2017年08月15日

レシピ:肉じゃがです

170815001.jpg

こんばんは まほです

今夜は肉じゃがです

材料 分量は2人分で

牛薄切り肉211g333円 ジャガイモ3個90円

タマネギ(小)1個30円 ニンジン3分の1くらい

水200cc 昆布だしの素少々 白だし大さじ1

醤油大さじ3〜4 みりん大さじ3 酒大さじ3

最後に醤油小さじ1 黒砂糖小さじ1くらい

合計で453円くらいです

レシピ

1、ジャガイモは皮をむいて食べやすい大きさに切り水に10分くらいさらします

2、タマネギとニンジンも食べやすい大きさに切ります

3、鍋にサラダ油を熱し中火でタマネギとニンジンを炒めます

4、3にジャガイモを加えて炒めます

5、タマネギがしんなりしてジャガイモが透き通ってきたら牛薄切り肉を加えて炒めます

6、肉の色が変わったら水を入れて昆布だしの素を加えます

7、6に白だしと醤油とみりんと酒と黒砂糖を入れてアクを取り落としぶたをして弱火で10〜15分くらい煮ます

8、ジャガイモが柔らかくなったら醤油小さじ1くらいを加え火を止めます

9、盛りつけて完成です

今回は本みりんを入れた肉じゃがです

黒砂糖も加えてまろやかで本格的な味になりました

最後に醤油を少々入れると味が締まって美味しくなります

とても美味しかったです



posted by 山 at 20:05| Comment(0) | まほのRock'nクッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

洋楽70's全曲探検 1975/8/16号 恋は異なもの&悪魔のささやき登場 Weekly 70's chart adventure



洋楽70's全曲探検
1975/8/16号
恋は異なもの&悪魔のささやき登場


皆様こんにちわ、
洋楽70's全曲探検、
42年前の今週最新米英日のヒットチャートから初登場曲をピックアップし
全曲聴いてしまおうという企画です。
司会は、今度はプレステ2が壊れた、山口眞と申します。

どんどん壊れる我が家の家電。

人間が壊れるよりはいっか。

ではまずはさっそく
米ビルボード・アルバム・チャート200
のニュー・エントリーをば。

101. Free Hand - Gentle Giant /最高位48位。11週。
179. A Chorus Line - Original Cast /最高位98位。49週。
182. Well Kept Secret - James Last Band /最高位172位。3週。
185. Rising For The Moon - Fairport Convention /最高位143位。8週。
186. Let There Be Music - Orleans /最高位33位。32週。
188. Spirit Of '76 - Spirit /最高位147位。9週。
189. Foolish Pleasures - Heartsfield /最高位159位。7週。
190. Pablo Cruise - Pablo Cruise /最高位174位。4週。
195. From Disco To Love - Van Mccoy /最高位181位。4週。
196. Come And Get Yourself Some - Leon Haywood /最高位140位。13週。


参考になれば
今週の

米アダルト・コンテンポラリー・チャート

米R&Bチャート

なお
全チャートの眺めは、一番下(追記部分)にありますのでご参照ください。

−−−−−−

今週のチャート初登場全曲試聴再生リスト
http://www.youtube.com/playlist?list=PLEBB66F68BA99D8A1


Rock of Ages from 1969(fromMarch) vol.1
http://www.youtube.com/playlist?list=PLA9848671995DB3A7

Rock of Ages from 1969(fromMarch) vol.2
http://www.youtube.com/playlist?list=PLEBB66F68BA99D8A1

ヒットチャートロックの歴史
http://www.youtube.com/playlist?list=PLF17180564A99EA22

Best of Charted 70's Pops
http://www.youtube.com/playlist?list=PL26E2DB24FF57D4C2

Best of Charted 70's Soul & Funk
http://www.youtube.com/playlist?list=PL095D0B8355FBF0A6

All the Charted 70's Reggae in Usa & UK
http://www.youtube.com/playlist?list=PL9FF6696215D26B9F

