2017年06月20日

洋楽70's全曲探検 1975/6/21号 ファイト・ザ・パワー&酒に酔いしれ登場 Weekly 70's chart adventure



洋楽70's全曲探検
1975/6/21号
ファイト・ザ・パワー&酒に酔いしれ登場


皆様こんにちわ、
洋楽70's全曲探検、
42年前の今週最新米英日のヒットチャートから初登場曲をピックアップし
全曲聴いてしまおうという企画です。
司会は、腹が減っては戦は出来ぬ、山口眞と申します。

腹、減った。

ではまずはさっそく
米ビルボード・アルバム・チャート200
のニュー・エントリーをば。

19. Metamorphosis - The Rolling Stones /最高位8位。13週。
96. Chocolate Chip - Isaac Hayes /最高位18位。19週。
109. Trouble In Paradise - Souther,Hillman,Furay Band /最高位39位。11週。
124. Jasmine Nightdreams - Edgar Winter /最高位69位。10週。
129. Switch - Golden Earring /最高位108位。8週。
139. Made In The Shade - The Rolling Stones /最高位6位。17週。
153. Wolf Creek Pass - C.W. McCall /最高位143位。9週。
155. International - The Three Degrees /最高位99位。8週。
165. Strange Universe - Mahogany Rush /最高位84位。13週。
166. Coming Down Your Way - Three Dog Night /最高位70位。12週。
168. The Chicago Theme - Hubert Laws /最高位42位。18週。
171. Main Course - Bee Gees /最高位14位。75週。
178. Anniversary Special Vol.i - Earl Scruggs Revue /最高位104位。10週。
184. Greatest Hits - Charlie Rich /最高位148位。10週。
186. Cosmic Truth - Undisputed Truth /最高位186位。2週。
188. Alvin Stone :birth & Death Of A Gangster - Fantastic Four /最高位99位。16週。
190. Electronic Realizations For Rock Orchestra - Synergy /最高位66位。18週。


参考になれば
今週の

米アダルト・コンテンポラリー・チャート

米R&Bチャート

なお
全チャートの眺めは、一番下(追記部分)にありますのでご参照ください。

−−−−−−

今週のチャート初登場全曲試聴再生リスト
http://www.youtube.com/playlist?list=PLEBB66F68BA99D8A1


Rock of Ages from 1969(fromMarch) vol.1
http://www.youtube.com/playlist?list=PLA9848671995DB3A7

Rock of Ages from 1969(fromMarch) vol.2
http://www.youtube.com/playlist?list=PLEBB66F68BA99D8A1

ヒットチャートロックの歴史
http://www.youtube.com/playlist?list=PLF17180564A99EA22

Best of Charted 70's Pops
http://www.youtube.com/playlist?list=PL26E2DB24FF57D4C2

Best of Charted 70's Soul & Funk
http://www.youtube.com/playlist?list=PL095D0B8355FBF0A6

All the Charted 70's Reggae in Usa & UK
http://www.youtube.com/playlist?list=PL9FF6696215D26B9F

All the Charted Glam Pop
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTxVxw4O6oIWvDSFfBq1ExRl

ベスト・オブ・日本洋楽史70's
http://www.youtube.com/playlist?list=PL8FE5FC9CFF908F9E

B-ROCK IN 70'S
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTzPigQphdlDDmdO9I4BIPg2

歴史オブ西海岸ロック
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTyIW3wwEtUZtasuU2GHyHsB

All Progressive Rock Single in 70's Chart
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTwc2Z7ZNAGCmryr4NpDQDTp

Not Glam But Pop Rock in UK 70's chart
http://www.youtube.com/playlist?list=PLRYJG08c6GTxy0894KWrY4lDlYd9yod3G

−−−−−−

1975年6月21日米国チャートから、
表記は
順位/曲名/歌手、バンド/の順なり。
☆(最高五つ星)は素敵度判断。
先に他国チャートでランクイン済みの場合は失礼ながらその時のレビューを転用させていただいてます。

1-251
☆☆☆☆☆79. FIGHT THE POWER (Part 1) - The Isley Brothers (T-Neck)-1
ファイト・ザ・パワー アイズレー・ブラザーズ







http://rocksblog.seesaa.net/article/12438071.html
https://youtu.be/8QZvoOqUkqw


作・アレンジ・プロデュースは

Rudolph Isley
O'Kelly Isley, Jr.
Ronald Isley
Ernie Isley
Marvin Isley
Chris Jasper

概ね作ったはアーニー師、ドラムもね、
中核でうねるベースシンセはクリス師、
歌唱隊の塩辛さは黒い塩漬け
筆致に尽くせぬ100点以上無限大。

どかんと会津兄弟、カウンターでファンク世界一一発。
1975年6月7日発売13作目アルバム「The Heat Is On」より1回目カット5月13日発売、

1975年6月21日79位初登場、最高位4位。18週。
R&Bチャート1位。

♪Time is truly wastin', there's no guarantee


2-252
☆☆☆☆☆81. SEXY - MFSB (Philadelphia International)-1
セクシー・ガール ボビー・マーチン&MFSB







https://youtu.be/aiX-BE9uyVg

ハッスルに負けるな、本家東のMFSB勃つ、
1975年3作目アルバム「Universal Love」よりカット、
作・プロデュースはケニー・ギャンブル=リオン・ハフ親分コンビ、
アレンジははいボビーの親分さん、
演奏は
Bobby Eli, Norman Harris, Reggie Lucas, Roland Chambers, T.J. Tindall - guitar
Anthony Jackson, Ron Baker - bass
Leon Huff, Lenny Pakula, Eddie Green, Harold "Ivory" Williams - keyboards
Earl Young, Karl Chambers, Norman Farrington - drums
Larry Washington - percussion
Vincent Montana, Jr. - vibraphone
Zach Zachary, Tony Williams - saxophone
Don Renaldo and his Strings and Horns

いえいMother Father Sister Brother。
歌詞をつけると上品になっちゃうのでインストで攻められるここでは思いっきりエッチな妄想してくださいね97点。
それでもハッスルよりはかなり品がございますのがいかんつーのかえ。

