2005年08月01日

Tattoo / Rory Gallagher 1973

01ma14.jpg

*燃えろのろはロリー・ギャラガーのろ。生涯ギター人間ロリー・ギャラガー。最初から最後まで徹頭徹尾ロリー音楽でした。世間がどうあろうとも。そんな彼が時代とシンクロしてびかびか一番輝いていたのがライブ・イン・アイルランドまで。特にライブ・イン・ヨーロッパからの4枚のアルバム、その中でもこの「タトゥー」は彼のスタジオ作の中で一番好きな盤です。ロリーさんの場合、ロリーさんがロリーさんでいてくれたらそれでもう満足。聴けてありがたやなんだけど。これには何てたってキラー3曲が入ってるもんね。かっこいいところもかっこわるいところも全部見せます。エフェクター無し。裸のギター音。ただその熱でオーバードライブしてる。それは歌声も同様。普通に歌えば歌えるが抑えられぬは己のロック、ぐごごごーんと気持ち上がって天井目一杯まで上がって零れ落ち言葉を放射、それでこの歌なのだ。バンドのメンバーもそんなロリー兄貴に心底惚れ込んで完全一体でくるまずはいきなりキラー、「いれずみの女」。やらずにおれない根性芸人に自分を重ねて最初から臨界点のサビで突入のそれでもリラックスせねばと段々どうしょもなくなって来る様子で耳が火傷。一緒に感極まる。2曲目クレイドル・ロックもキラー。テキサスの風雲児、テリー・ファンクのオハコ、ゆりかご固め。どこが効いてるんだろうと思いながら見るもくるくる廻る。おおお。何か痛そうだ。ロリー氏既に抑えること諦めて全開です。鬼のボ・ディドリー・ビートで突っ走る。ほんとクレイドルで快感だ。吐き出して満足、いや今度はギターチェンジ、生でやりたいと「沢山の夢」物語。うわうわああかっこいいとしか言えません疾走4ビートの「ライク・ユー・エニモア」。どファンキイ・チューン「トラッカーのように生きてます。ジブシーのように生きてます。」どブギーずんずん進撃ちっとも眠ってない「洋服来たまんまでお眠」荒野に鳴り響くスライド・ギター「誰が来ると言うのだ」そしてキラー「100万マイルも離れて」。ほんとに離れてしまった。そこからでもよく聴こえます。聴いてます。こう弾きたいと思ったギターの音色を声を。ニュー・オリンズ・ファンク「認めなさい」。リトル・フィートに夢中だったと聞いてます。共演を一回だけでも聴きたかった。あるのかなもしかしてもしかして。ここからはCDボートラ。「ツーソン、アリゾナ」。アナログ時間制限で入りきらなかったとのこと。聴いて納得、これは入れたかったろうなあ。これもタトゥの正規曲です。心からリラックスしての極上ボーカルで・・・これはもうCDに軍配、LP持ってってもこれ聴くためだけでも買い直して心底良かったほんとに。最後は裸のセッション。いれずみの女はきっと「ろりー命」と彫っていたに違いありません。

(山)2005.8.1

でかくジャケットのページ

入手先参考

試聴はここで

by Yama
BY AUTO TRANSLATION
SORRY,Mistranslation multi.


*The furnace in the burning furnace is Rory Gallagher's furnace. Life guitar man Rory Gallagher. It was Rory thoroughly music from first to last. No matter there are very the people. His such doing the age and the synchronized and the most much having shone : to the live Inn and Ireland. Especially, they are four albums from the live In Europe, and this "Tattoo" is most favorite the especially boards in his studio work. When rory is Lori it and exists for Lori, it has already satisfied it with it. ..it is possible to listen..,It leaves for this very much and three killers are entering. Everything is shown when it is clumsy when it is good-looking. There is no effector. Naked guitar sound. However, it drives over because of the heat. The singing voice of it is also similar. ..peel.. rock of Ono not suppressed, and it is a radiation, and, then, this song going up and going up to the ceiling maximum, and as for the spill fall word though it is possible to sing if it sings usually. feelingsKiller and "Woman who has put it" of which member of band also comes completely on earth falling in love with such a big brother of Lori from bottom of one's heart first of all suddenly. ..seeming.. ear .... gets burnt gradually if rushing into is not relaxed to the spirit artist who no me with Sabi of a critical point without doing because I am the first repeatedly even so. The feeling is reached together. The second cradle lock is a killer. Ohaco and cradle hardening of lucky adventurer and Teri funk of Texas. It is ..round and round.. though sees while thinking where it is effective. Crust. It seems to be something painful. It is resigned and opening of ..Lori.. suppression of already completely. It runs fast by demon's body Dolly beat. It is a true cradle and pleasure. It vomits and, ..satisfaction.. ..unpleasantness.. this time, "A lot of dreams" story to do by the guitar change and the life. ..love.. is "Reich Yu Enimoa ...." of four dash beats that cannot be said. Fankii ..retreat.. tune「It lives like Toraccar. It lives like Gebshe. 」Slide guitar "It is said that it is coming of whom" that retreats and resounds in "It is sleepy because of the state as it is that is dress Ki" wilderness of B ghee advance in which it doesn't sleep and killer "Part as much as one million miles. "It has truly parted. ..listening.. from there often. It listens. The tone of the guitar that wants to be played so and the voiceNew Orleans funk "Admit. "It is heard it was crazy about the Little foot. I wanted to listen to co-starring only even once. Are you?CD Bortora from here. "Tucson and Arizona". I hear that it was not finished to enter by the analog time limitation. ..might have wanted listening, consent, and to put this... This is a regular tune of Tatu. With the best vocal sincerely relaxed ・・・ Only even to listen to ..bringing.. of the sumo referee's fan and LP from CD already, this : to trying purchase and good true the bottom of its heart. The end is a naked session. The woman who has put it doesn't surely have the difference in carving , saying that "Life".
equal to the page. Space Jake. It is not in Date in the aspect. Please believe it.
posted by 山 at 08:06| Comment(3) | TrackBack(1) | ギター屋兄貴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロリーさんの音楽は、めちゃくちゃ男前!
水戸黄門の助さんのように熱血で一本気。

こうゆう人が男も惚れる男なんでしょう。
こうゆうギターってマジで最高です。

ロリーさんが今、生きていたら
ネットとかHPとかにビックリしたかも。
で「うんちく」とかは語らない、カッコイイおじさんになっていたことでしょう♪

Posted by まほ at 2005年08月01日 12:08
とてもいいですね!
「私の世界」

聴けて嬉しいです。
Posted by アイザワンダー at 2010年11月06日 23:41
ありがとうございます。
Posted by ヤマ at 2010年11月07日 09:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5525319
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

Rory Gallagher - Tattoo
Excerpt: Rory Gallagherのスタジオ盤の最高傑作。キャッチーさにあふれるRory Gallagherを聴きたい人にはオススメ。 Rory Gallagher Tattoo (19..
Weblog: the Days of Music and Medicine
Tracked: 2010-02-21 10:45

▲ページの先頭へ