All the Charted Glam Pop
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTxVxw4O6oIWvDSFfBq1ExRl

ベスト・オブ・日本洋楽史70's
http://www.youtube.com/playlist?list=PL8FE5FC9CFF908F9E

B-ROCK IN 70'S
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTzPigQphdlDDmdO9I4BIPg2

歴史オブ西海岸ロック
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTyIW3wwEtUZtasuU2GHyHsB

All Progressive Rock Single in 70's Chart
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTwc2Z7ZNAGCmryr4NpDQDTp

Not Glam But Pop Rock in UK 70's chart
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTxy0894KWrY4lDlYd9yod3G

−−−−−−

1975年8月16日米国チャートから、
表記は
順位/曲名/歌手、バンド/の順なり。
☆(最高五つ星)は素敵度判断。
先に他国チャートでランクイン済みの場合は失礼ながらその時のレビューを転用させていただいてます。

1-339
☆☆☆☆64. I'M SORRY/ CALYPSO - John Denver (RCA)-1
アイム・ソーリー/我が友カリプソ号 ジョン・デンバー











絶好調デンバーさん、
1975年9月19日発売9作目アルバム「Windsong」よりカット7月発売、

I'M SORRY
https://youtu.be/jIjOAWXZJSI

作は自身、プロデュースはMilton Okun師、
十八番のんびり極まるのみーんバラード。何となく良いは確かでしかしそれで1位とるんだから
基礎人気がこの時期とんでもないつうことだ90点。

CALYPSO
https://youtu.be/q3EE83q6tzw

作は自身、プロデュースはMilton Okun師、
十八番のんびり極まるのみーんワルツバラード。
「クストーの海底世界」シリーズ「驚異の世界・ノンフィクションアワー」の
海洋学者ジャック=イヴ・クストー師の調査船カリプソ号に捧げた曲でございます。
ああ涼しげでいいなあイルカになった気分と素直に思えれば90点。

1975年8月16日64位初登場、最高位1位。18週。
カントリー1位。

♪It's cold here in the city, it always seems that way,


2-340
☆☆☆☆67. GONE AT LAST - Paul Simon and Phoebe Snow (Columbia)-1
哀しみにさようなら ポール・サイモン/フィービ・スノウ









https://youtu.be/KYrnadD-uhU

いよいよ登場1975年10月25日発売4作目アルバム「Still Crazy After All These Years」より
1回目カット8月発売、作はポール師匠、プロデュースは師匠とフィル・ラモーン師、
メンツは

Paul Simon, Phoebe Snow - duet vocals
Richard Tee - piano, possible Hammond organ
Gordon Edwards - bass
Grady Tate - drums
Ralph MacDonald - tambourine, shaker
The Jessy Dixon Singers - background vocals

ウルトラ・アルバムから最初にお目見えは話題性充分なフィービ嬢とのデュエット曲。
しかして曲はにぎやかではあるも地味な師匠流ゴスペルで
フィービさんはよく教会でこうゆうふうにガナッてる女の人いるよなあ役で
実にサラッとしとるでこれから大変な先行きの前の静けさ90点。

1975年8月16日67位初登場、最高位23位。10週。

♪The night was black, the roads were icy


3-341
☆☆☆☆☆80. CAROLINA IN THE PINES - Michael (Martin) Murphey (Epic)-1
キャロライナと松林で マイケル・マーフィー



https://youtu.be/yeqybuUvp6A


ザ”ワイルドファイアー”こと
米さだまさしかもしれないマイケルさん、
1975年4作目アルバム「Blue Sky – Night Thunder」よりカット、
作は自身、プロデュースはBob Johnston師、アレンジは重要な役割担う血縁のジャック・マーフィー師と共同。
かの名盤にこの曲もあり、天空に舞う大自然のワンダーを活写する
またまたピアノが効いてます95点。