1975年6月21日81位初登場、最高位42位。7週。
R&Bチャート2位。

英国チャート
2回目のヒットで、
1975年7月26日48位初登場、最高位37位2週、8月23日42位まで通算5週。

♪♪


3-253
☆☆☆☆☆82. MORNIN' BEAUTIFUL - Tony Orlando and Dawn (Elektra)-1
モーニング・ビューティフル トニー・オーランド&ドーン



https://youtu.be/ECr2bnx9Cys

「恋のシーソー・ゲーム」で鋭く最前線復帰のずドーン、当然同アルバムから二押しのパンチは
作:Dave Appell, Sandy Linzer師連チーム、
プロデュースはDave Appell, Hank Medress親玉組、
もはやド〜ンをもさっとしたアメリカン歌謡とは呼ぶだろうが呼ばせませんを意気にしたすっきりアレンジで行く連続傑作です95点。
アルバム作る時から確実に意識してる。

1975年6月21日82位初登場、最高位14位。10週。

♪No, I'm not upset, I'm not, lots of people get married


4-254
☆☆☆☆☆83. WASTED DAYS AND WASTED NIGHTS - Freddy Fender (ABC/Dot)-1
酒に酔いしれ フレディ・フェンダー





http://rocksblog.seesaa.net/article/25676796.html
https://youtu.be/TUVgkXVDkBA


"Before the Next Teardrop Falls〜涙のしずく"で全米を国境の涙の滝にしたフェンダーおいちゃん2弾目。
1974年涙のしずくアルバムからカット6月発売、
作はWayne Duncan, Freddy Fender and Huey Meaux師匠連チーム、
プロデュースはも〜Huey P. Meaux師、アレンジはBruce Ewen師、
元はと言えば1959年フェンダー親父最初期録音のシングル曲で
https://youtu.be/YoUYXWy0Q-w
ここに16年の月日を経てちょいとテンポアップでハチロク・バラード、
親父らの酒を酔いしれな天空のテックス・メックス歌謡100点。
おいえまだ訳してねえや訳せる。

1975年6月21日83位初登場、最高位8位。19週。

♪Wasted days and wasted nights. I have left for you


5-255
☆☆☆☆84. WOODEN HEART - Bobby Vinton (ABC)-1
さらばふるさと ボビー・ヴィントン





https://youtu.be/mtbHT6XqOhI

愛のメロディー〜"My melody of love"ですっかりポルカ王ポーランド王子に襲名のヴィントンはん、
1975年7月発売26作目アルバム「Heart of Hearts」よりカット、
作はFred Wise, Ben Weisman, Kay Twomey, Bert Kaempfert組、
1960年のエルヴィス・プレスリー王の「G.I. Blues.」映画で高名となり
https://youtu.be/Hlbu6SsjlSE
シングル化英1位6週、米ではB面でしか出なかった歌で
オリジナルはドイツのフォークソング
Muss i denn
https://youtu.be/sDtiVc2V8ls
ああドイツだ。
ヴィントン師、ポーランド式にして蘇らせるポーランドと米で発売94点。

1975年6月21日84位初登場、最高位58位。5週。

♪Can't you see I love you Please don't break my heart in two


6-256
☆☆☆☆85. SEND IN THE CLOWNS - Judy Collins (Elektra)-1
悲しみのクラウン ジュディ・コリンズ



https://youtu.be/8L6KGuTr9TI

英登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/449927584.html



青春の光と影のジュディさんの新曲は
1975年3月発売12作目アルバム「Judith」よりカット、
作はStephen Sondheim師、プロデュースはArif Mardin師、
1973年のミュージカル「A Little Night Music」用に書かれた歌。
甘いお菓子の欲望に日々凋落してるトロやお父ちゃんは恥ずかしくなる清明な気高い歌いっぷりの92点。
鮮明に記憶に残ります。




1975年6月21日85位初登場、最高位36位。11週。


3回目のヒットで、最後、
1975年5月17日39位初登場、最高位6位2週、7月5日29位まで通算8週。

♪Isn't it rich? Are we a pair? Me here at last on the ground


7-257
☆☆☆☆☆86. HOW SWEET IT IS (To Be Loved By You) - James Taylor (Warner Brothers)-1
君の愛に包まれて ジェイムス・テイラー







http://rocksblog.seesaa.net/article/25251031.html
https://youtu.be/kSQdRz-HlJw


JT兄さん、一皮ツルンとバーバンク時代でムケました
1975年5月1日発売6作目指差し点呼アルバム「Gorilla」よりカット、
作はHolland–Dozier–Holland王連、
オリジナルは1964年マーヴィン・ゲイ師米6位、R&Bチャート4位曲
https://youtu.be/beW9AH1Goxg
そを
そのコク声で聞いてみたいな皆さんの希望に沿ってカバー路線ここに始まり100点。
妻君カーリーさんのコーラスでばっちり監視つき。

1975年6月21日86位初登場、最高位5位。17週。

♪How sweet it is to be loved by you How sweet it is to be loved by you I needed the shelter of someone's arms.


8-258
☆☆☆☆☆88. THIRD RATE ROMANCE - The Amazing Rhythm Aces (ABC)-1
サード・レイト・ロマンス アメイジング・リズム・エイセス







https://youtu.be/aTT-Jmi1nOc


オザーク・マウンテン・デアデビルズ、ピュア・プレイリー・リーグと三兄弟なバンド末っ子登場、
1974年メンフィスで結成、
こたび
1975年1作目アルバム「Stacked Deck」より1回目カット6月23日発売、
作はバンドの花形満ラッセル・スミス師、
初出はジェシ・ウィンチェスター師だと今気づいた
https://youtu.be/tTl_bEsBK6Y
ジェシ師のもさることながらエイセスのたまらねおとぼけ声のはやっぱ格別100点。

