2018年06月16日

秋風の恋 / イングランド・ダン&ジョン・フォード 1976/6/12 I'd Really Love to See You Tonight - England Dan & John Ford Coley



秋風の恋
イングランド・ダン&ジョン・フォード
1976/6/12


犬顔の
いかにも70's顔の
ダサい風貌の兄さん二人のブレーク作です。
13年前に既に讃えておりまして
それ再録いたしますと

−−−−−−

本日の「完璧なシングル」は
「秋風の恋」、イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーです。
元ミュージシャンの配管工をパパに持つダン・シールズ君が、
高校の時、ジョン・フォード君とお友達になりディオで活動開始したのが60’s末、
70年にA&Mと契約してデビューしたのはいいけれど、
出したヒットは日本での「シーモンの涙」のみ。
どうもパッとしなくてクビになってしまいました。
やばいですと次のレコード会社を探すマネージャー氏。
ミシシッピのシンガソングライター、パーカー・マクギー氏のこの「秋風の恋」をこれだと発掘してデモ製作、各社に交渉を。
アトランティックにアプローチしてたところ、どうも反応悪し。
しかしたまたまお隣の部屋で聴いていたのがビッグ・ツリー・レコードのダグ・モリス氏。
あー良い曲だなあとと契約し、
そして全米チャート最高位2位になってしまったのだから人生は綱渡り、
何が起こるかわかりません。
だいたい聴いてみりゃあダグさんならずとも最高の曲だってわかるのに。
レコード会社のバカチンぶりって洋の東西を問わないんだな。
これが70年代のアメリカン・ポップスです。
ジャンル右側の最先端。左側でもいいんだけど(^0^)。
食い物に例えれば洋菓子で、生クリームとチョコレート、赤や黄色の果物がテンコ盛り盛りだぞ。
辛党の方はそれ聞いただけでうえっっとなるでしょうがそれもまた正解。
でも嫌いでもお菓子が世の中から無くなればいいとまでは思わんでしょうから。
そうゆうものだと思います音楽も。大抵の方はたまには食べたいっすケーキ。
それも甘〜いの。
誇りを持って真剣にケーキ作るお店は繁盛するのだ。
甘けりゃそれでいいって訳では無し。
使用コードはF,G,C、Em,Am。
これで勝負の3コード族。maj7とか使ってませんのでAORじゃないぞ。
音は中音域勝負AMラジオでばっちし。
さあ歌を聴こう。

「♪もしもし、しばらく。どう。元気?何で電話したかって?いやもうほんとに君と話をしたかったんだ。
立ち入った話をするつもりは無いよ。君の生活に干渉するつもりも無い。
でも星は綺麗だし、暖かい風だってそよいでる。君に今夜会って本当に愛したいんだ。」

って、電話の歌です。
元恋人にしてるようです。
愕然といたすのはここで判明、季節は春だっつうこと。
日本でのリリース時期に合わせて「秋風」になったのかー。
まあ春でも秋でも風は口実なんで重要じゃないけど、秋で染み付いたこの曲の印象重要です。
見なかったことにしよう。謙虚な口ぶりながら最後にとんでもない強気の攻め、
それはやけに筋肉な歌い振りにも出てる。
さて返事はいかに?先を聞いてみますと

「♪僕らは風が気持ちいい公園を散歩することだって出来る。
海岸沿いをドライブすることだって。家にいてTVを見ることも。
でもそれが僕のしたいことじゃないって君は知ってるよね。」

とさらに口説いております。
どうやら相手はさほど乗り気ではない模様。
困ってしまってやんやんややん。
展開に突入。

「♪約束してくれって言ってる訳じゃないよ。嘘をついてくれなくていい。
僕たちは昔一緒に楽しかったよね。僕は愛してると言って、そしてさよならと言った。」

と来てサビに再び、リフレイン、フェイドアウトで終わり。
かなり形勢不利のようです。
だいたいだな女々しいのは男の常。
ここで引き下がればまあいいけれど、これ繰り返したらストーカーになってしまうつうこの曲、
覚えがある皆さんにウケまして、
大ヒットで実際そうゆう目に有ってる女の方はラジオでまでそんなん言われて堪忍やーと思ったかも。
マッチョな方々には何じゃこりゃXの腐ったのみたいにこのーって暴れたけど、
駄目ですいい曲だから。
ましてや日本では歌詞がわかりません。
評論家の先生が毒にも薬にもならんてわめいても、そりゃわめく方がアホや。