1975年8月16日80位初登場、最高位21位。13週。

♪She came to me, said she knew me


4-342
☆☆☆☆☆83. WHAT A DIFF'RENCE A DAY MAKES - Esther Phillips (Kudu)-1
恋は異なもの エスター・フィリップス





https://youtu.be/E1_vsu2DyLs


ある意味今週の花形!
Esther Mae Jonesさん、1935年12月23日テキサス州ガルベストン生まれ、
積極性、じっくり決断後即決行、山羊座射手座寄り。
デビューは1950年の大ベテラン真R&B歌手。
こたび1962年"Release Me"
https://youtu.be/kap6KXG9fxs
以来13年ぶり2曲目TOP40ヒットこれで最後登場、
アレンジはジョー・ベック師、プロデュースはCreed Taylor師、
ジャズ・ファンク梁山泊クドウ製同名アルバムからカット。
作はMaría Grever, Stanley Adams組、
オリジナルは1934年メキシカン

Cuando vuelva a tu lado
"When I Return to Your Side"
https://youtu.be/sLNtR0ONlPM

それに英詩をスタンレイ・アダムス師がつけて1959年にダイナ・ワシントン嬢がカバー
https://youtu.be/OmBxVfQTuvI
米8位、R&Bチャート1位。
とした
エレガントな名品を何を喰ったらこんな声になるつうちりめんビブラートであえぎ声各所挿入で
下世話にディスコ再生いたしました目の付け方が抜かりなくビザールです100点。

1975年8月16日83位初登場、最高位20位。16週。
R&Bチャート10位。


唯一のヒットで、
1975年10月4日42位初登場、最高位6位、11月22日21位まで通算8週。

♪What a diff'rence a day made


5-343
☆☆☆☆☆86. POR AMOR VIVEREMOS (Love Will Keep Us Together) - The Captain and Tennille (A&M)-1
ポル・アモール・ヴィヴァレモス キャプテン&テニール



https://youtu.be/LLyJKlFBcT0

はい
メガヒット
愛ある限り
http://rocksblog.seesaa.net/article/449108987.html
のスペイン語ヴァージョンです。
全米のドンタコス以外にも受けるカラムーチョ味でもう一杯喰える95点。

1975年8月16日86位初登場、最高位49位。6週。

♪Si, por amor viviremos Piense en mi en el momento


6-344
☆☆☆☆87. DREAMING A DREAM - The Crown Heights Affair (De-Lite)-1
ドリーミン・ア・ドリーム クラウン・ハイツ・アフェアー









https://youtu.be/dLyLwMDBbOE

”ニューヨークの最も奥深い黒人街ベッドフォード・スタヴィサントの路上から”
と日本盤解説には有り、そこはクラウン・ハイツと呼ばれる場所から湧いてきました大人数バンド、
作・プロデュースはBrit Britton, Freda Nerangis組、
クール&ザ・ギャングのディー・ライトよりエレガント・ディスコ・インストだよ90点。

1975年8月16日87位初登場、最高位43位。13週。
R&Bチャート5位。

♪♪


7-345
☆☆☆☆89. I GOT STONED AND I MISSED IT - Jim Stafford (MGM)-1
アイ・ガット・ストーンド・アンド・アイ・ミスド・イット ジム・スタッフォード



https://youtu.be/m4GhW6VVGyw

かの
スパイダーズ・アンド・スネイクス
http://rocksblog.seesaa.net/article/429617000.html

アメリカンとほほな日常の漫談歌手ジムおじさん、
1975年2作目アルバム「Not Just Another Pretty Foot」より2回目カット、
作は作家でもあるShel Silverstein師、
ラリってドジッた野郎の泣き笑いをペーソスをこめて織り成すわ90点。

