2005年07月14日

リンゴ・スターさん、ライヴ8に誘われずおかんむり

news050714.jpg

***
リンゴ・スター、<ライヴ8>に誘われず怒る?

リンゴ・スターが、<ライヴ8>に誘われなかったことに怒っているらしい。彼は「もう遅い。ガッカリした」と話しているという。ポール・マッカートニーは同イベントのオープニングとクロージングをビートルズの曲で飾ったものの、そこに元バンド・メイトの姿はなかった。(BARKS)
***

マジで忘れられたような気がしますぞ。当日全員で「あっ」って言ってたりして。
そうゆうとこがますます釈然とせない感増大せしところなりよ。

次のオールスターズはどんなメンバーですか?リンゴさん。
posted by 山 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

メタリカ、赤裸々映画公開。

news050713.jpg

***
メタリカ 世界中で話題のドキュメンタリーが日本でも上映決定!! (HOT EXPRESS)
 アルバムのトータルセールスが9000万を越え、過去10年間でビートルズやマドンナを凌ぐセールスを誇るヘヴィメタル界の帝王・メタリカ。世界中で既に話題を呼びまくっているドキュメンタリー映画、「メタリカ:真実の瞬間(原題:SOME KIND OF MONSTER)」の上映が日本でも決定しました!7月30日に東京のシネクイントにて3週限定レイトショーがスタートする他、札幌、大阪、福岡、名古屋と各地で順次公開されます。詳しい情報は「メタリカ:真実の瞬間」オフィシャルサイトにありますので、是非チェックしてみて下さい。アメリカが生んだモンスターバンドが抱える苦悩とそれを乗り越えてゆく勇気とエネルギー、そして“真実の瞬間”。この映画はロックファンなら必見の一本となりそうです!

<メタリカ レーベルサイト>

<メタリカ:真実の瞬間>

[PLANTECH - Music Data Bank 2005年07月12日]

***
おお、メタリカってそんなに人気があるのですか!認識してませんでした。これで大入りになったらびっくり。メガデスも頑張れ!ヘビメタさんで。
posted by 山 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

内村Pであの曲が

_1038651_jonathan_king_totp150.jpg

昨日、テレビ朝日の「内村プロデュース」を見ておりましたら、最初の前フリのCMに行く直前に5秒間とある曲が流れました。
瞬間、凍って、いやーなんだっかなこの曲ほらほらあれあれ状態に。

思い出したぞこりゃあのジェネシスをビージーズにしてしまった男、10ccを10ccにしてしまった男、英国のランディ・ニューマン、ジョナサン・キング氏では無いか。
己最大ヒット「フラート」だ。
なんつう曲を流すのか。おそらく日本初では無いかとゆうことでここに讃え、本日のニュースです。

ろっくす、ジョナサンさんのページはここや。
posted by 山 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

歴代米ロックバンドNo.1ですって

news001.jpg

***
歴代米ロックバンドNo.1にパール・ジャム!(BARKS)
米紙USA TODAYが行なった“史上最も偉大なアメリカン・ロックバンド”を選ぶ読者投票で、パール・ジャムが1位を獲得した。パール・ジャムは、妥協のない音楽キャリアをはじめ、アルバムの売り上げやコンサートほか、ブートレッグを推奨するなど、ユニークな活動が評価された。2位には昨年、ブルースアルバム『ホンキン・オン・ボーボゥ』をリリースし、来日公演も行なったエアロスミスが選ばれた。3位はヴァン・ヘイレンだった。歴代の偉大な米ロックバンドのリストには全20組が挙げられている。

歴代米ロックバンド上位10組(USA TODAY):

1 パール・ジャム
2 エアロスミス
3 ヴァン・ヘイレン
4 イーグルス
5 ジャーニー
6 ガンズ・アンド・ローゼズ
7 グレイトフル・デッド
8 クイーンズライチ
9 ドアーズ
10 R.E.M.