「♪君の生活に干渉するつもりも無い。」

お頼み申し上げます。

−−−−−−

恥ずかしいからあまり読まないでおいてあはは
昔はちゃんと訳さなかったから今回はやります
1976年7月発売4作目アルバム



秋風の恋
Nights Are Forever


米17位。ゴールド。

メンツは

Vocals – England Dan & John Ford Coley
Acoustic Guitar – Bobby Thompson, England Dan, Jim Seals, John Ford Coley, Steve Gibson
Mandolin, Electric Guitar – Steve Gibson
Fiddle – Jim Seals
Banjo – Bobby Thompson
Steel Guitar – Doyle Grisham
Keyboards – John Ford Coley, Shane Keister
Bass – Joe Osborn, Kyle Lehning, Ted Reynolds
Drums, Percussion – Larrie Londin
Soprano Saxophone – England Dan
Backing Vocals – Diane Tidwell, Ginger Holiday, Janie Frickie, Lisa Silver, Sheri Kramer
Strings – Shelly Kurland And The Section
Trombone – Dennis Good
Trumpet – Don Sheffield, George Cunningham
Woodwind – Billy Puett, Denis Solee

Strings And Horns Arranged By Bergen White (tracks: A2, A4 to B1, B6)
Strings Arranged By Warren Hartman (tracks: A1, B2)
Producer, Engineer – Kyle Lehning

より1回目カット先行6月発売、


↑オランダ盤

秋風の恋
I'd Really Love to See You Tonight



↑ドイツ盤

米国チャート
1976年6月12日89位初登場、
以後
77-60-50-(7/10)40-36-30-28-19-7-5-5-4-4-3-(9/25)2-2-
8-10-24-(10/30)33-55-62-(11/20)96位。
最高位2位。24週。

キャッシュボックス4位。
レコードワールド5位。


↑イタリア盤

英国チャート
1回目のヒットで、
1976年9月25日48位初登場、
以後
42-(10/9)30-(10/16)26-28-29-37位。
最高位26位。通算7週。




↑米盤

https://youtu.be/qqwLjkqj8Gw




Hello, yeah, it's been a while
 もしもし、やあ、ひさしぶり

Not much,
 僕はまあぼちぼちだね

how about you?
 君はどう?

I'm not sure why I called
 なんで電話したかって?
 なんでかな

I guess I really just wanted
 うんまあただもう話をしたかっただけなんだけど

to talk to you
 君と


And I was thinking maybe later on
 多分あとになって考えてたんだ

We could get together for a while
 少しだけでも会えるんじゃないかって

It's been such a long time
 かなり長いこと会ってないだろ

And I really do miss your smile
 君の笑顔が恋しくてたまらない


I'm not talking about moving in
 一緒に住もうなんてこと言ってるんじゃないんだ

And I don't want to change your life
 君の生活を変えたくは無いさ

But there's a warm wind blowin', the stars are out
 けど暖かな風が吹いてるし星はよく見えるし

And I'd really love to see you tonight
 今夜、ほんとうに君と会いたいんだ


We could go walking through a windy park
 風が気持ちいい公園に散歩に行くなんてどう?