1975年8月16日89位初登場、最高位37位。9週。

♪I was sittin in my basement I just had myself a taste of something


8-346
☆☆☆☆☆90. DEPARTMENT OF YOUTH - Alice Cooper (Atlantic)-1
悪魔のささやき アリス・クーパー







https://youtu.be/t8l0RQkHXa8

「キング・オブ・ショック・ロック」ロック史上最大の道化師おいちゃん、
1975年3月11日発売8作目ソロ1作目アルバム「Welcome to My Nightmare」より1回目カット3月発売

Only Women Bleed
の後回しでヒットですあの新路線泣き節が当たったあとでなんですがの十八番ショック・ロックたる
青春学部のだっさいハード・ロックがこれが実に味わいの里でして95点。進呈。

1975年8月16日90位初登場、最高位67位。4週。

♪We're in trouble all the time you read about us all in the papers


9-347
☆☆95. TO EACH HIS OWN - Faith, Hope and Charity (RCA)-1
トゥ・イーチ・ヒズ・オウン フェイス・ホープ・アンド・チャリティ





https://youtu.be/0vqSJVubcAE

フロリダはタンパにて1969年発生ソウル・グループ。
今をときめくヴァン・マッコイ師の紹介でマックスウェル・レコードと契約して1970年に2曲のTOP100ヒット飛ばしたあとあとが続かず
SussexからRCAと渡り歩いての1975年3作目アルバム2度目「Faith Hope & Charity」よりカット、
プロデュース、アレンジ、作は義理堅いですヴァン・マッコイ師。
まんまハッスルせずビートはロック・ザ・ボート使ったもんで半端に古臭くなり失敗72点。
な割にはチャートでは成功かな?。

1975年8月16日95位初登場、最高位50位。15週。
R&Bチャート1位。

♪The best of business In the line of business


10-348
☆☆☆96. WE BEEN SINGIN' SONGS - Baron Stewart (United Artists)-1
ウィ・ビーン・シンギン・ソングス バロン・スチュワート



https://youtu.be/dbilzAXFg2w

経歴一切わからぬシンガー・ソング・ライターさん。
UAからの1975年1作目アルバム「Bartering」よりカット、
作は自身、プロデュースはDallas Smith師、アレンジはDavid Blumberg師、
メンツは

Bass – Domenic Genova
Drums – Eddie Tuduri
Electric Piano – Baron Stewart
Piano – Bill Cuomo
Steel Guitar – Dan Dugmore
Tambourine – Rick Blond
Backing Vocals – Julia Tillman, Rick Blond, Shirley Matthews, Venetta Fields

爽やかに始まりホット・チョコレートのエロール・ブラウン師のようなクセのある声で織り成す
どうも各所マッチしてない白歌謡ですと曲はなりに良くてもどうしても下位止まりです81点。

1975年8月16日96位初登場、最高位91位。6週。

♪Now, darling, I regret Every single time


11-349
☆☆☆97. HOUSE OF STRANGERS - Jim Gilstrap (Roxbury)-1
ハウス・オブ・ストレンジャーズ ジム・ギルストラップ





https://youtu.be/e2eeaQ_O0d8

「スイング・ユア・ダディ」で
http://rocksblog.seesaa.net/article/447669391.html
春に55位ヒット飛ばした
James Earl "Jim" Gilstrapさん、1946年11月10日ピッツバーグ生まれ、
慎重とプライドの蠍座。
バック・ヴォーカリストして活躍、
スティービー・ワンダー師の"You Are the Sunshine of My Life"で出だしの2ライン唄った方、
1975年1作目アルバム「Swing Your Daddy」より2回目カット、
作はDave Appell, Sandy Linzer組、プロデュースはWes Farrell師、
アレンジはLarry Muhoberac師、
先のドゥワップ調から一転、白っぽい歌謡に。
これまたどうも各所マッチしてなく曲はなりに良くてもどうしても下位止まりですな81点。