1975年6月21日88位初登場、最高位14位。16週。

♪Sitting at a fancy table, in a ritzy restaurant,


9-259
☆☆☆☆☆89. FALLIN' IN LOVE - Hamilton, Joe Frank and Reynolds (Playboy)-1
フォーリン・イン・ラヴ ハミルトン、ジョー・フランク&レイノルズ







https://youtu.be/K0sTpZja6JQ

ダンヒル・サウンドつーたらこの方々じゃろうがの恋のかけひきハミジョーさんら
なんとプレイボーイ・レコードに移籍しての
1975年3作目アルバム「Fallin' in Love」よりタイトルカット5月発売、
作はハミルトンさんのDan Hamilton, 奥方だと思いますAnn Hamiltonさんコンビ、
プロデュースはJim Price師、
己の力で再び魔法をゲットして最高な結末を得るのだ100点。

1975年6月21日89位初登場、最高位1位。17週。


唯一のヒットで、
1975年9月13日46位初登場、最高位33位2週、10月18日41位まで通算6週。

♪Baby, baby, fallin' in love


10-260
☆☆☆☆☆96. RENDEZVOUS - The Hudson Brothers (Rocket)-1
月夜のランデブー ハドソン・ブラザース





https://youtu.be/i6Ro0B9RETM


あの最高峰ビートルズ・アンセムな
ソー・ユー・アー・ア・スター
SO YOU ARE A STAR - The Hudson Brothers
http://rocksblog.seesaa.net/article/117332387.html
http://rocksblog.seesaa.net/article/442085738.html
のビル、ブレット、マークのハドソン三兄弟、
帰ってまいりました
作は三兄弟とブルース・ジョンストン師。
プロデュースは何とバービー・トーピン師で
史上最大のバカ・ポップスここに野獣生誕100点。

1975年6月21日96位初登場、最高位26位。12週。

♪Rendezvous, Oh Rendezvous, Rende, Rende, Rendezvous


11-261
☆☆☆☆97. 7-6-5-4-3-2-1 (Blow Your Whistle) - Gary Toms Empire (P.I.P.)-1
7-6-5-4-3-2-1(ディスコでグーッ!) ゲイリー・トムズ・エンパイアー









https://youtu.be/n2P_7_Nuk8M

オルガニストのジミー・スミス師他のツアー・ミュージシャンだった鍵盤師、ゲイリー・トムズ師が結成のディスコ団。
作は英ロジャー・クック師、
元は英歌謡バンド、ブルー・ミンクが1974年アルバム「Fruity」に収録した
Get Up
https://youtu.be/qsut2Z7oNCQ
プロデュース、Bill Stahl, Rick Bleiweissチームで改題、アッパーなディスコに変身させて時流乗りの90点。

1975年6月21日97位初登場、最高位46位。17週。
R&Bチャート5位。

♪What's that band, baby, They've got something


12-262
98. FEELINGS - Morris Albert (RCA)-1
フィーリング モリス・アルバート







https://youtu.be/wU0Pp2n6ooE

出たフィーリング。
Maurício Alberto Kaisermannさん、1951年9月7日ブラジルはサンパウロ生まれ、
真理の探究・内面の探求の乙女座。
アレンジ・プロデュースは自身、
作は自身
とクレジットも
メロの一部はフランス人作曲家のLouis "Loulou" Gastéの1957年作
Pour Toi
https://youtu.be/BZYiaYvpO2o
でないかと後年揉める。確かにくりそつ。
後にハイ・ファイ・セットがカバーしての高名になったは御存知の通り。

むっかしからこの歌は大嫌いだった。陳腐なラウンジ歌謡0点。

1975年6月21日98位初登場、最高位6位。32週。


唯一のヒットで、
1975年9月27日38位初登場、最高位4位2週、11月29日40位まで通算10週。

♪Feelings, nothing more than feelings. Trying to forget my feelings of love


13-263
☆☆☆☆☆100. (Shu-Doo-Pa-Poo-Poop) LOVE BEING YOUR FOOL - Travis Wammack (Capricorn)-1
ラブ・ビーイング・ユア・フール トラヴィス・ワーマック





https://youtu.be/051DZ3bkNZM

お初じゃないすよ。
WHATEVER TURNS YOU ON
http://rocksblog.seesaa.net/article/404737147.html
で1972年に最高位95位ヒットの
マッスルショールズの腕利きギタリストさん、3回目ヒット、
1975年2作目アルバム「Not For Sale」よりカット、
プロデュースはリック・ホール師、
バックはマッスル・ショールズ団、
作はCharlie Whitehead, Jerry Williams Jr.チーム、
チャーリー師自らも出しておりますがトラヴィスさんで中ヒット達成の
イントロからのけぞるギターなナイス・スワンプ・ナムバー95点。

1975年6月21日100位初登場、最高位38位。10週。

♪But if you a fool that`s true Lord knows, I do the best I can And if you wanna have your cake

------
from
BUBBLING UNDER THE HOT 100

残念、特にございません。

***************

ちなみに
この週の全米TOP3は

1.☆←2 LOVE WILL KEEP US TOGETHER - The Captain and Tennille (A&M)-10 (1 week at #1)
2.☆←3 WHEN WILL I BE LOVED/ IT DOESN'T MATTER ANYMORE - Linda Ronstadt (Capitol)-11
3.☆←12 WILDFIRE - Michael (Martin) Murphey (Epic)-13

すごい勢いで次から次へと。

−−−−−−

1975年6月21日付TOP20米アルバム・チャートの
ニュー・エントリー盤は

1-58
☆☆☆☆☆2.☆←25 Venus & Mars - Paul McCartney & Wings
ヴィーナス・アンド・マース ポール・マッカートニー&ウイングス



http://rocks.studio-web.net/tles/paul/vandm.html

Side A
1. "Venus and Mars" – 1:16
2. "Rock Show" – 5:31
3. "Love in Song" – 3:04
4. "You Gave Me the Answer" – 2:15
5. "Magneto and Titanium Man" – 3:16
https://youtu.be/sTBukDar6vE
6. "Letting Go" – 4:33

