2008年02月24日

ユー・メイク・ラヴィング・ファン/フリートウッド・マック 1977/10/29

0-080224-00.jpg

ユー・メイク・ラヴィング・ファン
フリートウッド・マック
1977/10/29


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg



Rumours

Rumours

00000-2.jpg

ろっくす特製でかい画像ページ也。

00000-3.jpg

FLEETWOOD MAC - You Make Loving Fun (1977) Budokan 12-05-77
http://jp.youtube.com/watch?v=tUTdQs7dS98


Fleetwood Mac - You Make Loving Fun
http://jp.youtube.com/watch?v=vFZMgf6M5KM

You Make Loving Fun (Live) - Fleetwood Mac
http://jp.youtube.com/watch?v=NUH-HAJUlkU

Fleetwood Mac - Songbird
http://jp.youtube.com/watch?v=C_JdKJQPS9I

Fleetwood Mac - Songbird (live) From "The Dance" 1997
http://jp.youtube.com/watch?v=E-cxtm6JJv4

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

アルバム「噂」のフリートウッド・マックの完璧なシングルもいよいよ4弾目、オオトリとなりました。

ユー・メイク・ラヴィング・ファン

0-080224-01.jpg

1977年10月29日に73位、60位と3週でTOP40の40位に初登場、以後30-17-15-13-11-10-9-21位。最高位9位。
前回シングル”ドント・ストップ”に続きクリスティン・マクヴィさん作。今度はメインでフル歌唱です。

アルバムは1977年2月発売、ここに来て既に4ヶ月首位ですから、もうあまねく米人は聴いてるはずで、
こんなに遅いリリースになったのは勿体ぶっていた訳で無く前3曲のヒットが終わって出し終わって出ししてたらここまでかかったんす。
そして〆。この曲はシングルにせんといかんだろうと誰もが思い、そしてついに出て、どわーっと聴いて終わった。
”噂”の季節が。一段落。

それだけに満を持した背筋に戦慄が走る名曲です。
リフはブギ・ブルース。転じてキャプテン&テニールの”愛ある限り”のリフとなり、
ドゥービー・ブラザースの”ワラ・フール・ビリーブス”の天下御免のリフとなった70’sの黄金。
敢えてハネず、ステディにリズムす。エレピで。それにクラビネットが絡み、じわじわっとリンジー・バッキンガム氏のギターが入る。
言ってみれば音はスッカスカ。アナログ極致のマイクセッティングで各音が際立つ技術が有ればこその所業。
そしてこの歌に何の音が必要か、吟味に吟味を重ねた上での侘び寂び世界だ。
とてつもなくオリジナルです。

とかくビッグ・セールスのみが注目され、凡庸なるアメリカン・ポップスの代表みたいに当時も言われてたもんすが、
何回でも書くぞ。このサウンドはとてつもなく異型で、それはもうすんばらしいものだぜ。
マックは、ボブ・ウエルチさん時代からそうゆう音をずっと作って来た。手探りしながら。
その果ての究極な音です。
コードはGm、F、Ebと単純ながらマイナー不可思議な進行で進み、展開でBb、Bb7 、Gm7、F、Eb。
メジャーになり、ベースは音を抜き、ギターはアリペジオで開放感、お空の雲が急に目の前で開ける。
そして最後は最初の歌部分のコードでタイトル・リフレイン。マイナーながら力強くポジティブになるのだ。
その間、リンジー氏、各所にこれっきゃないつうフレーズ挟み、指弾きならではのソロがまた強力。
ニックスお嬢様のゲロゲーロ声コーラスは展開と最後に威力を発揮します。

クリスティンさんの作風は、マック入った当初から変わりません。どのアルバムでも必殺してた。
ここに来て、噂マックで何かが変わったとすれば、その研ぎ澄まされサウンドに煽られ、お嬢様加入でいつもより余計に廻しております。
おめでとうございます。気合が入ってます。
その気合は、例のバンド内男女間愛憎のもつれグソグソからも来てるから、そりゃ半端じゃねえよな。