Or take a drive along the beach
 海岸沿いをドライブなんてのもいいね

Or stay at home and watch TV
 家にいてTVを見るなんてのもいいんじゃない

You see, it really doesn't matter much to me
 てゆうか、僕にはマジでそんなことどうでもいいんだけど


I'm not talking about moving in
 一緒に住もうなんてこと言ってるんじゃないんだ

And I don't want to change your life
 君の生活を変えたくは無いさ

But there's a warm wind blowin', the stars are out
 けど暖かな風が吹いてるし星はよく見えるし

And I'd really love to see you tonight
 今夜、ほんとうに君と会いたいんだ


I won't ask for promises
 約束しようなんて頼むつもりはないんだ

So you don't have to lie
 だから嘘なんかつかなくていいよ

We've both played that game before:
 僕ら、互いに昔、そんなゲームはしたんだから

Say I love you then say goodbye
 愛してるよって言ってそれからさよなら言ってさ


I'm not talking about moving in
 一緒に住もうなんてこと言ってるんじゃないんだ

I'm not talking about
   言ってるんじゃないんだ

And I don't want to change your life
 君の生活を変えたくは無いさ

   あーーーあーーー

But there's a warm wind blowin', the stars are out
 けど暖かな風が吹いてるし星はよく見えるし

And I'd really love to see you tonight
 今夜、ほんとうに君と会いたいんだ

really love to see you tonight
   今夜、ほんとうに君と会いたいんだ


I'm not talking about moving in
 一緒に住もうなんてこと言ってるんじゃないんだ

I'm not talking about
   言ってるんじゃないんだ

And I don't want to change your life
 君の生活を変えたくは無いさ

   あーーーあーーー

But there's a warm wind blowin', the stars are out
 けど暖かな風が吹いてるし星はよく見えるし

And I'd really love to see you tonight
 今夜、ほんとうに君と会いたいんだ

really love to see you tonight
   今夜、ほんとうに君と会いたいんだ


I'm not talking about moving in
 一緒に住もうなんてこと言ってるんじゃないんだ

I'm not talking about
   言ってるんじゃないんだ

And I don't want to change your life
 君の生活を変えたくは無いさ

   あーーーあーーー

But there's a warm wind blowin', the stars are out
 けど暖かな風が吹いてるし星はよく見えるし

And I'd really love to see you tonight
 今夜、ほんとうに君と会いたいんだ・・・



B面は
アルバムB2の

イッツ・ノット・ザ・セイム
It's Not The Same


作詞は、Danny Ceals, John Coley, Sonny Daltonさんら。
作曲は、John Coley, Sonny Dalton

歌唱はジョンさんだと思います。




↑米盤

https://youtu.be/TTO08rYNCCM




Familiar surroundings
 馴染んだ世界

Echoes still sounding
 エコーがまだ響いている

From the songs that played
 かき鳴らされた唄たちから

While the island swayed
 この島が震えるあいだに


We moved like the ocean
 僕らは海のように移ろった

With faith and devotion
 信頼と献身と共に

Then our love fell
 そして僕らの愛は堕ちていった

And we both knew well
 僕ら、二人ともよくわかっていたんだ


So I started walking
 だから僕は歩み始めた

With whom I was talking
 誰と僕は話をしてたんだろう

I'll never remember her name
 まるで彼女の名前を思い出せない


As darkness was falling
 夕闇のとばりが落ちると

I'd swear you were calling
 君はきっと呼んでいたよね

I turned
 僕はと言えば

But it wasn't the same
 同じじゃない


I almost called out your name
 君の名前を声を枯らして叫んでたんだ


The hours were unending
 時間は止まらなかった

We seemed to be spending all those precious hours
 僕らはそんな大切な時間を無駄にしてたのかもしれない

Counting stars and flowers
 星々と花々の数を数えて


Now you're returning
 今、君は戻ってこようとしている

Just when I'm learning that we're not a pair
 ちょうど僕が僕らがペアじゃないって学ぼうとしてるときに

Though we both have cared
 僕ら、二人とも思いやってたんだけど


And I was reminded
 僕は思い出したんだ

By the times I was blinded
 あの頃
 僕が盲目だったことを

In hopes that you still would be there
 君がまだそこにいてくれると願って


Recounting our brief love
 僕らの短い恋をまた想って

Was all I could think of
 想うことしかできなかったから

Maybe I'll find it somewhere
 たぶん僕はそれを他で見つけるんだと思う


But at times
 けど時には

It all seems so unfair
 何もかも理不尽に思えるんだよ


Recounting our brief love
 僕らの短い恋をまた想って

Was all I could think of
 想うことしかできなかったから

Maybe I'll find it somewhere
 たぶん僕はそれを他で見つけるんだと思う


But at times
 けど時には

It all seems so unfair
 何もかも理不尽に思えるんだよ



かなり思い切って下世話にして大ヒットものした表に対し
アメリカのギャラガー&ライルな
昔っからの滋味一直線。

これはここまでの自分らの音楽を愛しんだ唄だと。

(山)2018.6.16
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg



00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすイングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーのページ

資料(英版)

−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.