Side B
1. "Venus and Mars (Reprise)" – 2:05
2. "Spirits of Ancient Egypt" – 3:04
lead vocals by Denny Laine
3. "Medicine Jar" (Jimmy McCulloch, Colin Allen) – 3:37
lead vocals by Jimmy McCulloch
4. "Call Me Back Again" – 4:58
5. "Listen to What the Man Said" – 4:01
6. "Treat Her Gently – Lonely Old People" – 4:21
7. "Crossroads Theme" (Tony Hatch) – 1:00

Personnel
Paul McCartney – vocals, bass, guitars, keyboards, piano, percussion
Linda McCartney – keyboards, backing vocals, percussion
Denny Laine – vocals, guitars, keyboards, percussion
Jimmy McCulloch – guitars, vocals, percussion
Joe English – drums, percussion
Geoff Britton – drums on "Love in Song", "Letting Go" and "Medicine Jar"
Kenneth "Afro" Williams – congas on "Rock Show"
Allen Toussaint – piano on "Rock Show"
Dave Mason – guitar on "Listen to What the Man Said"
Tom Scott – saxophone on "Listen to What the Man Said"

Producer Paul McCartney

1975年5月27日発売4(6)作目。

ノリにノッてるポールちゃん、ついにマスヴィー・アルバム登場。
待望のバンド仕様で
こんなにエゴが立ってる人が何でこないにバンドにこだわるかいまだわからんが
こだわってる間は今思えば絶好調でした。やる気、気力、体力、創力満々の100点。
アタシが一番好きなのは、マグニートとチタン男、X-メン万歳。

米最高位1位。79週。

日本9位。

4(6)回目のヒットで、
1975年6月21日3位初登場、最高位1位2週、1976年8月28日58位まで通算29週。


2-59
☆☆☆☆☆19.☆ - Metamorphosis - Rolling Stones
メタモーフォシス ローリング・ストーンズ



All songs by Mick Jagger and Keith Richards, except where noted.

Side A
1. "Out of Time" – 3:22
https://youtu.be/yFe78Cm0YCE
2. "Don't Lie to Me" (Hudson Whittaker) – 2:00
3. "Some Things Just Stick in Your Mind" – 2:25
4. "Each and Everyday of the Year" – 2:48
5. "Heart of Stone" – 3:47
6. "I'd Much Rather Be with the Boys" (Andrew Loog Oldham, Keith Richards) – 2:11
7. "(Walkin' Thru The) Sleepy City" – 2:51
8. "We're Wastin' Time" – 2:42
9. "Try a Little Harder" – 2:17

Side B
1. "I Don't Know Why" (Stevie Wonder, Paul Riser, Don Hunter, Lula Hardaway) – 3:01
2. "If You Let Me" – 3:17
3. "Jiving Sister Fanny" – 2:45
4. "Downtown Suzie" (Bill Wyman) – 3:52
5. "Family" – 4:05
6. "Memo from Turner" – 2:45
7. "I'm Going Down" – 2:52

Personnel
Producer Andrew Loog Oldham, Jimmy Miller

1975年6月6日発売ABKCO3作目コンピ。

ABKCO出します「ホット・ロックス」をうけてのデッカ/ロンドン時代の蔵出し音源。
儲け主義や〜とか色々ございますが音は悪いわきゃねえだろたまらんの95点。

米最高位8位。13週。

21回目のヒットで、
1975年6月21日45位初登場。通算1週。


TOP3は

1.☆←1 CAPTAIN FANTASTIC & BROWN DIRT COWBOY - ELTON JOHN (3 weeks at #1)
2.☆←25 Venus & Mars - Paul McCartney & Wings
3.←2 That's The Way Of The World - Earth,Wind & Fire (3 weeks at #1)

−−−−−−

1975年6月21日付TOP50英国アルバム・チャートより

1-83
☆☆☆☆☆3. VENUS AND MARS - WINGS
ヴィーナス・アンド・マース ポール・マッカートニー&ウイングス



英米同時週エントリー達成。↑を参照ください。


2-84
?18. STAND BY YOUR MAN - TAMMY WYNETTE
スタンド・バイ・ユア・マン タミー・ワイネット



Side A
1. Stand By Your Man 2:38
2. It's My Way 2:18
https://youtu.be/nViQC0JWpok
3. Forever Yours 2:21
4. I Stayed Long Enough 1:58
5. It Keeps On Slipping My Mind 2:39

Side B
1. My Arms Stay Open Late 2:08
2. I've Learned 2:46
3. Cry, Cry Again 2:45
4. Joey 2:26
5. If I Were A Little Girl 2:42
6. Don't Make Me Go To School 3:04

Personnel
Producer – Billy Sherrill

1969年発売5作目。

当地で謎の突然表題曲タイムワープ大ブレークをうけて冠アルバムも大ヒットです。
どぼじて?の中、持ってません?点。

米43位。

2回目のヒットで、
1975年6月21日18位初登場、最高位13位、8月16日59位まで通算7週。


3-85
☆☆☆☆31. H.Q. - ROY HARPER
HQ ロイ・ハーパー



All tracks credited to Roy Harper

Side A
1. "The Game (Parts 1–5)" – 13:42
https://youtu.be/JaaIKf1YSLA
2. "The Spirit Lives" – 4:14
3. "Grown Ups Are Just Silly Children" – 2:55

Side B
1. "Referendum (Legend)" – 3:49
2. "Forget Me Not" – 2:24
3. "Hallucinating Light" – 6:24
4. "When an Old Cricketer Leaves the Crease" – 7:13

Personnel
Roy Harper – vocals, guitar
David Gilmour – guitar on "The Game"
John Paul Jones – bass on "The Game"
Steve Broughton – drums on "The Game"
Chris Spedding – guitar
Bill Bruford – drums
Dave Cochran – bass
The Grimethorpe Colliery Band – brass on "When an Old Cricketer Leaves the Crease"

Producer Peter Jenner

1975年6月発売8作目。

孤高の裸男ロイ・ハーパー師走る最新作、
すんごいメンツで見たらロック人なら思わず食指が動くで
買って聞いたらすごいんだけどとけど付きで感ずる人が8割はおるだろうなあとか想像する
アタシも実は。90点。