0-080224-02.jpg



甘くワンダフルな貴方
貴方は私を幸せにする 貴方がする事で

おー、そうなのよ
この感じは私を捕らえて放さない どこへ私が行こうとも

私は奇蹟の存在を決して信じませんでした
でも信じてみようとゆう気持ちに今はなってる
私は魔法が有るなんて決して信じていませんでした
でもどうしてかわからず、私は始めだしています

ギターソロ

0-080224-03.jpg

私は奇蹟の存在を決して信じませんでした
でも信じてみようとゆう気持ちに今はなってる
私は魔法が有るなんて決して信じていませんでした
でもどうしてかわからず、私は始めだしています

どうか、どうかやめないで
それは違うのかもしれない そして貴方はそうであろうことをわかっている
貴方は 貴方は愛する楽しさを作ります
そして私は貴方に言う必要は無い 貴方がたった一人の人だと

貴方は 貴方は愛する楽しさを作ります
(それは私が欲しいすべて)
貴方は 貴方は愛する楽しさを作ります
(それは私が欲しいすべて)
貴方は 貴方は愛する楽しさを作ります
(それは私が欲しいすべて)
貴方は 貴方は愛する楽しさを作ります
(それは私が欲しいすべて)



クリスティンさん、ベースのマクヴィ氏の飲んだくれに愛想を尽かして別れるその時なんだよな。
何とも・・・惜別に・・・懐深きつうか、キツイつうか・・・・
どう思ってたんだろうか、ジョン・マクヴィ氏は。
飲んでへろへろしてたりして。
それでもこのど真ん中ベース・フレーズをものしたんだから、精一杯の愛情のお返ししたのかもしれないす。

チューブに、あの時の武道館でのライブの映像が有りました。
それを見てた。感無量です。
最後は、最後の最後はこの曲でした。弾き語りでたった一人

ソングバード

0-080224-04.jpg



貴方に もう泣くことは無いわ
貴方に 太陽がきっと照る
そして私は感じる 貴方と共に入る時
それでいい 私にはわかる それは正しい

貴方に 私は世界をあげる
貴方に 私はけっして冷たくはならない
だって私は感じる 貴方と共に入る時
それでいい 私にはわかる それは正しい

そして歌鳥は唄っています
まるで楽譜を知ってるかのように
そして私は貴方を愛してる 愛してる 愛してる
これまでにないくらい

そして私は貴方の為に祈ってます 世界中のすべての愛を
でも とりわけ 私は祈ります 私自身の為に

そして歌鳥は唄い続けます
まるで楽譜を知ってるかのように
そして私は貴方を愛してる 愛してる 愛してる
これまでにないくらい
これまでにないくらい
これまでにないくらい



(山)2008.2.24

ろっくすMACのページ

資料


The English translation page : here.


.
この記事へのコメント
このアルバムのようにビックヒットを出したいと常々考えていたハンバーガー屋の経営者が”メガマック”と命名したそうな。
この『噂』ってウソ?ホント?(笑)
Posted by moondreams at 2008年02月24日 10:59
これぐらい売れれば
株価10倍っすね。

名目店長さんもきっと実質店長さんに
なれる。

あ、売れても値段は上げられないんだ。
Posted by 山 at 2008年02月24日 23:58
「噂」のメイキングDVDなるものが数年前に出て、曲のアレンジとか解説しているんですが、ドロドロの人間関係だった1976年によくぞまあここまで緻密なものを作ったというか、そんな関係だったから音楽への傾倒がすごかったというのか、そんな感じですよね。

で、クリスティンさんの楽曲って必殺曲が非常に多い感じがするのは何故なんでしょうね?(笑)
「Say You Will」にクリスティンさんのソロアルバムから3曲くらい入ったら、もう究極のアルバムになったかも。
Posted by へヴィ at 2008年02月26日 20:48
この頃のマックは下手な曲出すと、相当白い目で見られそうです・・・
つうか、リンジーさんとお嬢の曲が採用されちゃう。
で、クリスティンさん、凄い気合入ってる感じが。
同時にウェルチ氏がいた時はいささか不得意なアップテンポのものも担当してたので、それはしなくていいって安堵感も有って、
能力全開ですね。
元々マイペースでのんびりしてそうなので
やっぱライバルがいて煽られると人は燃えるのだー。
Posted by 山 at 2008年02月27日 06:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