2005年10月15日

Tonight's the Night (Gonna Be Alright) / Rod Stewart 1976/6

01ma84.jpg

*今週の「完璧なシングル」は
「今夜きめよう」、
イギリスでは1976年6月に、アメリカでは何故か遅れて10月に登場したロッド・スチュワート一世一代のメガ・ヒット曲です。とは申してもそれはアメリカでのお話でイギリスではなんでだろ最高位5位だった。こんなにイギリスンしてるのに。理由類推は後ほど。アメリカでは・・・とんでもありません1位に7週君臨だよ。一月半でっせ。その間ラジオで1時間に1回はかかったんじゃないか。歌の内容考えますとそりゃもうえらいこった。アルバム「ナイト・オン・ザ・タウン」の冒頭を飾る曲でもあります。憧れもあり野望もありそして何より例の英国税金問題から逃れるためも多分ありの米国進出第2弾。巨匠トム・ダウド氏を製作総指揮に再び迎えて前作に引き続きアメリカン豪華ミュージシャン勢揃い。これで歌がロッドだってんだからどうひっくり返っても悪くなるはずがありゃしません。大陸に移って一番得たものは何か。それはもしかしたらギターのピート・カー氏と出会ったことだったりして。その成果が前アルバムからカットのセイリング。曲の素晴らしさは言うまでもありませぬが、あのギターの音。はかなげで揺れる。あれが無かったら全然別物になっていたかも。それで英国最高位1位4週。逆にアメリカでは最高位58位でコケるつう、この違い。考えると夜も眠れません。そして慌てず騒がず今度のシングル。何かがロッドさんに降ってきた。完全自作です。いきなし耳に入るは甘美なるギター。わ、カーさんと思うもクレジットには無いんだよな。技だけゲットなのかー。はともかく、このイントロ、極上です。本編のどこからこれで始まるつう着想得たのか。映画の幕がさーっと開くかのような。音楽で絵は描けるほんとに。そして出て来るロッドさん、のそーっと。キラリン弦に誘われて。左右に分けられた見事なるギター・アンサンブル。遠くで鳴るオルガン。1番の後半から生ギターのカッティングとストリングスが入ってサビ。何とゆう素敵さだ。基本はモータウン、手拍子宴会ソウルです。ちゃんとモミ手で参加出来るようにそこは抜いてある。イギリス人ならおそらく好きで好きで身悶えちゃうビートだ。この呑気さで歌われる歌詞は「♪さー窓から離れて、扉に張り付いてないで、電話も切って、リラックスして、頭からっぽにして、靴なんかほっぽりだして、ここに座って、かわいいフランスのガウンなんか脱いで、まず一口これ飲ませてあげる、おーベイビ、嫌がらないで、今夜がそうその夜、すべてOKさ、好きだよガール、誰も止めることなんか出来やしない、おいでエンジェル、ボクのハートは燃え燃え、男の望みを断るもんじゃないよ、止めるなんて馬鹿なことだ、羽を伸ばして飛び込んでおいで、黙って、ボクのバージンちゃん、ワイルドになろうよ〜(勝手訳)」とまあ訳してて赤面しちゃうじゃないか。恐るべきクドキ歌、エロ小唄です。ほとんど五月みどり男版てか。ご丁寧にお恋人のぶリット・エクランドさんも登場。大ノロケ大会で76年をエロな年にしてしもた。こんだけ好きなことしてしかも大ヒットなんていいのかー、と聴いてて馬鹿馬鹿しく思ったのでしょう英国の人たちは。パンク前で荒れてたし。一方すっかり立ち直ってハブ・ナイス・デイしてますアメリカ人。お気楽最高。ぎゃはは何じゃこりゃとツボ突かれて。コードはC、Fmaj7、C,Am、Dm、F,C,G。maj7を制するものは70’Sを制す。ガチンコ・ロッド・ファンには見てられませぬ軟派ロッドの大人じゃんパーティ・ソング。怒るのもそれこそ馬鹿馬鹿しいんで、やりましょう一緒に手拍子。B面はちゃきちゃきロッキン、精悍ロッドのボール・トラップだし。
(山)2005.10.15


シングル・ジャケットのページ

入手先参考(試聴はこちらで)


by Yama
BY AUTO TRANSLATION
SORRY,Mistranslation multi.