3回目のヒットで、
1975年6月21日31位初登場、最高位31位、7月5日54位まで通算2週。

******

TOP3は

1.←1 THE BEST OF THE STYLISTICS - THE STYLISTICS -12 (7 weeks at #1)
2.←2 CAPTAIN FANTASTIC AND THE BROWN DIRT COWBOY - ELTON JOHN -3
3.☆ New VENUS AND MARS - WINGS -2

ウイングス必殺登場でもスタイリスティックスを崩せん。

−−−−−−

1975年6月21日付TOP50英国シングル・チャートより

1-136
☆☆☆☆22. DOING ALRIGHT WITH THE BOYS - GARY GLITTER
ドゥーイング・オールライト・ウイズ・ザ・ボーイズ ゲイリー・グリッター



https://youtu.be/Ei-kWaW7UM0

おいちゃんやたら元気。前曲から1月と2週間隔でもう新曲だぜ。
作はもちGary Glitter, Mike Leanderコンビ、
プロデュースはもちMike Leander師、
トライバル・ヘイ・サウンド堅持でやたらいい曲ですからまだまだ無敵だ!95点。
まだまだだと思ってると天下はここまでだったってそう思うと
グラム最後の光、有終の美だったんだなあ
とかはあとから思うもの。

11回目のヒットで、
1975年6月21日22位初登場、最高位6位2週、8月2日39位まで通算7週。

♪Alright with the boys, alright with the boys


2-137
☆☆☆☆26. MOONSHINE SALLY - MUD
ムーンシャイン・サリー マッド



https://youtu.be/MOWSczUCN_Y

こちらも2ヶ月間隔でガンガン行くで。
作・プロデュースはもちマイク・チャップマン&ニッキー・チン師匠連。
師コンビの作風変化に合わせてスモーキーぽいことになってしまいましたが
曲はいいので大ヒットさ。ただバンドは偽プレスリー出来なくなってはどないするかの分岐点93点。

10回目のヒットで、
1975年6月21日26位初登場、最高位10位、8月2日36位まで通算7週。

♪Sweet little Moonshine Sally I got your picture on my wall


3-138
☆☆☆☆☆35. MISTY - RAY STEVENS
ミスティ レイ・スティーブンス



https://youtu.be/ko56rc30qdk

米登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/449315096.html



「みんなビューティフル」「ザ・ストリーク」でお馴染みの愉快な裸の王様、
1975年4月発売12作目アルバム「Misty」よりタイトルカット4月発売、
カバーでオリジナルは作:Johnny Burke, Erroll Garner両師、
ジョニー・マティスおじちゃんの1959年米12位
https://youtu.be/9JwhJMFDybQ
のそりゃもうコロンボの歌声の消えた海で船の上でロザンナが唄ってたようなムーディーでベタで俗なジャズ・ソングで
それをあッと驚くカントリー、ケイジャンに変えちまったは
プロデュース・アレンジのご本人レイさん。ナイス・ピッチング95点。




1975年4月261日81位初登場、最高位14位。16週。


5回目のヒットで、
1975年6月21日35位初登場、最高位2位、8月23日37位まで通算10週。

♪Look at me. I'm as helpless as a kitten up a tree


4-139
☆☆☆39. MAKE THE WORLD GO AWAY - DONNY & MARIE OSMOND
想い出のバラード ダニー&マリー



https://youtu.be/LqclgCIeC1A

米登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/450602133.html



オズモンド兄弟とこのダニマリさん、二人で単騎ならぬ二頭出しでブレーク、
1975年2作目アルバム「Make the World Go Away」よりタイトルカット、
作はHank Cochran師、1963年Timi Yuro嬢により米24位ヒット
https://youtu.be/u40r9dBEQtE
のジャズ歌謡を、
プロデュースはMike Curb社長、
アレンジはTommy Oliver師で
"I'm Leavin' It (All) Up to You"以来のダニマリ歌謡で見事にオリジナル化する81点。




1975年6月7日86位初登場、最高位44位。6週。


3回目のヒットで、
1975年6月21日39位初登場、最高位18位2週、7月26日40位まで通算6週。

♪Make the world go away And get it off my shoulders


5-140
☆☆☆☆41. MAMA NEVER TOLD ME - SISTER SLEDGE
ママ・ネバー・トールド・ミー シスター・スレッジ



https://youtu.be/b0LkENNxHYs

"We Are Family"
フィラデルフィアかしまし姉妹の初登場はなんと英国から。
19才のDebbie Sledge、
18才のJoni Sledge、
17才のKim Sledge、
15才のKathy Sledge、
作はPhil Hurtt, トム・ベル師じゃないよTony Bell師、
アレンジと指揮はトニー師、
プロデュースはフィル師、トニー師、LeBaron Taylor師
とフィリー本流とは別路線でまるでジャクソン・ファイヴ少女隊な佳曲でポツンと先にヒット90点。
本国ではノンヒット。

1回目のヒットで、
1975年6月21日41位初登場、最高位20位、7月26日36位まで通算6週。

♪♪


7-142
☆☆☆☆42. SWEARIN' TO GOD - FRANKIE VALLI
神に誓って フランキー・ヴァリ



https://youtu.be/19MlUu0R4iQ

米登場時のレビューでどうぞ。
http://rocksblog.seesaa.net/article/449927584.html



「瞳の面影 (My Eyes Adored You)」で復活のヴァリさん、次なる攻めは
先の曲収録の1975年アルバム「Closeup」よりカット、
作はBob Crewe, Denny Randell組、
プロデュースはBob Crewe師。
復活ベテラン物に必須となった途中中継ぎ助っ人女性ヴォーカルはパティ・オースティン嬢。
目の前のザ・ハッスルを呼ぶディスコ・サウンドで時代読みは間違い無しの93点。