1975年8月16日97位初登場、最高位93位。3週。

♪♪


12-350
☆☆☆100. WHAT YOU GOT - Duke and the Drivers (ABC)-1
ホワット・ユー・ガット デューク・アンド・ザ・ドライバーズ



https://youtu.be/S1u_nWr3awg

見るからにむさ苦しいメンツが打ち揃ったボストンのロック・バンド、
1975年1作目アルバム「Cruisin'」よりカット8月発売、
作はC. Armstrongさん、
アレンジはバンドとあのエディ・クレイマー師、
プロデュースもエディ・クレイマー師、
キッスな声でドゥービーしてるかの如き豪快に二流な雰囲気をかもし出すとほほな81点。

1975年8月16日100位初登場、最高位95位。4週。

♪I don't know just what You done to me, yeah

------
from
BUBBLING UNDER THE HOT 100

残念、特にございません。

***************

ちなみに
この週の全米TOP3は

1.☆←1 JIVE TALKIN' - The Bee Gees (RSO)-12 (2 weeks at #1)
2.☆←4 ONE OF THESE NIGHTS - The Eagles (Asylum)-12 (1 week at #1)
3.☆←4 PLEASE MR. PLEASE - Olivia Newton-John (MCA)-11

おっとこれは珍なる、呪われた夜が盛り返し。

−−−−−−

1975年8月16日付TOP20米アルバム・チャートの
ニュー・エントリー盤は

1-80
☆☆☆☆18.☆←22 Melissa - Melissa Manchester
想い出にさようなら メリサ・マンチェスター



Side A
1. "We've Got Time" (Manchester, Carole Bayer Sager)
https://youtu.be/HMIPZ_s3KAI
2. "Party Music" (Manchester, David Wolfert)
3. "Just Too Many People" (Manchester, Vini Poncia)
4. "Stevie's Wonder" (Manchester, Carole Bayer Sager)
5. "This Lady's Not Home Today" (Manchester, Carole Bayer Sager)

Side B
1. "Love Havin' You Around" (Stevie Wonder, Syreeta Wright)
2. "Midnight Blue" (Manchester, Carole Bayer Sager)
3. "It's Gonna Be Alright" (Manchester, Adrienne Anderson)
4. "I Got Eyes" (Manchester)
5. "I Don't Want To Hear It Anymore" (Randy Newman)

Personnel
Producer Vini Poncia

1975年1月発売3作目。

24歳にてキャリア9年の猛者女、
B2ミッドナイト・ブルー
http://rocksblog.seesaa.net/article/449867819.html
の大ヒットでブレーク、アルバムも呼ばれてチャートイン、
練りに練った選曲で新世代女史SSWの登場を雄叫びする秀作です93点。

米12位。41週。


TOP3は

1.☆←1 One Of These Nights - Eagles (4 weeks at #1)
2.☆←2 The Heat Is On - Isley Brothers
3.☆←10 Red Octopus - Jefferson Starship

−−−−−−

1975年8月16日付TOP50英国アルバム・チャートより

1-118
?30. NEVER TOO YOUNG TO ROCK - VARIOUS ARTISTS
ネバー・トゥ・ヤング・トゥ・ロック オムニバス



Side A
1. Scott Fitzgerald Never Too Young To Rock
https://youtu.be/5c0Vi5WLV4s
2. Rubettes Sugar Baby Love
3. Glitter Band Let's Get Together Again
4. Silver Band Something Old, Something New
5. Slik The Boogiest Band In Town
6. Glitter Band Shout It Out
7. Rubettes Tonight

Side B
1. Glitter Band Angel Face
2. Whoopee Band 5,000 Year Old Rock
3. Rubettes Juke Box Jive
4. Glitter Band Just For You
5. Silver Band Quadrangular March
6. Silver Band Never Too Young To Rock

Personnel
Distributed By Polydor Ltd.

