モダンロック19位。



日本73位。


4回目のヒットで、
1996年10月5日50位初登場、次週87位。2週。



https://youtu.be/okthJIVbi6g




El Scorcho!
 激辛!

Aye Carumba!
 オーマイガッ!


Goddamn you half-Japanese girls
 糞ったれ、ハーフの日本人ギャルたち

Do it to me every time
 毎度毎度僕をそんな目にあわしゃいいんだ

Oh, the redhead said you shred the cello
 おうよ、赤毛の野郎が言ってたさ
 君はチェロみたいな楽器をギロギロ弾いてたってね

And I'm jello, baby
 僕はジェラシー野郎てへ、ベイビー

But you won't talk, won't look, won't think of me
 けど君は話そうともしない、見向きもしない、考えようともしないんだ僕のことなんか

I'm the epitome of public enemy
 僕は社会の鼻つまみ者の一等賞てか

Why you wanna go and do me like that?
 何で行っちまいたいんだ、どうしてそんなことをするんだよ?

Come down on the street and dance with me
 街へ繰り出して僕と踊ろうよ


I'm a lot like you, so please
 僕は君と仰山似てるとこあるんだから、頼むよまったく

Hello, I'm here, I'm waiting
 もしもし、ここにおりますって、待ってるんだからさあ

 おおお

I think I'd be good for you
 思うんだ
 僕は君とお似合いだって

And you'd be good for me
 君は僕にお似合いだってさ


I asked you to go to the Green Day concert
 グリーン・デイのコンサートに行こうって誘ったら

You said you never heard of them
 奴らを聞いたことも無いって言いやがった

how cool is that
  それってどんだけクールなの?

How cool is that?
 それってどんだけクールなのさ?

So I went to your room and read your diary:
 だから僕は君の部屋に行って君の日記を読んだ

"Watching Grunge leg drop New Jack through a press table..."
 「グランジがニュー・ジャックにレッグドロップをキメるとこを記者席で見物・・」

And then my heart stopped:
 で次見たら僕の心臓は止まっちまったね

"Listening to Cio-Cio San, fall in love all over again."
 「蝶々夫人を聴いて、もう一度恋に落ちる。」

 あおーっ

I'm a lot like you, so please
 僕は君と仰山似てるとこあるんだから、頼むよまったく

Hello, I'm here, I'm waiting
 もしもし、ここにおりますって、待ってるんだからさあ

 おおお

I think I'd be good for you
 思うんだ
 僕は君とお似合いだって

And you'd be good for me
 君は僕にお似合いだってさ

 おおおお

How stupid is it?
 なんてマヌケなんだ?

I can't talk about it
 口にだすのもできやしない

I gotta sing about it
 歌にしなきゃおさまらない

and make a record of my heart
 で僕の気持ちをレコードにしなきゃ

How stupid is it?
 どんだけマヌケだっつーの?

Won't you gimme a minute
 ちょいとだけ時間をさいて

Just come up to me
 ただ僕ンとこに来て

And say hello to my heart
 僕のハートによろしくお願いしますって言やあいいのに

How stupid is it?
 どんだけ抜けてるの?

For all I know you want me too
 きっと君だって僕のことを求めてるんだ

And maybe you just don't know what to do
 きっと君はどうしたらいいかわかんないんだね

Or maybe you're scared to say:
 告白するのが怖いのかもしれない

'I'm falling for you'
 「アタシ、貴方のこと好きになりそう。」


ギタア!


I wish I could get my head out of the sand
 現実をちゃんと見つめられてたらと思う

'Cause I think we'd make a good team
 だって思うに僕らはいいチームになれるんだし

And you would keep my fingernails clean
 君なら僕の爪の垢をとってきれいにしておいてくれるだろ

But that's just a stupid dream that I won't realize
 けどそんなことは僕が気付くことが無いただの馬鹿げた夢

'Cause I can't even look in your eyes
 だって僕は君の目をちゃんと見ることも出来ないんだから

without shaking, and I ain't faking
 ぶるぶる震えること無しでね
 嘘じゃないったら

I'll bring home the turkey if you bring home the bacon
 うまくいくにきまってんだけどなあ
 まるで
 君がベーコンを持って来てくれるなら
 僕は七面鳥を持っていくみたいに


I'm a lot like you, so please
 僕は君と仰山似てるとこあるんだから、頼むよまったく

Hello, I'm here, I'm waiting
 もしもし、ここにおりますって、待ってるんだからさあ

waiting
 待ってるよー
 おおお

I think I'd be good for you
 思うんだ
 僕は君とお似合いだって

And you'd be good for me
 君は僕にお似合いだってさ

 うおおうおおうおおお

I'm a lot like you
 僕は君と仰山似てるとこあるんだからさあ

I'm a lot like you
 僕は君と仰山似てるとこあるんだからさあ

I'm waiting
 待ってるよー

I think I'd be good for you
 思うんだ
 僕は君とお似合いだって

And you'd be good for me
 君は僕にお似合いだってさ

 うおおおお





ウィーザー!!

Rivers Cuomo – guitar, vocals, keyboards, xylophone
Patrick Wilson – drums
Brian Bell – guitar, backing vocals
Matt Sharp – bass, backing vocals

ぐそぐそにぐだぐだにもんもんにやれやれの覇者。

10年殺しで癖になる曲さ。

(山)2017.10.5
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg





00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすアメリポップのページ。

ろっくすウィーザーのページ。

資料

資料(英版)

−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

▲ページの先頭へ