1975年5月10日82位初登場、最高位6位。14週。


4回目のヒットで、
1975年6月21日42位初登場、最高位31位、7月19日34位まで通算5週。

♪Swearin' to god. There's no one else on earth I'd rather be


8-143
☆☆☆☆43. BLACK PUDDING BERTHA - GOODIES
ブラック・プディング・バーサ グッディーズ



https://youtu.be/LtOrd4XbzfE

人気沸騰英コメディアン三人組、
Tim Brooke-Taylor, Graeme Garden, Bill Oddieさんら
バンドとして第3弾ヒット。
作はビルさん、プロデュースはMiki Antony師、
アレンジは大佐じゃないよアポロ100のTom Parker師、
前作の「ザ・ファンキー・ギボン」
http://rocksblog.seesaa.net/article/447896337.html
がディスコ・ブームに乗ってあらぬ米ヒットになっちまったにもそれが一体何だとばかりの
ジャイヴな楽しいの。
副題はThe Queen Of Northern Soul。
ノーザン・ダンス・シーン流行をおちょくってる模様です90点。

3回目のヒットで、
1975年6月21日43位初登場、最高位19位、8月2日34位まで通算7週。

♪(Eee by gum) We like to rock, believe it or no


9-144
☆☆☆☆45. FOE-DEE-O-DEE - RUBETTES
恋のロンドン・ブギ ルベッツ



https://youtu.be/woErOIuXCoE

こちらは3ヶ月と2週間ぶり突進ルベッツ、
作・プロデュースはもちろんTony Waddington, Wayne Bickerton両師匠。
何の迷いもなくルベッツ・ロックン・ロール一直線わうー行けるうちは行っとけー
はだいたいこのあたりだった90点。

5回目のヒットで、
1975年6月21日45位初登場、最高位15位、7月26日19位まで通算6週。

♪Foe-dee-oh-dee dum dum Come on babe we're gonna have some fun

******

TOP3は

1.☆←1 WHISPERING GRASS - WINDSOR DAVIES AND DON ESTELLE -6wks /3wks No.1
2.☆←3 I'M NOT IN LOVE - 10CC -2wks
3.←2 THREE STEPS TO HEAVEN - SHOWADDYWADDY -6wks

さあ2位王10cc、ここからどうなるか。

************

以上

今週も半端ないで米チャート。息をもつけぬ大攻勢。
イギリスは最後のグラムの花火大会〜〜〜!!

(山)2017.6.20
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

100 Hits: Rock

100 Hits: Soul

100 Hits: 70's

00000-2.jpg

ろっくす特製でかいジャケットのページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくす洋楽70’s全曲探検 のページ

資料

英語資料

.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.muzie.ne.jp/artist/a001909/

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−



.続きを読む(チャート全貌資料)
posted by 山 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽70's全曲探検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

新日本昭和歌謡トップ20+/昭和50年 1975/6/23号 内気なあいつ&はだしの冒険登場 New Japan Pops Top20+



新日本昭和歌謡トップ20+
昭和50年
1975/6/23号
内気なあいつ&はだしの冒険登場


新日本歌謡トップ20+にようこそ。
司会は、
こないだスーパーマーケットで
日刊ろっくす、ヤマです。

ライフでセルフ支払機に遭遇。
商品バーコード読み取りだけはおばちゃんが担当してて各レジに2台づつ支払い機を配置しとるから
何割かは人員削減成功しとるのだろう。
というてもこれは手始めで客に慣れさして客の教育化が成功したらバーコード読み取りもセルフになるは
ガソリンスタンドの例を鑑みても確実であります。
監視カメラで監視してるを前提に、読み取らずズルをしたらおそらくICチップで警告音と
何より後ろに並んでる人たちがそれを見過ごさない。互いに監視が必須条件。

スタンドと並んでバイト&パートのエース級のレジ係り仕事も無くなる。

どないするんや?

技術の進歩、出来ることをやらないってことは出来ないぞ

スマホが有れば筒抜けの21世紀たけなわにむけて
個人情報容易にゲットのサマリタン・プログラムは既に否応なく稼働して
凶暴罪成立を何故あんなに史上最大強行採血までして急いだかてば
簡単に見れちゃうものを違法とされては捜査機関の存続に関わる一大事、
そして当然、膨大な情報となりいちいち摘発は不可能ですから
見ているのだぞを前提とさせての
一般市民が互いに監視が必須条件です。
それに慣れさせてセルフさせねばならん。

Oh what a shame!

どないしたらいいんや?


anyway、
カレカレ気取りは迷惑よ

今を去ること42年前の今週の
ジャパン・チャート!

−−−−−

今週の新日本トップ20+一挙放送
http://www.youtube.com/playlist?list=PLD1AD541A767C543B


今週の新日本トップ40一挙放送 in Dailymotion

−−−−−

※圏外注目曲※

6月21日発売分
#75-74
昭和おぼろ月 - さくらと一郎
Clouded moon of the Showa era - Sakura & Ichiro



https://youtu.be/kUB7wi0BUj0


・・・・
作詞:山田孝雄さん、作曲:むつひろしさん、編曲:秋葉洋さん

昭和シリーズ第2弾。もっと悲惨で来るのか、はたまた意表を突くアップテンポハード・ロックで来るのか
おおぅと何とフォルクローレで来ました。何故フォルクローレ!?
歌詞は月&

外は星あかり 月あかり お茶をさす手を 照らしだす
新茶だよね おいしいと言った

新茶ネタです。時節柄。ほんのりです95点。
見事なコケ方です。


最高位49位。3.2万枚。

♪外は星あかり月あかり


6月25日発売分
#75-75
石狩挽歌 - 北原ミレイ
Ishikari funeral march - Mirei Kitahara



https://youtu.be/bZa2n4GlXDU


・・・・・
作詞:なかにし礼さん、作曲:浜圭さん、編曲:馬飼野俊一さん

「ざんげの値打ちもない」からもう5年、北京原人の略ではありません北原さん第8弾シングル。
エロの絶壁なかにしさんの幼少期を激白した歌詞と
ニール・ヤング兄貴とキング・クリムゾンとエコーズがないまぜになったプログレ演歌たるや
思わずニシンが食べたくなる95点。