1975年。

マッド、ルーベッツ、グリッター・バンドが主演だとゆうグラムポップ映画のサントラ登場。
タイトル曲はトニー・マコーレイ師作。なりにふりしとるが実にトニー節のいい曲。

映画の存在も盤の存在も知りませんでした?点。

唯一のヒットで、
1975年8月16日30位初登場、最高位30位、9月13日32位まで通算5週。


2-119
?52. PICTURES AT AN EXHIBITION - TOMITA
展覧会の絵 冨田勲



Side A
1. Promenade
https://youtu.be/SeXF8e14SGU
2. The Gnome
3. Promenade
4. The Old Castle
5. Promenade
6. Tuileries
7. Bydlo
8. Promenade
9. Ballet Of The Chicks In Their Shells

Side B
1. The Two Jews
2. Limoges
3. Catacombs; Cum Mortuis In Lingua Mortua
4. Baba Yaga (Hut On Fowls' Legs)
5. Great Gate Of Kiev

Personnel
Original Composed By Mussorgsky
Electronically Created By, Liner Notes – Isao Tomita
Producer Plasma Music, Inc.

1975年発売3作目。

月の光
http://rocksblog.seesaa.net/article/450602133.html
に続きジャングル大帝富田さんの大好評、シンセでクラシックしちゃおシリーズ第2弾。
今週付米クラシック1位獲得、
全米レコード販売者協会2年連続1975年最優秀クラシカル・レコード受賞、
1975年度日本レコード大賞・企画賞受賞、
などさらなる名声をはくすもあたしゃ知っておったが無縁だったで?点。

米49位。12週。

2回目のヒットで、
1975年8月16日52位初登場、最高位42位、10月18日52位まで通算8週。

******

TOP3は

1.☆←5 THE BEST OF THE STYLISTICS - THE STYLISTICS -20 (8 weeks at #1)
2.←1 HORIZON - THE CARPENTERS -8 (5 weeks at #1)
3.←2 VENUS AND MARS - WINGS -7 (2 weeks at #1)

突如スタイリスティックス盛り返し中7週おいての首位再奪取にはびっくり。

−−−−−−

1975年8月16日付TOP50英国シングル・チャートより

1-199
☆☆☆☆☆24. SAILING - ROD STEWART
セイリング ロッド・スチュワート



http://rocksblog.seesaa.net/article/25501017.html
https://youtu.be/FOt3oQ_k008

アメリカにさらなるスーパースターになりに行っちゃったよと嘆きの英国民を狂喜させる大曲登場。
1975年8月15日発売6作目アルバム「Atlantic Crossing」より1回目カット、
プロデュースはトム・ダウド師。
作はサザーランド・ブラザース・バンドのギャビン・サザーランド師。
初出は兄弟のシングル1972年6月発売
https://youtu.be/poDjuRlaNAg
英54位。4万枚売上。
同棲してた兄貴のガールフレンドがTVで兄弟の演奏を聞いて良い良いと勧めたら兄貴もファンになり
マーキー・クラブに直々に見に行かれ、新アルバムで歌っていいかいってことになり
いざ録音。
朝10時にホテルでプロデューサーのトム師匠に電話で叩き起こされ
マッスル・ショールズで朝10時半に歌入れ開始、
初めて酒抜きで録音したとゆう慣れない清涼な声で6,7回テイクを重ね完成、
兄弟のいっぽんどっこな舟歌からよりロマンチックにストレートな名曲となって
海洋国家大英帝国の第2の国家となるべく大ヒットとなるは耳タコを超えて100点。