週刊◎馬小屋◎土曜版朝刊:八丈島特別〜殺るときは一発で


*週刊馬小屋は選びぬかれた馬と秘密展開読みによるネット競馬新聞です*

八丈島特別
〜殺るときは一発で




−−−−−−−−−−−

印刷して買い目を記入するのに便利な今日の全レース時刻表は、
こちらで

−−−−−−−−−−−

おはようございます。
競馬負けてたまるか、馬小屋です。

今日の目玉は

東京競馬場

芝2000m500万

八丈島特別。

どうもメインに引きが無いので力が入るはここ。

妙に調子がいいワンショットキラーが馬券になるかが焦点ですわ。



8段への挑戦
俺の今日の俺プロ手口




※現在までの収支※

投入金額2322200円、
獲得賞金2725480円。
回収率117.7%→

ロックな獲得馬券累計7742枚。
経験値7383160。LV738。


第1039回
今日の資金回収レース予定

−−−−−
※平場※

別紙予定の中から・・・

−−−−−
※特別※

別紙予定の中から・・・

東京競馬場
14:35発走
9R:芝2000m500万

八丈島特別

◎9ゴールドギアLK。戸崎J。

○15バトルマイスターBod。田辺J。

▲4サトノキングダムDP。内田J。

▲5フローラデマリポサF。石橋J。

☆10ワンショットキラーVicftFV1458/35.2+34.2=69.4/1.0.0.2./1.1.0.4./1.0.0.7.



−−−−−
※メインレース※

新潟競馬場
15:25発走
11R:芝1200m1000万

HTB杯

33.3HM
☆5ショウナンアヴィドZR1079/34.4+33.5=67.9/0.2.1.2./1.3.2.6./0.0.0.1.。康太J。

☆2マイネルパラディSHo1218/36.6+33.7=70.3/0.0.0.0./0.1.1.0./0.0.0.0.。丹内J。


京都競馬場
15:35発走
11R:ダ1400mオープン

天保山S

34.0H

◎9スマートアヴァロンSV1223/35.3+35.3=70.6/3.2.1.3./3.0.2.5./2.0.4.5.。デムーロJ。

☆13ヒデノインペリアルBP1241/35.8+36.2=72/0.0.1.4./1.0.1.1./0.2.0.2.。秋山さん。



東京競馬場
15:45発走
11R:芝2000m1600万

ジューンS

4/ルックトワイスが来るでしょうが買わん。


−−−−−

※最終レース※

函館は?

阪神は6,3?

東京は10?

−−−−−


その他予想は
この中から



揺れるハート競馬の歌(馬の歌)揺れるハート

(僕の)わんぱくポニー/ジェニュウィン

レディ・ラック/ロッド・スチュワート

プリティエスト・アイズ / ビューティフル・サウス


ラッキー・ユー/ライトニング・シーズ

ブル・イン・ザ・ヘザー/ソニック・ユース

いつもはこんな僕じゃない/ペット・ショップ・ボーイズ

どうってことないよ / スティヴン・スティルス/マナサス

買い目 / ジェリー・ガルシア

ライフ・オヴ・サプライジズ / プリファブ・スプラウト

ロング・ハード・クライム / ロン・デイヴィス

アゲインスト・ザ・ウインド / ボブ・シーガー

うつろな愛 / カーリー・サイモン

ロング・ショット(大穴)/スペシャルズ

ランニング・ライク・ザ・ウインド/マーシャル・タッカー・バンド

キャント・テイク・イット・ウィズ・ユー/オールマン・ブラザース・バンド

アリバイ/シン・リジィ

究極/イエス

ドゥ・イット・オア・ダイ/アトランタ・リズム・セクション

スイート・シーズンズ/キャロル・キングさん

見捨てられたサラブレッド/岡林信康氏

風の中の栗毛/松任谷由実氏

ワイルド・ホーセズ/ローリング・ストーンズ

ランニン・アウェイ/スライ&ザ・ファミリー・ストーン

ストレイト・オン/ハート


−−−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA


−−−−−−−−−−−−−−−−−



.覚書
posted by 山 at 08:43| Comment(0) | 週刊馬小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