最高位70位。4.5万枚。

♪海猫が鳴くから ニシンが来る


#75-76
ウブウブ - 山本リンダ
Ubu Ubu - Linda Yamamoto



https://youtu.be/LFPRMqiqsFw


・・・・・
作詞:伊藤裕弘さん、作曲:加瀬邦彦さん、編曲 萩田光雄さん

最近めっきりヒットが出ないがなとリンダ困っちゃてるさなか夏だから盆踊り市場あてこんで出しちゃうわ音頭もの。
音頭で手もみビートと言えばモータウンで待望の合体。ノーザン・ソウル歌謡として真髄の域に達する95点です。
なのに英国ノーザン・ダンス・シーンで爆発することもなく
まるで売れず誰も踊ってくれないわ困っちゃう。


最高位-位。-万枚。

♪ソラソラあなたは それだけで カレカレ気取りは 迷惑よ

−−−−−

TOP20

順位/先週順位/曲名/歌手・バンド/通算登場週(top20内)

−−−−−

#75-61
20←9 白い風よ - 桜田淳子 4wks
White wind - Junko Sakurada



https://youtu.be/_iqJuD8XU40
・・
作詞:石森史郎さん、作曲:桑原研郎さん、編曲:竜崎孝路さん

♪わたしは今 みつめているの 流れゆく


#75-77
NEW
19☆ - 白いページ/風よ - 小野寺昭 1wk

White page/The wind - Akira Onodera



白いページ
https://youtu.be/Wm3O8tmgrtM


風よ
https://youtu.be/mPDSgtLcbVE


・・・
作詞:山川啓介さん、作曲:大野克夫さん、編曲:青木望さん

1943年9月19日北海道帯広市生まれ、徹底した正々堂々、節度と品格の乙女座天秤座寄り、
身長173 cm、血液型O型、北海道帯広三条高等学校卒業、
殿下登場、

高校卒業後に上京、俳優座養成所入所を目指すも2年連続で受験に失敗
合格していれば「華の15期生」の一員であった)
受験後、劇団やまいもに参加、「チロリン村とくるみの木」の人形操作を最終回まで担当、
「太陽にほえろ!」で島公之刑事(愛称「殿下」)役に抜擢、
その人気にこのたびここにきて歌手デビューだ6月1日発売。
作曲はそりゃ井上堯之バンドの大野さん。
「白いページ」はチェリッシュ風?フォーク歌謡でし
「風よ」は一転ムード歌謡、むぜびなくサックスぼえ。始まると大野メロ。
両者とも男風吹ジュンなWでごまかしても如何ともし難いかったアナーキーな歌唱力です81点。
81点の根拠を問うなかれ。

最高位18位。売上10.0万枚。

♪色あせた四つ葉のクローバー


#75-78
NEW
18☆ - 内気なあいつ - キャンディーズ 1wk

Shy that fellow - Candies



https://youtu.be/sIJ4NsZWPLg

http://dai.ly/xzs4xe

・・・・
作詞:千家和也さん、作曲・編曲:穂口雄右さん

「年下の男の子」でついに大ブレークつか意外とチャート順位は上がらなかったんだなあ後の第6弾6月1日発売。
トライバルダブルドラムで田中清司さん、村上秀一さん参加。
ランさんの歌唱の風吹ジュン化が強烈でそれが押しとなってる「年下〜」継承のボードビル歌謡でございます。
聞けば思い出したんだからつなぎとしては成功な佳曲なり90点。

最高位18位。売上9.8万枚。

♪私の彼について 話をさせて下さい名前を言えば誰か あなたも分ります


#75-57
17←16 恋のリクエスト - あいざき進也 7wks
Request of the love - Shinya Aizaki



https://youtu.be/y7hgN_vNkYY
・・・
作詞:藤公之介さん、作曲:井上忠夫さん、編曲:萩田光雄さん

♪ミスターDJ. ミスターDJ. 伝えてよ


#75-68
16←17 ひと雨くれば - 小柳ルミ子 3wks
If a shower comes - Rumiko Koyanagi



https://youtu.be/HspG82J7Z3I
http://dai.ly/x2itvgv

・・・・
作詞:麻生香太郎さん、作曲:井上忠夫さん、編曲:森岡賢一郎さん

♪人知れず 咲いた紅い 朝顔ひとつ


#75-71
15←15 面影の君 - 森昌子 2wks
You of the feature - Masako Kori



https://youtu.be/lcSdKW2n0pA
・・
作詞:阿久悠さん、作曲:平尾昌晃さん、編曲:馬飼野俊一さん

♪白くこぼれる 花を見て 恋の終りを 知りました


#75-79
NEW
14☆ - はだしの冒険 - アグネス・チャン 1wk

Adventure of the bare foot - Agnes Meiling Kaneko Chan



https://youtu.be/kNkgySlvFaY


・・・・
作詞:松本隆さん、作曲:平尾昌晃さん、編曲:馬飼野俊一さん

前作が印象薄くてちょいと危機なアグネスでーす。特に気にしていませーんな風情が立派な第10弾6月10日発売。
ならばと「ポケットいっぱいの秘密」路線、カーペンターズのトップ・オブ・ザ・ワールドまんまな
平尾メロディのかけらも出さぬ超プロの仕事でアグネス地位堅持のいい曲です92点。

最高位12位。売上14.7万枚。

♪水しぶきをあげて ほほえむあなたに波に沈むふりをして


#75-69
13←12 ともしび - 八代亜紀 3wks
Light - Aki Yashiro



https://youtu.be/x-sWK3Q0osk
https://youtu.be/c3rzYzaKxfo
http://dai.ly/x4o0k54

・・・
作詞:悠木圭子さん、作曲:鈴木淳さん、編曲:竜崎孝路さん

♪あなたの命の ともしびがもうすぐ消えると 聞かされた


#75-66
12←7 巴里にひとり - 沢田研二 4wks
MON AMOUR JE VIENS DU BOUT DU MONDE - Kenji Sawada



https://youtu.be/kRdM_bg0oNk
http://dai.ly/xaquhx
・・・
作詞:G.Sinoueさん、訳詞:山上路夫さん、作曲:G.Costaさん、編曲:R.Gimenes、A.Greensladeさん