7回目のヒットで、
1975年8月16日24位初登場、最高位1位4週、1977年1月15日46位まで通算30週。


1975年10月18日83位初登場、最高位58位。7週。

♪I am sailing I am sailing Home again 'Cross the sea


2-200
☆☆☆41. BRAZIL - CRISPY AND COMPANY
ブラジル クリスピー・アンド・カンパニー



https://youtu.be/UKUqASw7AP0

正体はNYから仏パリに1970年に本拠地を移しの
やたらサンプリングネタにされてる
Lafayette Afro Rock Bandの別名バンド。

こちらの
http://rocksblog.seesaa.net/article/452314125.html

***

7-323
☆☆☆88. BRAZIL - The Ritchie Family (20th Century)-1
ブラジル大作戦 リッチー・ファミリー

https://youtu.be/0sClRqQ_rlQ

フィラデルフィア発フィリー・ソウル外、
あのヴィレッジ・ピープルを創造した野郎ジャック・モラリ師匠がぶちかました三人官女ディスコ団、
立地が良いのが玉にキズ、リッチー・ファミリー!
1975年1作目アルバム「Brazil」よりカット、
プロデュースはもちモラリ師匠、
作はAry Barroso師、1939年作、
貴方も私もどうしてかみんな知ってるブラジルで最も有名な曲の一つを豪勢にディスコ化でございます90点。


1975年8月2日88位初登場、最高位11位。18週。
R&Bチャート26位。


1回目のヒットで、
1975年8月23日49位初登場、最高位41位、9月13日43位まで通算4週。

♪Yeah... You've got me where you want me

***

と競作になるこれぞブラジル大作戦。
陳腐な上にこちらはさらにお安い仕様なこれは追っかけで急いで作って先を越す
仁義無き本家元祖争い、しょーもないのが魅力とも言える80点。

1回目のヒットで、
1975年8月16日41位初登場、最高位26位、9月13日33位まで通算5週。

♪You've got me where you want me


3-201
☆☆☆☆47. JULIE ANN - KENNY
ジュリー・アン ケニー



https://youtu.be/VPeWOZiCjP8

RAKの筆頭遅れてきたグラム・ポッパー新曲、
作・プロデュースは打倒元子飼いBCR!天下のBill Martin & Phil Coulterチーム、
1975年1作目アルバム「The Sound Of Super K」よりカット、
昔のローラーズをまんま持ってきてグリッター・バンドと合体させたような
しょーもないのが魅力とも言えるグラムポップ有終の美90点。

4回目のヒットで、最後、
1975年8月16日47位初登場、最高位10位、10月4日25位まで通算8週。

♪Been thinkin' about you in the sunshine


4-202
☆☆☆☆48. KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR - ERIC CLAPTON
天国への扉 エリック・クラプトン



https://youtu.be/riuV6Ity-Jc

元はと言えば
http://rocksblog.seesaa.net/article/425137271.html

***

3-335
☆☆☆☆☆80. KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR - Bob Dylan (Columbia)-1
天国への扉 ボブ・ディラン

https://youtu.be/IaSIPQ-Bdc8

親玉、「Lay Lady Lay」以来3年ぶりのTOP20入りヒット登場。
1973年7月13日発売12作目アルバム「ビリー・ザ・キッド〜Pat Garrett & Billy the Kid」より1回目カット7月13日発売。
同時に
米公開1973年5月23日
日本公開1973年10月6日
サム・ペキンパー監督西部劇映画「ビリー・ザ・キッド/21才の生涯」サントラ盤で
これぞ循環3コードで何もかも済ますロックの大傑作の一つ。
同時にニールくんのヘルプレスを聞くの禁止なり。
しかるにアマチュワ・バンドで知らないメンツが集まったりするととりあえずこれをやって
終わり時を失いグダグダになるのは思い出してはいかん、95点。


1973年9月1日80位初登場、最高位12位。

英、
13回目のヒットで、
1976年10月6日34位初登場、最高位14位、12月1日40位まで通算9週。

♪Mama, take this badge off of me 'cause I can't use it anymore.