*This week's "Perfection and single"
"TONIGHT THE NIGHT. "
It is late why in the United States, and it is ..one.. generation and hit of the appearing Rod Stewart I in October in June, 1976 in Britain. It was the fifth place in furnace I or less in Britain in its.. talk in the United States that I said what. It Igirisns it so much. The reason analogy will : later. In the United States ゥ・ It is a reign over 1st place that doesn't jump either for seven weeks. A half . in JanuaryMeanwhile, did not you take once an hour in the radio?It has already absorbed it when curving when ..content of the song.. thinking ..great... It is a tune that decorates opening of album "Night on Za town". The second bounce in United States advancement perhaps, it is for yearning to exist, for ambition to exist, and to escape from British tax problem of example in above all. Great master Tom Daud is received in the total production command again, it continues to the former work, and it musters an American, gorgeous musician. Because it is this and the rod is ..song.., no ..turning up one's toes to the daisies very.. ..Ac... What is what moves to the continent and is obtained most?It was to have possibly met Pete car Mr. of the guitar. The result is Sailing of cutting from a front album. The sound of that guitar though there is not wonderful of the tune up to saying. It shakes transiently. Was it a different thing at all if that was not?And, four British first rank the first place weeks. It is opposite and Coke difference in the 58th first rank place in the United States of this ..,... It is not possible to sleep at night when thinking. And, it doesn't panic, it doesn't make noise, and a next single. Something has fallen in Mr. rod. It is a complete making by oneself. It is a becoming it sweet ..entering.. guitar in the ear of none living. It is ..it is in credit.. though boils and thinks , car Mr.. Is only the technique getting?It is, this introduction, and the best. It is this where of this volume and ..start.. idea profitable. With act ー of the movie like opening. The picture is true in music that can be drawn. With ー of Mr. rod and who comes out ..along... It is invited to the Kirarin bowstring. Guitar ensemble that becomes it splendidly divided right and left. Organ that rings in distance. Cutting and strings of the life guitar enter in the first latter half and Sabi. It is very wonderful. The basis is Motown, and clapping feast Seoul. To participate neatly by the fir hand, it is pulled out there. If it is British, it likes perhaps, it likes, and the beat to which it ..body.. writhes. Lyrics sung by this carefreeness「It relaxes because the telephone is hung up without parting from ..♪.. window, and sticking on the door, it makes to the head vacuousness, it begins to lay aside shoes underground, it sits here, and the dressing gown of lovely France is taken off, and it is made to drink, and tonight is that night of one item this first of all ..baby.. without disliking it so. The girl and everyone ..the favor.. cannot stop it, and does angel and my heart burn, burn, and be refusing man's hope not there massaging it, foolish to stop, and go on the spree, jumped into, become silent by being, and make to wild by being my virgin entire OK?(conditions translation)」Do it translate probably and do not it exist as blushes?It is a redoubtable Cdoki song, and Ero ditty. Most Midori Otocohan in May. Politely it strikes and Rit Ekland also appears about the lover. It is large Noroke rally and . in ..Ero.. Toshi as for 76 years. It listens when it likes by not coming and it glosses over and the smash hit is good and the people in Britain that is foolish Omo of foolish :. It had been getting rough before it blowed out. On the other hand, American who recovers completely and is doing hub nice day. The comfortable height. Taking and piercing of vital point in Nani when absorbing it as forThe code is C, is Fmaj7, C, and is Am, Dm, F, C, and G. The one to control maj7 controls 70'S. It is an adult party song of the looking moderates rod in the Gatinco rod fan. Only it is clapping in anger done by ridiculous together. B side is a ball trap of Rokkin and a dauntless rod.
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

実はこれがオリジナルVol.3 "Sailing"「セイリング」 LP"Lifeboat/Southerland Brothers"
Excerpt: 2005年10月28日のレオン・ラッセルの記事の時にチラッと書いた 「セイリング」のオリジナルが収録されているアルバムです。1972年発売 スコットランド出身のイアン、ギャビンの兄弟デュオ。 ロッ..
Weblog: RadioCabaret
Tracked: 2005-11-05 18:47

▲ページの先頭へ