♪あなたをなぜ残し ここへ来たのだろう


#75-59
11←11 僕にまかせてください - クラフト 5wks
Leave it to me - Craft



https://youtu.be/GzuaCsGiITo
http://dai.ly/xokpgu
・・
作詞・作曲:さだまさしさん、編曲:クラフト、中村弘明さん

♪きみはその手に花をかかえて

−−−−
☆ベスト10
#75-50
10←8 哀しみの終るとき - 野口五郎 9wks
When the sorrow is over - Goro Nocuchi



http://dai.ly/x5cavzm
http://recochoku.jp/song/S21571939/?affiliate=6500010002
・・・・
作詞:山上路夫さん、作曲・編曲:筒美京平さん

♪誰があなたを そんなにしたのか ほんとは明るい人だったはずだ


#75-60
9☆←10 心のこり - 細川たかし 5wks
Regret - Takashi Hoshokawa



https://youtu.be/g8ylterNZdc
http://dai.ly/x2v2exx
・・・・・
作詞:なかにし礼さん、作曲:中村泰士さん、編曲:あかのたちおさん

♪私バカよね おバカさんよね うしろ指 うしろ指 さされても


#75-70
8←9 千曲川 - 五木ひろし 3wks
The Chikuma River - Hiroshi Ituki



https://youtu.be/YNx0UezZOtU
http://dai.ly/x4y5khd

・・・
作詞:山口洋子さん、作曲:猪俣公章さん、編曲:森岡賢一郎さん

♪水の流れに 花びらを そっと浮かべて 泣いたひと


#75-20
7←5 昭和枯れすゝき - さくらと一郎 18wks /3wks No.1
Showa Withered pampas grass - Sakura and Ichiro



https://youtu.be/bRWqxv3iMaY
http://dai.ly/x9g6yk
・・・・・
作詞:山田孝雄さん、作曲:むつひろしさん、編曲:伊部晴美さん

♪貧しさに負けた いえ世間に負けた この街も追われた


#75-58
6←6 いつか街で会ったなら - 中村雅俊 6wks
If Somewhere And Somehow - Msatoshi Nakamura



https://youtu.be/huuOHzPx-5o
・・・・
作詞:喜多条忠さん、作曲:吉田拓郎さん、編曲:大柿隆さん

♪何気ない毎日が 風のように過ぎてゆく


#75-72
5☆←14 夏ひらく青春 - 山口百恵 2wks
Youth to open up in the summer - Momoe Yamaguchi



https://youtu.be/6Tfyf9QX4t0
http://dai.ly/xvhvlc

・・・・・
作詞: 千家和也さん、作曲: 都倉俊一さん、編曲:穂口雄右さん

♪ひとつ結ぶ ひとつひらく 恋という名前の 夏の花


#75-65
4←3 恋の暴走 - 西城秀樹 4wks
Reckless driving of the love - Hideki Saijoe



https://youtu.be/B-TEJbGGiFI
・・・・
作詞:安井かずみさん、作曲・編曲:馬飼野康二さん

♪嫌いになれるなら 教えて欲しいのさ 恋に恋にひきずられ


#75-73
3☆←4 十七の夏 - 桜田淳子 2wks
17 summer - Junko Sakurada



https://youtu.be/6Tfyf9QX4t0
http://dai.ly/x57v6v8

・・・・・
作詞:阿久悠さん、作曲:森田公一さん、編曲:竜崎孝路さん

♪特別に愛してよ 十七の夏だから 私を変えていいのよ


#75-46
2←1 シクラメンのかほり - 布施明 10wks /5wks No.1
Fragrance of the cyclamen - Akira Fuse



https://youtu.be/jvI45uP1yJA
http://dai.ly/x4awang

・・
作詞:小椋佳さん、作曲:小椋佳さん、編曲:萩田光雄さん

♪真綿色した シクラメンほど 清しいものはない


#75-55
1☆←2 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ - ダウン・タウン・ブギウギ・バンド 8wks /5wks No.1
Yoko Yokohama Yokosuka of the port - DOWN TOWN BOOGIE WOOGIE BAND



https://youtu.be/avC7-ljlWus
http://dai.ly/x7w5vj

・・・・・
作詞:阿木燿子さん、作曲:宇崎竜童さん、編曲:ダウン・タウン・ブギウギ・バンド

♪一寸前なら憶えちゃいるが一年前だとチト判らねェなあ


ついにシクラメン散ってヨーコさん首位に。
夏競馬の始まりだ。

それではまた来週!!

(山)2017.6.19
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg



00000-2.jpg

ろっくす特製でかい画像ページ也。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくす新日本歌謡トップ40のページ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

僭越ながら
ウチのバンド、Lovers Holidayの曲です。
お聞きくだされば幸いです。

http://www.muzie.ne.jp/artist/a001909/

http://www.youtube.com/playlist?list=PL3A8FE17D2271FEAA

−−−−−−−−−−−−−−−−−




.
☆今週のサヨナラサヨナラ♪

2017年06月18日

レシピ:ザーサイと牛肉と餅米入り中華炊き込みご飯です

170618001.jpg

こんばんは まほです

今夜はザーサイと牛肉と餅米入り中華炊き込みご飯です

米は洗って30分水に浸しザルに上げて30分置き餅米は洗ってザルに上げます

フライパンにゴマ油を中火で熱しショウガのみじん切りを炒めザーサイのみじん切りと食べやすい大きさに切って醤油少々で下味をつけた牛肉を加えて炒めます

更に米と餅米を入れて炒め水と調味料(酒・醤油・塩・ガラスープの素)を加えて混ぜ煮立ったら弱火にします

フタをして20分くらい炊いて出来上がりです

盛り付けて目玉焼きをそえて完成です

薄味の味付けで程よいモチモチ感がポイントです

簡単に出来てとても美味しかったです



posted by 山 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | まほのRock'nクッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