***

エリック神、1975年1月にジャマイカンでNYに移民したレゲエ歌手アーサー・ルイス師のレゲエ版録音に
https://youtu.be/OpxB2pq7yk4
参加し
どーしても自分でもやりたくなってトム・ダウド師プロデュースで急遽録音、
7月に発売のアーサーさんのをぶっ潰す形で神って残酷8月発売、
しかもタイトルがこれですし知る人ぞ知る神神版90点。

3回目のヒットで、
1975年8月16日48位初登場、最高位38位、9月6日41位まで通算4週。

米キャッシュボックス109位。

♪Ma, take this badge off of me


5-203
☆☆☆☆49. SUMMERTIME CITY - MIKE BATT WITH NEW EDITION
サマータイム・シティ マイク・バット・ウイズ・ニュー・エディション



https://youtu.be/HbdWQd6dEbQ

ウォンブルズで隠れ大スターの鬼才マイク・バットちゃん、
自身名義でも1968年から出してはおるんすがウォンブルズ終了で晴れて素顔です、
もち作・アレンジ・プロデュースはマイクさん、
バックは来年世話してアルバム・デビューする元祖ニュー・エディション。
こんな早くに顔さらしたら子どもたちの夢はぶち壊し

お前は平田だろう。

状態ではありますがやっぱ毎度偉くはないけどキュートな英歌謡曲をやる御仁です93点。

自分名義だとこれ一発だってのが実に不思議や。

唯一のヒットで、
1975年8月16日49位初登場、最高位4位、10月4日21位まで通算8週。

♪In the cool light of the dawn when the sky wakes and the sun shines on the boulevard


6-204
?50. FUNKY MOPED/MAGIC ROUNDABOUT - JASPER CARROTT
ファンキー・モップト/マジック・ラウンドアバウト ジャスパー・キャロット



生まれ名Robert Norman Davisさん、1945年3月14日バーミンガムはアコックス・グリーン産まれ、
自己主張が強く負けず嫌い行動派の魚座牡羊座寄りの
コメディアン、俳優、歌手、司会、タレントさん。
ELOのベヴ・ベヴェンさんの同級生。
てことで歌手一発ヒットは

FUNKY MOPED
https://youtu.be/9GyCdies5F8

作はChris Rhomannさん、
プロデュースはおうわジェフ・リン師匠。
つうてもELOぽくはまるで無いディスコでもない英なまり丸出しコメディ・ロックン・ロールぽいの。
何か面白いんだろうて?点。

MAGIC ROUNDABOUT

https://youtu.be/2pFqC1e96i0

両A面扱いのこっちは作・プロデュース自身。
ピン芸人ギャグネタをまんま収録。面白いこと言ったりボブ・ディラン親玉の真似したりしてウケてる?点。

唯一のヒットで、
1975年8月16日50位初登場、最高位5位2週、11月22日32位まで通算15週。

♪The lights were groovy colours, The band was playin' slow.

******

TOP3は

1.☆←3 I CAN'T GIVE YOU ANYTHING (BUT MY LOVE) - THE STYLISTICS -4wks /1wk No.1
2.←1 BARBADOS - TYPICALLY TROPICAL -7wks /1wk No.1
3.☆←4 IF YOU THINK YOU KNOW HOW TO LOVE ME - SMOKIE -5wks

スタイリスティックス2冠達成。

************

以上

えーと今週は・・
不思議な事があるもんで珍なるもの大特集です。

(山)2017.8.15
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

100 Hits: Rock

100 Hits: Soul

100 Hits: 70's

00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくす洋楽70’s全曲探検 のページ

資料

英語資料

.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.muzie.ne.jp/artist/a001909/

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.
続きを読む(チャート全貌資料)
posted by 山 at 08:06| Comment(0) | 洋楽70's全曲探検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

夏に鍋が食べたくなったらタラと豆腐のあっさり煮です。

170814001.jpg

こんばんは まほです

今夜は夏に鍋が食べたくなったらタラと豆腐のあっさり煮です

鍋に水を入れ中火にかけ酒・醤油・白だしを適量入れます

鶏ガラスープの素を少々加え煮立ったら甘塩タラ・絹豆腐・ネギ・シラタキを入れます

具材に火が通ったら出来上がりです

あっさり味でとても美味しかったです

.
posted by 山 at 19:45| Comment(0) | まほのRock'nクッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