呪縛 / スージー・アンド・ザ・バンシーズ 1981/5/22 Spellbound - Siouxsie & The Banshees


↑英盤

呪縛
スージー・アンド・ザ・バンシーズ
1981/5/22


♪ぴょおおおおん、づだだだだだだ、ぴょおおおおん、づだだだだだだ♪

「また奇っ怪なことを。何を跳んでは走っておる。床運動の練習か?」



「にゃあああああ」

「難度Qだ
だって。」



「きゅうううううん」

「Qはアタシよ
だって。」



「みょん」

「難度みょんだ
だって。」

「わんわん」

「難度ワンだ
だって。」

「なんだそりゃ。梅雨のケダモノ狂人祭か?」

「にゃ」

「だるおもー
だって。」

「きゅ」

「うっとおしー
だって。」

「わんわん」

「だるおもー
だって。」

「わけわかんねーよわけわかんねーよ。」

「おいちゃん、ガキのやることにいちいち反応しなくても。」

「もしかしてまたからかわれてる?
んじゃ無視



長いことお待たせいたしました。
毎度おなじみ梅雨の運動レコ屋でござーい。
今日持ってまりましたのはどよよーんとしてるのにやたら元気なお宝〜〜〜


↑イタリア盤

呪縛
Spellbound
スージー・アンド・ザ・バンシーズ
Siouxsie & The Banshees


だるおもー。」



「ご説明いたしましょう。」

「湿度はどれくらいだ?」

「最古参パンク・バンド、バンシーズ大化けのときです。
黄金のラインナップによる最高傑作ついに登場

4作目アルバム



呪々
Juju


1981年6月6日発売。
メンツは



Siouxsie Sioux – vocals, guitar on "Sin in My Heart"
Steven Severin – bass guitar
Budgie – drums, percussion
John McGeoch – guitar

Producer
Nigel Gray, Siouxsie and the Banshees

英国アルバムチャート
通算4回目のヒットで、
1981年6月27日7位初登場、
以後
9-15-21-21-31-42-32-27-24-29-32-67-72-72-84-(10/17)82位。
最高位7位。通算17週。

いざ宣戦布告の1回目先行カット

1981年5月22日発売


↑英盤

呪縛
スペルバウンド


作は
スージーことSusan Ballion,
バッジーことPeter Edward Clarke,
天下の剣豪、John McGeoch
不動明王Steven Severin

ハイハット代わりにフロアタム連打の81年ビート炸裂のスジバン代表曲

英国チャート
通算8回目のヒットで、
1981年5月30日32位初登場、
以後
29-23-23-(6/27)22-32-(7/11)37-(7/18)74位。
最高位22位。通算8週!!」