他にはメタリカ(12位)、ニルヴァーナ(18位)、ボン・ジョヴィ(20位)が選ばれている。また、フジロックに出演を予定しているビーチ・ボーイズが17位にランクインした。デイヴ・マシューズ・バンドとレナード・スキナードが16位タイとなっている。

T.KIMURA

[BARKS 2005年7月7日]
***
毎度お馴染みやたらと順番付けたがるシリーズ。だからどうなのって言うのに変わりは無し。
しかしまったくだからどうなのだな。あまりの企画のしょうも無さにここに晒す所存。
とエモリトオルさんも言ってます。
posted by 山 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

ギャング・オブ・フォー、9月に新作発表

news000.jpg

***
ギャング・オブ・フォー、奇跡のリリース決定(Listen Japan)
7月29日(金)〜31日(日)にかけて開催される『FUJI ROCK FESTIVAL'05』に出演が決定したイギリスのベテランバンド、ギャング・オブ・フォー。長らくリリースのなかった彼らだが、来日を機にアルバムをリリースすることが決定した。9月28日(水)にリリースされるタイトル未定のアルバムは、3rdアルバムまでの名曲を集めたセルフ・カヴァーとなっており、さらにヤー・ヤー・ヤーズ、ホット・ホット・ヒート、ノー・ダウト、ジ・アザーズといった彼らに影響を受けたアーティストの参加が噂されているリミックス盤を追加した2枚組となっているので要チェックです。

[Listen Japan 2005年 7月 9日]

***
フジロックに来るのですかー。新作、セルフカバーって何かちょっと不安。若いの助っ人、ちょっと不安。自爆せねばよいのですけど。
今だからこそ出来る音になるのでしょうか。

posted by 山 at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

MontroseのMontrose再発

10ccflash.jpg

あのモントローズ、73年のデビュー・アルバム「Montrose」が7月5日に再発されたようです。
アマゾーンさんで見てみたらまだ表示無し、でも前回発売時の中古がえらい安値で。

どーんと来てがーんときて、ぐごごごって来てスカっ。
posted by 山 at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

でかジャケCD、未来ははたして

12b1.jpg

***
中身はコンパクト外側にインパクト、CD業界大反撃
 30−40代から上の世代には懐かしい、LPサイズの紙ジャケットにCDを入れた「でかジャケCD」というシリーズ商品が登場する。CDサイズの“ミニ紙ジャケ”商品はこれまでも各社から発売されており、年配の音楽ファンを中心に好評を得ているが、LPサイズは業界初。実はこれ、猛普及が予想されるインターネット音楽配信への対抗策というのだ。(夕刊フジ)
***
ほーら見ろ〜(^0^)、LPサイズって最高です。しかーし中はちっちゃいCDって。どっか無理あるかも????。あとレーベルマークてのも魅力的なんで盤面はそれにするとか。A,B面2面が出来ないよう。どうせやるならなかなか中古で高値で買えない変形ジャケ希望。そしたら無理も吹っ飛ぶ。
アマゾンさんで取り扱わないのかなと思ったらちゃんと扱うそうです。

これはフーのアルバム。

なお説明では
***
扱いやすいお馴染みのCDを、ビジュアルが映えるLPサイズ紙製ジャケットに封入。新しい音楽パッケージ商品が出来上がりました。インテリアとしても最高のビッグサイズ・ジャケットで、音楽を買う喜びが倍にも3倍にも膨らみます!★本商品はCDです。アナログレコードではございません。★本商品はオリジナルのLPを細部まで完全に復刻したものではございません。パッケージ細部、付属品などについてはオリジナルと異なる部分がございます。予めご了承下さい。★本商品はピクチャーレーベルではありません。★歌詞/対訳・解説付(アナログLP時代の解説書ではございません)
***
お断りが多くて大変です(^_^;)。
posted by 山 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(2) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

ライブ8の映像を見る

釈然としないものを感じながらこんだけのをやられちゃうと見て泣いちゃうのもロック・ファンの性です。
とゆうことで
ライブ8の映像はこちらで見ることが出来ます。

ここはロクシー・ミュージックのページ

検索窓で色んなミュージシャンのを。

プラグインソフトを要求されますけど。イエスで。特に悪さはしないようだけどご自身の判断でインストールしてください。
posted by 山 at 08:38| Comment(2) | TrackBack(2) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