「ついに出ましたに花束贈ります。」


↑英盤

PV
https://youtu.be/TjvvK-Rj0WI


https://youtu.be/OL-NVZ6FQMI


Extended '12 Version
https://youtu.be/Ng3z7lrC80I






From the cradle bars
 ゆりかごの格子から

Comes a beckoning voice
 手招く声が聞こえる

It sends you spinning
 お前を打ち倒すのだ

You have no choice
 逃れるすべはない



You hear a laughter
 笑い声が聞こえる

Cracking through the walls
 壁の裂け目の向こうから

It sends you spinning
 お前を打ち倒すのだ

You have no choice
 逃れるすべはない



You hear a laughter
 笑い声が聞こえる

Cracking through the walls
 壁の裂け目の向こうから

It sends you spinning
 お前を打ち倒すのだ

You have no choice
 逃れるすべはない



Following the footsteps
 ぬいぐるみのダンスの

Of a rag doll dance
 足音に続いて

We are entranced
 我らは酔いしれる

Spellbound
 呪縛



Following the footsteps
 ぬいぐるみのダンスの

Of a rag doll dance
 足音に続いて

We are entranced
 我らは酔いしれる

Spellbound
 呪縛

Spellbound
 呪縛

Spellbound
 呪縛

 おーおほ


Spellbound
 呪縛

Spellbound
 呪縛

Spellbound
 呪縛

Spellbound
 呪縛



And don't forget
 忘れてはならぬ

When your elders forget
 長老たちが忘れようとも

To say their prayers
 彼らの祈りを口ずさむ為に

Take them by the legs
 両足でそを受け止め

And throw them down the stairs
 階下に打ち投げるのだ



When you think
 お前が思うとき

Your toys have gone berserk
 お前の玩具は怒り狂っている

It's an illusion
 そは幻覚

You cannot shirk
 逃れるすべはない



You hear a laughter
 笑い声が聞こえる

Cracking through the walls
 壁の裂け目の向こうから

It sends you spinning
 お前を打ち倒すのだ

You have no choice
 逃れるすべはない



Following the footsteps
 ぬいぐるみのダンスの

Of a rag doll dance
 足音に続いて

We are entranced
 我らは酔いしれる

Spellbound
 呪縛



Following the footsteps
 ぬいぐるみのダンスの

Of a rag doll dance
 足音に続いて

We are entranced
 我らは酔いしれる

Spellbound
 呪縛


Spellbound
 呪縛

Spellbound
 呪縛

 おーおほ


Spellbound
 呪縛


Spellbound
 呪縛

Spellbound
 呪縛

Spellbound
 呪縛

Spellbound
 呪縛


 うおううおううおううおう
 おうおうおうおうお、ほう

 うおううおううおううおう
 おうおうおうおうお、ほう
 おほう



Following the footsteps
 ぬいぐるみのダンスの

Of a rag doll dance
 足音に続いて

We are entranced
 我らは酔いしれる



Following the footsteps
 ぬいぐるみのダンスの

Of a rag doll dance
 足音に続いて

We are entranced
 我らは酔いしれる

Entranced,
 酔いしれる



entranced
 酔いしれる



Entranced, entranced
 酔いしれる酔いしれる



Entranced
 酔いしれるのだ





Siouxsie and the Banshees - Spellbound - Live 1981
https://youtu.be/FZgNlWRWtp0


「かっこいー!」

「やってるやってる毎度おなじみスージー踊り。」

「しかも跳んでる。一番運動が似合わない方々が走ってる。」

「かっこいー!マクガフさんのフラメンコ・ギター!!」

「こんなに楽しげな呪縛ソングは世界に類を見ないです。」

「歌いますか?」

Siouxsie & The Banshees Spellbound Karaoke
https://youtu.be/3cFQB-ioaD0


「こりゃいいや唄う唄う。」

「B面は
シングル特製


↑英盤

Follow The Sun

https://youtu.be/Sk-aUWEcDqc




 おーおーおーおー



Scarecrow grins he's growing very tall
 かかしがニタリと笑い空高く育っている

Growing tall under the golden sun
 金色の太陽の下、高く育っている

the golden sun
 金色の太陽の


Growing with the children of the corn
 とうもろこしの子どもたちと育っている

Sending out the message of a strange tongue
 不思議の舌のメッセージを送り出す

A message of the sun
 太陽のメッセージ



Young skin stretched in over apallis grin
 若き肌がムシクイ鳥の嘲笑のの上でピチピチと張り広がる

The crimson spilling golden crops of hair
 真紅が金色の作物の髪にこぼれ落ちる

Spilling everywhere
 いたるところでこぼれ落ちる


Watch the children of the corn below
 眼下に広がるとうもろこしの子どもたちを見よ

One by one they're following the sun
 一人ひとり彼らは太陽を追いかけているのだ

Got to run
 急ぎ行かねばならぬ



Following the sun on the run
 逃げゆく太陽を追いかける

Following the sun on the run
 逃げゆく太陽を追いかける

Following the sun
 太陽を追いかける


Don't be ashamed of what you've done
 お前が為したことを恥じてはならぬ

You must not run
 走ってはいけぬのだ



Follow the sun
 太陽を追いかけるのだ

Follow the sun
 太陽を追いかけるのだ

Follow the sun
 太陽を追いかけるのだ

Follow the sun
 太陽を追いかけるのだ

Follow the sun
 太陽を追いかけるのだ

Follow the sun
 太陽を追いかけるのだ



「畑作物描写お経だ。」

「意外とスージーさんてカマトト歌いなんだよな。」

(山)2018.6.15
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg



00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすバンシーズのページ

資料

英語資料

−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.

▲ページの先頭へ